『プラネタリウム』 人気イラストレーターとコラボ! WALNUT,石川三千花が描く ナタリー&リリー=ローズの”美しい姉妹”

ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした『プラネタリウム』が 9 月 23 日(土)より新宿バ ルト 9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開いたします。

この度、本作と人気イラストレーターWALNUTがコラボしたオリジナルイラストが到着いたしましたので、ご紹介いたします。

 

ハリウッドが誇るアカデミー®賞受賞女優ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持ち、シ ャネルのミューズとしても活躍するリリー=ローズ・デップが姉妹役で初共演を果たした本作は、ヴェネツィア国際映画祭 ワールドプレミアおよびトロント国際映画祭ガラ・コレクションで上映され大きな話題となりました。監督は、フランスのソフ ィア・コッポラとの呼び声も高く、初の長編監督作『美しき刺』がカンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映され、次世代の監督として称賛された美貌の天才レベッカ・ズロトヴスキが務めます。ナタリー・ポートマン演じる野心家の姉ローラと、リ リー=ローズ・デップ演じるピュアでイノセントな妹ローラ。パリを舞台にスピリチュアリストとして華々しく活躍する美しい姉 妹の、無垢で危うい少女性とその運命を描いた夢と狂気の物語です。

 

この度、本作と人気イラストレーターWALNUTと石川三千花が本作とコラボしたオリジナルイラストが到着です。

イラストは劇中にも登場する印象的なシーンを切り取ったもので、ナタリー・ポートマン&リリー=ローズ・デップの美しい姉妹が描かれています。イラストになっても美しい姉妹の魅力が炸裂!本作の美しくも儚い世界観を見事に表したイラストにご注目ください。

 

【STORY】

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

 

 

監督:レベッカ・ズロトヴスキ 脚本:レベッカ・ズロトヴスキ、ロバン・カンピヨ

出演:ナタリー・ポートマン、リリー=ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、

   ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル

提供:ファントム・フィルム/クロックワークス

配給・宣伝:ファントム・フィルム 

宣伝協力:ブリッジヘッド PG12

2016年/フランス・ベルギー映画/英語・フランス語/108分/シネマスコープ/カラー

字幕翻訳:松浦美奈 

原題:Planetarium 

© Les Films Velvet – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema – Kinology – Proximus – RTBF

 

★公式サイト:

http://planetarium-movie.com/

 

9 月23 日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開

劇場アニメ「この世界の片隅に」BD&DVDを9月15日に発売 監督・片渕須直、原作・こうの史代、主演・のん、音楽・コトリンゴ  Blu-ray特装限定版はメイキングや 各種イベント映像収録の特典ディスク等が付属

バンダイビジュアル株式会社では、2016年11月の公開から、現在もロングラン上映中の劇場アニメーション『この世界の片隅に』のBlu-ray特装限定版[9,800円/税抜]、Blu-ray(通常版)[4,800円/税抜]、DVD[3,800円/税抜]を9月15日に発売します。

※商品詳細ページ: http://konosekai.jp/disc/

 

■商品特長
Blu-ray特装限定版には、本編ディスクに加え、アニメーションの制作過程を追ったメイキング映像、主人公・すずを演じた“のん”の新規インタビュー映像、音楽を担当したコトリンゴによるスペシャルライブ映像等、243分に及ぶスペシャル映像を収録した特典ディスク、100Pの特製ブックレットが付属します。またBlu-ray(通常版)、DVDとの共通特典として、パイロットフィルム、クラウドファンディング支援者イベント版冒頭エピソード等の映像、解説編、キャスト編の2種類の本編オーディオコメンタリーが収録されています。

 

★「旅のはじまり」3分だけ!お試し映像
(YouTube: https://youtu.be/dPrtnkCD2aA )
★「のん、すずさんになる。」3分だけ!お試し映像
(YouTube: https://youtu.be/2XBbirPpR9M

 

■商品概要
・商品名 :この世界の片隅に Blu-ray 特装限定版
・価格  :9,800円(税抜)
・発売日 :2017年9月15日
・収録時間:【本編DISC】150分(本編129分+映像特典21分)
      【特典DISC】243分
・スペック:【本編DISC】ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)・
             ドルビーデジタル
       (ステレオ)/AVC/BD50G/16:9〈1080p High Def〉・
            一部16:9〈1080i High Def〉/
       聴覚障害者対応日本語字幕付(ON・OFF可能)
      【特典DISC】リニアPCM(ステレオ・一部モノラル)/AVC
            /BD50G/16:9〈1080i High Def〉
・特典  :(1)特製100Pブックレット
      (2)特典DISC
        ・旅のはじまり ~映画『この世界の片隅に』
         制作準備の日々~
         [ロケハン・脚本・絵コンテなど制作過程を追った
         新規メイキング映像]
        ・練馬アニメカーニバル2015 映画『この世界の片隅に』
         公開まであと1年! 記念トークイベント
        ・呉市立美術館 マンガとアニメで見る
         こうの史代 この世界の片隅に 展
        ・アニメーション映画『この世界の片隅に』制作風景
         背景篇
        ・アニメーション映画『この世界の片隅に』制作風景
         原画篇
        ・『この世界の片隅に』ライブ付プレミア試写会
        ・『この世界の片隅に』公開記念!
         ネタバレ爆発とことんトーク!
        ・劇場舞台挨拶集
        ・アニメーション映画『この世界の片隅に』
         オリジナルサウンドトラック発売記念 スペシャル
         ライブ[コトリンゴ・カタスミクインテットによる
         劇中音楽の貴重なスペシャルライブ映像]
        ・のん、すずさんになる。[のんによるアフレコ現場・
         広島キャンペーンなどの映像と共に振り返る
         新規インタビュー映像]
      (3)映像特典
        ・パイロットフィルム
        ・クラウドファンディング支援者イベント版冒頭エピソード
         「冬の記憶」(音声無し/字幕)
        ・特報
        ・劇場予告編
        ・TV SPOT集
        ・すずさんのありがとう
        ・ノンクレジットエンディング
      (4)音声特典
        ・本編オーディオコメンタリー
        【解説編】[出演:片渕須直(監督)・氷川竜介(アニメ・
         特撮研究家)・藤津亮太(アニメ評論家)]
        【キャスト編】[出演:片渕須直(監督)・
         尾身美詞(黒村径子役)・潘めぐみ(浦野すみ役)・
         新谷真弓(北條サン役)]
・仕様  :浦谷千恵(監督補・画面構成)描き下ろしイラスト仕様
      特製収納ケース
      特製インナージャケット

※Blu-ray(通常版)[4,800円/税抜]、DVD[3,800円/税抜]も同日より販売開始します。
※特典(3)、(4)は、3アイテム共通特典です。

 

(C)こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

 

■「この世界の片隅に」について
原作は第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、こうの史代の同名漫画(双葉社)。戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性・すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。片渕須直監督は6年の歳月をかけ、綿密なリサーチと時代考証を行い、原作漫画の世界を色鮮やかに描き出しました。また、映画化を望む3,000名を超えるファンが本作のクラウドファンディングに参加、映画公開を後押ししたことも話題となりました。
2016年11月12日より、全国63館で公開をスタートし、口コミで話題を広げ公開館数は累計360館以上、興行収入26億円、動員数200万人を突破し、現在も全国各地にてロングラン上映中です。また本作は、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・審査員賞をはじめ、国内外の映画賞を多数受賞しています。
主人公・すずを演じるのは、本作がアニメーション映画初主演となる、女優・のん。すずを囲むキャラクターには、すずの夫・周作役の細谷佳正をはじめ、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓ら実力派が集結。松竹新喜劇の座長・澁谷天外も特別出演しています。また、本作の音楽はコトリンゴが担当しています。

 

<ストーリー>
1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。夫・周作のほか、周作の両親と義姉・径子、姪・晴美も新しい家族となった。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。
1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

 

<主な受賞歴>
第40回日本アカデミー賞(最優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞)
第90回キネマ旬報ベスト・テン(日本映画ベスト・テン第1位、日本映画監督賞、
読者選出 日本映画ベスト・テン 第1位、読者選出 日本映画監督賞)
第71回毎日映画コンクール(日本映画優秀賞、アニメーション部門 大藤信郎賞、スタッフ部門 音楽賞)
第59回ブルーリボン賞(監督賞)
第67回芸術選奨 映画部門文部科学省大臣賞(片渕須直)
第11回声優アワード(特別賞:のん、助演女優賞:潘めぐみ)

 

【一般のお客様からのお問い合わせ先】
バンダイビジュアル株式会社 お客様センター
TEL:03-5828-7582

 

メアリと魔女の花 ジ・アート展inラグナシア 10月7日(土)スタート  この秋、出会う。驚きと歓び。過ちと運命。 そして、作品のすべてに。

株式会社ラグーナテンボス(所在地:愛知県蒲郡市、代表取締役社長:巽 泰弘)は、運営するテーマパークのラグナシアで、映画「メアリと魔女の花」の公開を記念した「メアリと魔女の花 ジ・アート展」を10月7日(土)より開催いたします。

詳細:

http://www.lagunatenbosch.co.jp/event/2017/mary/index.html

 

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)で同年邦画興収第1位に輝き、『思い出のマーニー』(2014年)で第88回米アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートを果たした米林 宏昌監督による、全世界待望の最新作『メアリと魔女の花』。スタジオジブリの志を受け継ぐ新生・スタジオポノック第一回長編作品として熱い注目を集める中、本作の感動のジ・アート展を開催いたします。本展覧会では、米林監督が得意とする圧倒的なアニメーション表現と、精緻で美しい背景美術を支える貴重な制作資料が一堂に集結。男鹿 和雄氏、武重 洋二氏らをアドバイザーに迎えた世界最高峰の背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」と、美術監督・久保 友孝氏による手描き美術背景を中心に、キャラクターや設定資料など、約3年間を要した映画制作の全貌を明らかにします。さらに、インタラクティブコーナーやフォトスポット、グッズコーナーも充実。大人も子供も楽しめる「メアリ」の世界を体験してください。

 

<展示物例>

・主人公メアリ設定資料

https://www.atpress.ne.jp/releases/137174/img_137174_3.jpg

・ストーリースケッチ

https://www.atpress.ne.jp/releases/137174/img_137174_2.jpg

 

【開催概要】

名称  :メアリと魔女の花 ジ・アート展 inラグナシア

期間  :2017年10月7日(土)~2017年12月3日(日)

時間  :10:00~19:00 ※曜日、時期により異なる

会場  :ラグーナテンボス ラグナシア

アクセス:JR東海道本線 蒲郡駅から無料シャトルバスで約15分

料金  :大人(中学生以上)400円、子供(小学生)200円、

     シニア(60歳以上)300円

     ※別途要ラグナシア入園券 大人(中学生以上)2,150円、

     小学生1,200円、幼児(3歳以上)700円

     ※ラグナシアパスポート(アトラクションフリー)利用可

主催  :「メアリと魔女の花」製作委員会

企画協力:スタジオポノック

製作  :ムービック・プロモートサービス

 

【イベントサイトURL】

http://www.lagunatenbosch.co.jp/event/2017/mary/index.html

 

【オフィシャルグッズ】

期間中、アニメ映画作品「メアリと魔女の花」をテーマにしたオリジナルの限定グッズが大集合。

 

【お客様問い合わせ先】

ラグーナテンボス インフォメーションセンター

TEL:0533-58-2700(受付時間 9:00~17:30)

 

ハリー・ポッター 新イラストのグッズが登場! 【商品情報】ハリー・ポッター 新オリジナルグッズ 情報

第1作目の映画が日本で初めて公開されてから15年以上経つ今も、人気の衰えを知らない「ハリー・ポッター」シリーズです。

ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツとのパートナーシップのもと、J.K.ローリングの『ウィザーディング・ワールド』に登場するアイコニックなキャラクターの新イラストを使用したグッズが新登場します。

新イラストは、ハリー・ポッター、ハーマイオニー・グレンジャー、ロン・ウィーズリー達の動きのあるイラストから、若かりし頃のセブルス・スネイプ、シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン、ジェームズ・ポッターが登場します。初登場キャラクターはミネルバ・マクゴナガルとトム・リドルです。

 今回発売される新グッズは「クリアファイル」「ブックマーカー」「ラバーストラップコレクション」「ミニクッション」「ICカードステッカー」「マグカップ」「ぷくぷくシール」「ぬいぐるみボールチェーン」の8種類です。同商品は全国各地にて開催される期間限定ショップ『ウィザーディング・ワールド ベストグッズコレクション』にて2017年9月に先行販売を皮切りに、全国劇場(一部劇場)、全国のアニメイトなどでの取り扱いになります。

 

■商品情報 

商品名:ハリー・ポッター クリアファイル(全13種)

価 格:各350円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター ブックマーカー(全13種)

価 格:各741円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター ラバーストラップコレクション(全13種)

価 格:500円+税

発売日:2017年10月頃

※ランダムに全13種のラバーストラップが当たります。

 

商品名:ハリー・ポッター ミニクッション(全3種)

価 格:各788円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター ICカードステッカー(全13種)

価 格:各278円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター マグカップ(全2種)

価 格:各1,112円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター ぷくぷくシール(全2種)

価 格:各500円+税

発売日:2017年10月頃

 

商品名:ハリー・ポッター ぬいぐるみボールチェーン(全2種)

価 格:各1,389円+税

発売日:2017年10月頃

※商品の仕様、価格、発売日などは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

 

■権利表記

HARRY POTTER characters, names and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. J.K. ROWLING`S WIZARDING WORLD™ J.K. Rowling and Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s17)

 

【ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツについて】

ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツは、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社(本社:東京都港区)に属し、ルーニー・テューンズをはじめ、トムとジェリー、バットマン、スーパーマン、ハリー・ポッター等の、多数のワーナー映画や人気アニメーションに関わる商品化、企業向けの宣伝ライセンス、テーマパーク、ステージショー等のライブエンターテイメントのライセンスビジネスを展開しています。

 

販売元:松竹株式会社事業部 製造元:株式会社ムービック

 

■関連商品ページ 

・アニメイトオンラインホームページ        :http://www.animate-onlineshop.jp/

・映画・アニメグッズショップFroovie/フルービー  :http://froovie.jp

 

 

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』MX4D(R)版 いよいよ9月1日公開! 入場者に特製ステッカーを限定プレゼント! 吉川惣司監督のメッセージも公開

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区中野 代表取締役社長:鈴木義治 以下 トムス)が配給する、1978年にアニメ「ルパン三世」の劇場用長編第1弾として公開した不朽の名作『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』(MX4D(R)版)がシリーズ初の4Kリマスター化+5.1chデジタルサウンド化&MX4D(R)版として、2017年9月1日(金)から全国のTOHOシネマズほかMX4D(R)スクリーンにていよいよ公開いたします。

MX4D(R)上映『ルパン三世 ルパンVS複製人間』公式サイト: http://lupin-3rd.net/mx4d/mamo/

 

■今回も特別料金2,200円均一を実施!入場者に、特製ステッカーをプレゼント
新作映画の枠を超えた不朽の名作のMX4D(R)化は国内初(※当社調べ)となった『ルパン三世 カリオストロの城』(MX4D(R)版)。2017年1月に公開された同映画と同じく今回も入場料金を従来のMX4D(R)版(一般3,000円)よりも安価な2,200円均一とし、MX4D(R)未体験のお客様のご来場を歓迎いたします。
また、ご入場いただいた方には枚数限定で特製オリジナルステッカーを配布。ルパンと今回の映画の宿敵マモーの2ショットが描かれた貴重なステッカーとなっております。
※ステッカーの配布は予定数に達し次第終了いたします。

[来場者プレゼントステッカー]
https://www.atpress.ne.jp/releases/136184/img_136184_3.jpg

 

■吉川惣司監督 メッセージ
『ルパン三世 ルパンVS複製人間 』(MX4D(R)版)公開によせて
1978年に公開されたアニメ『ルパン三世』は、私が31歳の時に初めて監督したのですが、製作当時、劇場長編アニメは『さらば宇宙戦艦ヤマト』だけでした。テレビもマンガも「血と汗と涙」のスポ根一色の時代です。アダルトっぽい「洋画風」アニメが当たるわけがないと思われていました。ただ監督をまかされる機会は二度とないと思い、シナリオ段階からSFや40年前の科学知識などを注ぎ込みました。『映画を盗め』という裏テーマのもと、いろいろな映画のパロディを指摘できないほど散りばめようとしました。ただスケジュール的に不満の残る仕上がり部分が多く、最新映画に比べられても困るなと、劇場公開は気が進みませんでした。
ところが今回、MX4D(R)版として、積極的にプログラム演出をしていただき、私の目にも別作品のようです。なにより、感傷と感動を切り捨てたスラップスティック・コメディであることが鮮明になったようです。半信半疑で監修に臨んだのですが、満足な仕上がりです。ぜひ劇場でMX4D(R)の迫力をお楽しみ下さい。

 

<略歴>
よしかわ そうじ 1947年2月22日東京都出身。虫プロダクションの「鉄腕アトム」「悟空の大冒険」でアニメーターとしてスタート後、独立。「巨人の星」「あしたのジョー」「ムーミン」「ルパン三世(Part1)」に参加。「天才バカボン」で監督、「ゼロテスター」「未来少年コナン」「装甲騎兵ボトムズ」などで脚本家、「星のカービィ」では総監督として活躍。その他、著書にノンフィクション「メアリー・アニングの冒険」などがある。
※MX4D(R)版は吉川惣司監督による監修のもと制作されています。

[吉川惣司監督]
https://www.atpress.ne.jp/releases/136184/img_136184_4.jpg

 

■4Kリマスタリングとは
公開当時のオリジナルネガフィルムを1コマ単位で4Kデジタルスキャニングをし、解像度の高い4Kマスターを作成します。デジタル補正作業に加えて、フィルムに付着した汚れ・キズをデジタル上で除去する作業を行い、35ミリオリジナルネガフィルムの潜在能力をフルに引き出した高鮮明・高精細な映像を実現するものです。

 

■MX4D(R)とは
“MediaMation MX4D(R)”とは、エンターテインメントの本場 米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーであるMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステムで、国内においては、ソニービジネスソリューション株式会社が販売代理店として、施工・保守・プログラム制作を展開しております。映画のシーンに合わせて客席のシートが、前後、左右、上下に動くとともに風、ミスト、ストロボ、煙や振動など、五感を刺激する特殊効果があり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。
“MediaMation MX4D(R)”の登場によって、映画は「観る」から「体感する」に変わります。

 

■『ルパン三世 ルパンVS複製人間』ストーリー
不二子からの依頼、いつもと変わらないやり取りのはずだった・・・。
永遠の命が与えられるという伝説の「賢者の石」をエジプトのピラミッドから盗み出したルパン三世。だが、不二子はルパンから賢者の石を騙し取り、ある依頼人のもとに去ってしまう。依頼人の名前は“マモー”。
マモーは1万年もの間、「神の実験」と称してクローン技術を駆使し自身のクローンを作り続けてきた複製人間だった。
自らを「神」と名乗るマモーは、ルパンに不老不死の話を持ちかけるがルパンは相手にしなかった。自分の崇高な理想を理解しないルパンに怒ったマモーは、再びルパンたちの前に現れ、人知を超えた能力で不二子を連れ去ってしまう。圧倒的な力の前に戦意を失くしてしまった次元の制止を振り切り、単身マモーの元へ向かうルパン。すべての謎の答え、そして「賢者の石」を使って行おうとするマモーの野望が明らかになったとき、ルパンとマモーの決戦の火ぶたは切られるのだった。ルパンVSマモー 世界史を塗り替えるのは、どっちだ!?

[場面写真]
https://www.atpress.ne.jp/releases/136184/img_136184_5.jpg

 

【STAFF】
原作       :モンキー・パンチ
監督・MX4D(R)監修:吉川惣司
脚本       :大和屋竺/吉川惣司
監修       :大塚康生
レイアウト    :芝山努
作画監督     :椛島義夫/青木悠三
美術       :阿部行夫
撮影       :黒木敬七
録音       :加藤敏
編集       :相原義彰
音楽       :大野雄二
製作・著作・配給 :トムス・エンタテインメント

 

【声の出演】
ルパン三世:山田康雄
峰不二子 :増山江威子
次元大介 :小林清志
石川五ェ門:井上真樹夫
銭形警部 :納谷悟朗
マモー  :西村晃 他

2017年9月1日(金)から全国のMX4D(R)スクリーンにて公開
上映館 :TOHOシネマズ・ムービーオンやまがた・イオンシネマ徳島
     全18スクリーン
入場料金:2,200円均一

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

MX4D(R) is a trademark of MediaMation, Inc

 

映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」公開記念 東京キャラクターストリート 期間限定ショップがOPEN!!

8月25日(金)に全国ロードショーとなる映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」公開を記念して、東京キャラクターストリートにて期間限定ショップ「ショップ・くまいぬ」がオープンする事になりました。
「ショップ・くまいぬ」は映画公開日となる8月25日~10月3日まで、東京駅一番街にある東京キャラクターストリート「N-SPOT」にて開催されます。「ショップ・くまいぬ」では、映画公開記念グッズや新商品の先行発売はもちろん、当ショップ限定となる“コラボアートグッズ”も発売されます。

 

【ショップ・くまいぬ開催概要】
期間    :2017年8月25日(金)~10月3日(火)
場所    :東京駅一番街 東京キャラクターストリート N-SPOT
営業時間  :10:00~20:30
お問い合わせ:運営会社 株式会社HNA 03-3549-1510

 

【「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」 作品概要】
■映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ
原作  :絵本シリーズ「くまのがっこう」
     (文:あいはらひろゆき 絵:あだちなみ 出版:ブロンズ新社)
監督  :児玉徹郎
脚本  :あいはらひろゆき
美術監督:日野香諸里
音楽  :浜渦正志
アニメーション制作:BN Pictures
製作  :映画くまのがっこう製作委員会

 

<ストーリー>
みんなのスイーツをひとりで食べてしまったジャッキー。
おにいちゃんたちに怒られて、とびだした先で出会ったのは見習いパティシエの女の子、ミンディでした。
スイーツが大好きなジャッキーは、ミンディのおばあちゃんがパティシエをやっているスイーツ屋さん、「スイーツランド」でミンディといっしょにパティシエの修行をすることに。

しかし、この「スイーツランド」を村の村長が乗っ取ろうと企んでいて…

原作に登場するキャラクターはもちろん、個性ゆたかな映画オリジナルキャラクターたちがくりひろげる、あったかで、ちょっぴりせつない物語です。

 

■映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!
原作   :川村元気 佐野研二郎
監督   :稲葉大樹
脚本   :うえのきみこ
演出   :酒井浩史、大桃洋祐、松村麻郁、徳永真利子
音楽・効果:中岡将二郎
アニメーション制作:クラフター
製作   :映画ふうせんいぬティニー製作委員会

 

<ストーリー>
ある日、ティニーとニティがお庭で遊んでいると、突然空からふうせん卵が落ちてきた。
割れた卵から出てきたのは、なんと、ふうせん恐竜の赤ちゃんトリィ!「パパ!ママ!」生まれて初めて目にした、ティニーとニティのことを「パパ」「ママ」と勘違いしてしまった!
ティニーたちは、トリィの本当のパパとママを探すために、再び雲の上の、ふうせんどうぶつの世界へ向かい、忘れん坊のラビィや仲間たちと再会する。

金色の入道雲を抜けると…そこはふうせん恐竜の世界!ふうせん恐竜の新しい仲間たちに助けられながら、ティニーたちはトリィの故郷・トリケラトプスの国に辿り着く。ところが、そこにはパパとママはおらず、たくさんのふうせん恐竜の卵が盗まれる、謎の事件が起こっていた─。
トリィは、パパとママに会えるのか?
ふうせんいぬティニーの大冒険、はじまりはじまり。
子どもは笑って、おとなは泣ける。「なんだか、ふしぎ」な物語。

 

公式サイト: http://jackie-tinny-movie.com
配給   : 東宝映像事業部
       8月25日(金)全国ロードショー

 

(C)2017 BANDAI/The Bears’ School Movie Project
(C)2017 Genki Kawamura & Kenjiro Sano /Tinny Movie Project

全国に先駆けて、小田急新宿店で話題作の展覧会を開催! 「メアリと魔女の花 ジ・アート展」 ~原画展示のほか、フォトコーナー、米林監督によるサイン会も~

株式会社小田急百貨店では、7月26日(水)~31日(月)の期間、新宿店本館11階催物場において、大ヒット公開中のアニメーション映画『メアリと魔女の花』の展覧会「メアリと魔女の花 ジ・アート展」を全国に先駆けて開催します。

 絵コンテや背景画などの展示のほか、作中のメアリのように魔力が試せるインタラクティブコーナーや、空を飛んでいるような雰囲気が味わえるフォトロケーションコーナーの開設など、大人から子どもまで楽しめる内容です。また、7月26日(水)には、米林宏昌監督によるサイン会を実施します。

 

<会場には、原画など約200点を展示。美しい背景美術の数々に出会えます!>

 「メアリと魔女の花」は、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」を手掛けた米林宏昌監督の最新作で、西村義明プロデューサーと設立したスタジオポノックの第一回長編作品です。主人公のメアリが、禁断の魔女の花との出会いをきっかけに大冒険へと巻き込まれていくという物語で、米林監督が得意とする精緻で美しい背景美術と圧倒的なアニメーションを用いたエンターテイメント作品として、公開直後から早くも話題を集めています。

 

 今般開催する「メアリと魔女の花 ジ・アート展」では、作品選定までの工程や企画段階で作ったジオラマなどメイキングに関する展示のほか、各キャラクターの設定画や、スタジオジブリ作品を多数手掛けたスタッフが所属し、また、数々の作品で美術監督を務めた男鹿和雄氏をアドバイザーに迎えた背景美術スタジオ『でほぎゃらりー』による森、空、魔法の世界など美しい背景画、あわせて約200点の原画や複製原画を展示します。また、ストーリースケッチやキャラクターを動かすための原画など、なかなか世の中に出ることのない貴重な資料も多数展開します。

 

<お子さまも大満足の体験コーナーや、充実のグッズコーナーも!>

 会場内には、顔認識カメラによる写真が撮れるインタラクティブコーナー「メアリの魔力テスト」のほか、トリックアートを駆使して、自分がほうきに乗って空飛ぶ写真が撮れるフォトロケーションコーナーを開設。お子さまはもちろん、SNSでのシェアなど、大人にも楽しんでいただけること請け合いです。

 また、グッズコーナーも充実。関連書籍やCD、DVD、パズル、ぬいぐるみ、文具、雑貨などを販売します。   

  【グッズの一例】   

・ほうきボールペン 1,296円     

・指人形セット        1,944円     

・ペンポーチ              1,404円        

・スマートフォンカバー 2,484円     ほか

 

<ファン必見!米林監督によるサイン会やメアリに会えるイベントを開催!>

○米林監督サイン会

 日時:7月26日(水)11時~ 

 「メアリと魔女の花」を手掛けた米林宏昌監督が来場し、サイン会を行います。当日、グッズコーナーにて対象書籍をお買い上げの先着50名様に整理券を配布します。(整理券は10時から配布)

 

○メアリがやってくる!  

日時:7月29日(土)、30日(日) 各日11時~、13時~、15時~ ※各回30分

映画でも大活躍の「メアリ」に会える、グリーティングイベントを行います。

 

<開催概要> 

名称:メアリと魔女の花・ジ・アート展 

期間:2017年7月26日(水)~31日(月)  

時間:10時~20時30分(入場は閉場の30分前まで)

      30日(日)は20時、最終日は17時閉場  

場所:小田急百貨店新宿店本館11階催物場

所在地:東京都新宿区西新宿1ー1ー3

アクセス:JR、小田急線ほか私鉄各線 新宿駅西口すぐ

入場料: 一般 700円、大高校生 500円、中学生以下無料

   

■主   催    :「メアリと魔女の花」製作委員会

■企画協力:スタジオポノック 

■制 作   :ムービック・プロモートサービス

 

クレジット表記

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

映画『きみの声をとどけたい』 みんなの声の力で実現した鎌倉花火大会で 連動企画 実施決定!

株式会社東北新社(東京都港区・植村 徹社長)が共同製作・配給する劇場長編アニメーション映画『きみの声をとどけたい』と、7月19日に開催される「第69回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~」は、以下の通り連動企画を実施いたします。

 

 映画『きみの声をとどけたい』は、湘南・鎌倉を舞台にした、高校生たちが声の力で起こす“小さなキセキ”の物語です。開催が危ぶまれていた今年の「鎌倉花火大会」が市民の方々の“声の力”で実現したことと、この映画の「“声の力”が起こすキセキ」というストーリーが合致したことから、今回の連動企画が実現しました。

 連動企画ではまず「きみの声をとどけたい~サポーターズ花火~」を実施、花火玉を購入してくださったサポーターの方たちのメッセージが打ち上げと同時に読み上げられます。まさに花火とともに“きみの声をとどける”という企画です。

そして、花火大会当日のラジオ中継として、鎌倉FMの特別番組「きみの声をとどけたい~みんなでつくる花火大会~」を放送、映画のキャストであるNOW ON AIRが出演します。

 

 映画『きみの声をとどけたい』は、8月25日(金)よりTOHOシネマズ  新宿をはじめとする全国の劇場にて公開されます。物語の舞台・鎌倉とのさまざまな取り組みも予定していますので、ぜひご注目ください。

 

■第69回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~

開催日時:7月19日(水)19時20分~20時10分  主催:鎌倉市

開催場所:由比ヶ浜海岸、材木座海岸  打上数:約2,500発(予定)

※雨天・荒天・高波の場合は中止 ※詳しくは公式ホームページをご確認ください。

http://hanabi.kamakura-info.jp/

 

■鎌倉FM 鎌倉花火大会特別番組「きみの声をとどけたい~みんなでつくる花火大会~」

放送日時:7月19日(水)17時00分~21時00分

出演:NOW ON AIR / TAMAYO 他

コーナー:「コトダマラジオ~花火大会スペシャル~」 17時30分~18時45分

花火実況中継 19時15分~20時10分

 

■『きみの声をとどけたい』

8月25日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

監督:伊藤尚往

脚本:石川 学

キャスト:片平美那/田中有紀/岩淵桃音/飯野美紗子/神戸光歩/鈴木陽斗実/三森すずこ/

                  梶  裕貴/鈴木達央/野沢雅子 ほか

キャラクターデザイン:青木俊直

アニメーションキャラクターデザイン:高野 綾

音楽:松田彬人

制作:東北新社、マッドハウス  

製作:「きみの声をとどけたい」製作委員会

イメージソング 「この声が届きますように」(NOW ON AIR)

http://kimikoe.com/nowonair/

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

 

【東北新社 会社概要】

代 表 者   :植村 徹

設  立 :1961 年4月1日

資 本 金  :24 億 8,700 万円

事業内容:総合映像プロダクション

http://www.tfc.co.jp/

妻夫木聡×水原希子×大根仁で9月に映画化! 『奥田民生になりたいボーイ  出会う男すべて狂わせるガール 完全版』発売 2015年に発売され話題を呼んだ本作に、 50P超大幅加筆された著者渾身の完全版

株式会社 扶桑社は、渋谷直角著『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版』を2017年6月30日に発売しました。

奥田民生のような力まないカッコいい大人を目指す雑誌編集者・コーロキは、ある日仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかりにひとめぼれ。しかし、それがコーロキにとって地獄の始まりとなる……。2015年に発売され、「狂わせガール」に翻弄されもがき苦しむ男の咆哮が大きな共感を呼んだ本作が、主演・妻夫木聡×ヒロイン・水原希子×監督・大根仁の最強タッグで映画化(2017年9月16日 全国東宝系にて公開)!映画化に合わせ、大幅加筆の完全版が発売です。

 

■旧作からの変更点と追加内容
・カバーデザインを一新!
・50ページ以上の著者渾身の大幅加筆!
・物語の舞台となったライフスタイル雑誌編集部「マレ」。創刊から休刊までのクロニクル。映画に登場する「マレ」の表紙デザインや記事ページも公開!
・渋谷直角による映画化までの道のり日記

 

■『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版』
著者: 渋谷直角
定価: 1,100円+税
発売: 株式会社 扶桑社
判型: A5判
URL : http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077457

 

■著者プロフィール 渋谷直角
75年生まれ、練馬区出身。漫画、コラムを執筆。代表作に『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』(小社刊)。「週刊SPA!」「CREA」「GINZA」「otonaMUSE」「LARME」など連載多数。
https://www.shibuyachokkaku.com/

 

■初版限定!特製ミニタオルをプレゼント!(添付画像あり)
主人公・コーロキが働くライフスタイル雑誌『マレ』が、ヒロイン・あかりの働くファッションブランド・ゴフィン&キングとコラボして制作した(という設定の)特製タオルを下記書店で購入の方にプレゼント!
※なくなり次第終了させていただきます。

 

◎配布書店は下記よりご確認ください。
http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077457

だいすけお兄さん 「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌で 初のソロCDデビューが8/23に決定!

『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん、横山だいすけさんの初のソロCDデビューが8月23日に決定致ました。

タイトルは「さよならだよ、ミスター」です。デビューにして、いきなり全国東宝系公開の「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌に決定しました。

作詞・作曲は、現在放牧中の国民的人気バンド“いきものがかり”のGuitar&リーダーの水野良樹さんが手がけ、コーラスには、フィギュアスケーターでありながら多彩な才能を持ち数々のメディアで活躍している本田紗来んさが参加です。更にサウンドプロデュースは蔦谷好位置さんが手がけるなど、まさにデビューにふさわしい意欲作です。

この楽曲は、8月25日全国ロードショーとなる「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」の主題歌として起用が決定しました。「親から子へ贈る“旅立ちのエール”」をテーマにした、壮大かつ感動的なメッセージソングに仕上がりました。

横山だいすけさんは、NHK Eテレの子ども向け番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさんを今年3月に卒業しました。歴代最長の9年もの間、うたのおにいさんとして子供たちに親しまれてきたおにいさんの卒業に「だいすけロス」という社会現象が巻き起こり、4月末に開設された公式ブログの読者が10万人を超えるなど、その後の活動も大いに話題となっています。
これまでのだいすけお兄さんと同じように優しいまなざしと、これまでにはなかった非常に大きな愛を歌った世界を是非お楽しみください。

 

◇楽曲概要
タイトル :さよならだよ、ミスター
発売日  :2017年8月23日
うた   :横山だいすけ
コーラス :本田紗来
作詞・作曲:水野良樹
サウンドプロデュース&編曲:蔦谷好位置(agehasprings)

 

◇「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」 作品概要

■映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ
原作  :絵本シリーズ「くまのがっこう」
     (文:あいはらひろゆき 絵:あだちなみ 出版:ブロンズ新社)
監督  :児玉徹郎
脚本  :あいはらひろゆき
美術監督:日野香諸里
音楽  :浜渦正志
アニメーション制作:BN Pictures
製作  :映画くまのがっこう製作委員会

<ストーリー>
みんなのスイーツをひとりで食べてしまったジャッキー。
おにいちゃんたちに怒られて、とびだした先で出会ったのは見習いパティシエの女の子、ミンディでした。
スイーツが大好きなジャッキーは、ミンディのおばあちゃんがパティシエをやっているスイーツ屋さん、「スイーツランド」でミンディといっしょにパティシエの修行をすることに。
しかし、この「スイーツランド」を村の村長が乗っ取ろうと企んでいて…

原作に登場するキャラクターはもちろん、個性ゆたかな映画オリジナルキャラクターたちがくりひろげる、あったかで、ちょっぴりせつない物語です。

 

■映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!
原作   :川村元気 佐野研二郎
監督   :稲葉大樹
脚本   :うえのきみこ
演出   :酒井浩史、大桃洋祐、松村麻郁、徳永真利子
音楽・効果:中岡将二郎
アニメーション制作:クラフター
製作   :映画ふうせんいぬティニー製作委員会

<ストーリー>
ある日、ティニーとニティがお庭で遊んでいると、突然空からふうせん卵が落ちてきた。
割れた卵から出てきたのは、なんと、ふうせん恐竜の赤ちゃんトリィ!「パパ! ママ!」生まれて初めて目にした、ティニーとニティのことを「パパ」「ママ」と勘違いしてしまった!
ティニーたちは、トリィの本当のパパとママを探すために、再び雲の上の、ふうせんどうぶつの世界へ向かい、忘れん坊のラビィや仲間たちと再会する。

金色の入道雲を抜けると…そこはふうせん恐竜の世界!ふうせん恐竜の新しい仲間たちに助けられながら、ティニーたちはトリィの故郷・トリケラトプスの国に辿り着く。ところが、そこにはパパとママはおらず、たくさんのふうせん恐竜の卵が盗まれる、謎の事件が起こっていた ─ 。
トリィは、パパとママに会えるのか?
ふうせんいぬティニーの大冒険、はじまりはじまり。
子どもは笑って、おとなは泣ける。「なんだか、ふしぎ」な物語。

 

公式サイト:http://jackie-tinny-movie.com
配給   :東宝映像事業部
      8月25日(金)全国ロードショー

 

(C)2017 BANDAI/The Bears’  School Movie Project
(C)2017 Genki Kawamura & Kenjiro Sano /Tinny Movie Project
(C) Sony Creative Products Inc.