「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」 Blu-rayが2019年12月18日に発売決定!

映画「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」のBlu-rayが、2019年12月18日(水)に、限定特典付きの豪華仕様で、完全数量限定生産にて一般販売されることが決定しました。

特典には、限定プラモデル「アニメ版 イノセンティア」や、映画館で販売されたパンフレットの縮刷版、アフレコ台本の縮刷版などが付属します。プラモデルには特別成型色仕様の「M.S.G ウェポンユニット ウォーターアームズ」がついてきます。

さらに映像特典としてこれまでの映画の予告集、音声特典として、川口敬一郎監督、飯田里樹音響監督、壽屋杉山プロデューサーのオーディオコメンタリーも収録です。ファンには見逃せない要素が盛りだくさんとなっています。

映画「フレームアームズ・ガール〜きゃっきゃうふふなワンダーランド〜」は2019年6月29日(土)より全国劇場にて上映開始。内容はTVシリーズを新作カットとともに振り返る総集編となっています。12月18日発売のBlu-rayは、すでに映画をご覧になった方も改めて作品を楽しめる仕様・特典が満載なので、是非公式HPから詳細をチェックしていただきたいです。

 

【あらすじ】

箱の中身はなっにかしらぁ

私立若葉女子高の教室、マテリア先生が轟雷たちに突如はじめた『箱の中身はなんだろなクイズ』。

この世界はいったい?!

これは、フレームアームズ・ガールたちと想い出をふりかえる物語。

シリーズ累計出荷数150万個以上突破の大ヒットプラモデルを原作として、2017年4月に放送・配信されたTVアニメが、新規映像を携え、満を持して劇場上映決定!

女子高校生あおの元に届けられた謎の小包には、フレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボット『轟雷』が入っていた。轟雷は人工自我、AS(アーティフィシャル・セルフ)を搭載した最新型の試作機。バトルデータを収集し、感情を学んでいく轟雷とあおの、奇妙で楽しい日常が始まる!

 

【スタッフ】

原作:壽屋

FAガール ベースデザイン:島田フミカネ 柳瀬敬之

監督:川口敬一郎

シリーズ構成:赤尾でこ

キャラクターデザイン原案:島田フミカネ

メカニックデザイン:柳瀬敬之

キャラクターデザイン:川村幸祐

CGディレクター:後藤優一

音楽:帆足圭吾(MONACA) 石濱 翔 (MONACA)

音響監督:飯田里樹

アニメ―ション制作:ZEXCS / studio A-CAT

製作:壽屋 / FAGirl Project

配給:ポニーキャニオン

 

【キャスト】

源内あお:日笠陽子

轟雷:佳穂成美

スティレット:綾瀬有

バーゼラルド:長江里加

マテリア姉妹:山崎エリイ

迅雷:樺山ミナミ

アーキテクト:山村響

フレズヴェルク:阿部里果

寿武希子:井澤佳の実

イノセンティア:内田彩

 

■【完全数量限定生産】「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」Blu-ray(限定プラモデルキット【アニメ版 イノセンティア】付)

 

価格 13,500円+税

品番 PCXP.50727

発売・販売元 ポニーキャニオン

 

【収録内容】

「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」本編

 

【商品仕様】

キャラクターデザイン原案・島田フミカネ描き下ろしイラストジャケット

 

【封入特典】

・プラモデル「アニメ版 イノセンティア」

 ≪プラモデル仕様≫

◆アニメ版成型色仕様(腰部塗装済み)

◆アニメ版デザインの塗装済み表情パーツ3種付属(「正面向き八重歯笑顔」「左向き舌だし顔」「右向き笑顔」)

◆特別成型色仕様の「M.S.G ウェポンユニット ウォーターアームズ」付属

・「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」縮刷版パンフレット

・「フレームアームズ・ガール~きゃっきゃうふふなワンダーランド~」縮刷版AR台本

 

【映像特典】

予告集

 

【音声特典】

スタッフオーディオコメンタリー(川口敬一郎監督・飯田里樹音響監督・壽屋杉山プロデューサー)

 

【注意事項】

※完全数量限定のため、購入希望の方はお早目のご予約をおすすめいたします。

また各店数量に達し次第ご予約終了となります。お求めに関しては各店舗にお問い合わせください。

 

アニメ公式HP: http://tv.fagirl.com/

映画公式HP:http://wonderland.fagirl.com

アニメ公式ツイッター: http://twitter.com/fagirl_official

コピーライト:  (C)KOTOBUKIYA / FAGirl Project

「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」EDテーマ「Treasure of life」を歌うのは第501統合戦闘航空団+服部静夏(CV:内田彩)!同楽曲やBGMを収録したミュージック・コレクションが劇場公開直前の10月2日(水)に発売!

501部隊の魔女(うぃっち)たちが織りなす、シュールな日常劇が話題を呼んだTVアニメ「ストライクウィッチーズ501部隊発進しますっ!」がついに劇場へ……!新たな彼女たちの物語をたっぷり詰め込んだ30分アニメ「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」が10月4日(金)より全国の劇場にて公開されます。

この度、10月2日(水)に発売される第501統合戦闘航空団+服部静夏(CV:内田彩)が歌うエンディング・テーマ「Treasure of life」や劇中のBGMを収録したアルバム「ストライクウィッチーズ劇場版501部隊発進しますっ!」ミュージック・コレクションの収録内容やジャケット写真、購入者特典情報が公開。描きおろしのジャケットイラストにはシャーリー、ルッキーニ、リーネ、ペリーヌが描かれています。

また、CDにはBonus Trackとして「Treasure of life」の他に、「Fly up so high」や「Going up」、ニコニコ生放送・ワールドウィッチーズチャンネル内の人気コンテンツBar KAYOのテーマソングなど全25曲が収録される。劇場版の公開とあわせて、CDの発売も楽しみにしていて欲しいです。

 

■CD発売情報

10月2日(水)発売

「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」ミュージック・コレクション

COCX-40950 ¥2,500+税

 

音楽:長岡成貢

歌:石田燿子、第501統合戦闘航空団[宮藤芳佳(CV福圓美里)、エーリカ・ハルトマン(CV野川さくら)、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(CV田中理恵) 、ゲルトルート・バルクホルン(CV園崎未恵)、坂本美緒(CV世戸さおり)、シャーロット・E・イェーガー(CV小清水亜美)、フランチェスカ・ルッキーニ(CV斎藤千和) 、サーニャ・V・リトヴャク(CV門脇舞以)、エイラ・イルマタル・ユーティライネン(CV大橋歩夕)、リネット・ビショップ(CV名塚佳織)、ペリーヌ・クロステルマン(CV沢城みゆき)]、服部静夏(CV内田彩)、石田嘉代

 

<収録内容>

01.発進しますっ!(M01)

02.空が呼ぶほうへ(Short Version) 歌:石田燿子  

03.イントロダクション(M02)

04.楽しい仲間たち(M03)

05.トラブル発生(M05)

06.おめかし(M06)

07.悲劇のヒロイン(M10)

08.いざDiet!(M15)

09.ハロウィン・パーティ(M07)

10.TOMODACHI(M14)

11.時は流れて(M09)

12.ストレス社会(M08)

13.犯人はお前だ!!(M11)

14.私ってセクシー?(M13)

15.自由を求めて(M12)

16.友情はつづく(M04)

17.Treasure of life #13(Short Version) 歌:第501統合戦闘航空団+服部静夏

 

Bonus Track

18.空が呼ぶほうへ 歌:石田燿子

19.Treasure of life #13 歌:第501統合戦闘航空団+服部静夏

20.Treasure of life #14 歌:服部静夏

21.Fly up so high 歌:第501統合戦闘航空団

22.Going up(10th Anniversary Remix) 歌:第501統合戦闘航空団

 

Bar KAYO

23.Bar KAYOのテーマ 歌:石田嘉代

24.Bar KAYOのテーマ(Instrumental)

25.Bar KAYOのテーマ(Another Take)

 

■特典情報

「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」ミュージック・コレクション

購入者特典情報!!

2019/10/2発売・「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」ミュージック・コレクション(COCX-40950)をお買上げの方に、先着でA4クリアファイルをプレゼント!

※特典は先着順となっており、無くなり次第終了となります。予めご了承ください。

※一部お取扱いの無い店舗もございます。

【対象商品】

2019/10/2発売

「ストライクウィッチーズ劇場版 501部隊発進しますっ!」ミュージック・コレクション

COCX-40950 ¥2,500+税

 

■日本コロムビア音楽情報特設サイト

https://columbia.jp/w-witch/

 

■ワールドウィッチーズ

【公式HP】http://w-witch.jp/

【公式ツイッター】@w_witch_anime

 

■ストライクウィッチーズ劇場版501部隊発進しますっ!

10月4日(金)より全国の劇場にて公開!!

 

【前売り券(ムビチケカード)情報】

前売り券発売決定!

発売日:2019年6月28日(金)

価格:1,100円

販売場所:全国の上映劇場

※当日入場料金 1,300円均一(税込)

※上記以外にもグッズ付前売券の販売を予定しております。詳細が決定次第公式サイトで告知いたします。

 

【上映劇場一覧】

・北海道  ユナイテッド・シネマ札幌

・宮城県  MOVIX仙台

・東京都  EJアニメシアター新宿

      グランドシネマサンシャイン

・神奈川県 TOHOシネマズ 川崎

・千葉県  シネプレックス幕張

・埼玉県  MOVIXさいたま

・愛知県  伏見ミリオン座

・大阪府  TOHOシネマズ 梅田

・京都府  TOHOシネマズ 二条

・兵庫県  アースシネマズ姫路

・福岡県  ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

(劇場詳細はこちら)

https://www.kadokawa-pictures.jp/official/501takeoff/

 

【作品情報】

~あらすじ~

ネウロイの巣を破壊した戦いで魔法力を失った宮藤芳佳。501部隊が解散した後、彼女は故郷の扶桑へ戻り、久しぶりに平穏な日々を送っていたが、かつての上官だった坂本たちの計らいで欧州の医学校へ留学する事になる。海軍兵学校で坂本の生徒だった服部静夏と一緒に再び欧州へ向かう宮藤。一方、かつての501部隊の隊員たちも各地に散り、それぞれの生活を送っていたが、宮藤の再渡欧や新たなネウロイの兆候をキッカケに、再び集まり始める。そんな時、欧州を旅する宮藤と静夏の前に、強大なネウロイが出現、宮藤はかつてない最大の危機に陥ってしまう。元501部隊の仲間たちは、無事に宮藤たちを救い出す事ができるだろうか──!?

 

~STAFF~

原作:島田フミカネ&Projekt Kagonish

漫画:藤林真

監督:伊藤史夫

キャラクターデザイン:安食圭

シリーズ文芸:村上深夜

音楽:長岡成貢

音楽制作:日本コロムビア

音響監督:吉田知弘

音響制作:グロービジョン

プロデュース:立崎孝史

アニメーション制作:Acca effe 戯画プロダクション

アニメーション制作協力:プロダクションI.G アニメビーンズ

配給:角川ANIMATION

製作:第501統合戦闘航空団2019

 

~CAST~

宮藤芳佳:福圓美里

服部静夏:内田彩

坂本美緒:世戸さおり

リネット・ビショップ:名塚佳織

ペリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵

ゲルトルート・バルクホルン:園崎未恵

エーリカ・ハルトマン:野川さくら

フランチェスカ・ルッキーニ:斎藤千和

シャーロット・E・イェーガー:小清水亜美

サーニャ・V・リトヴャク:門脇舞以

エイラ・イルマタル・ユーティライネン:大橋歩夕

ハイデマリー・W・シュナウファー:植田佳奈

山川美千子:佐藤有世

 

ⓒ2019 島田フミカネ・藤林真・KADOKAWA/501部隊発進しますっ

劇場公開中の『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』より、アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)が歌うEDテーマ「マイ・ホーム・タウン」は9月4日にCD発売!レコーディング終了後の茅野愛衣さんのインタビューを公開!

現在、全国の劇場にて公開中の『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』です。TVアニメと同じくハンバート ハンバートの佐藤良成氏が楽曲提供したエンディングテーマ「マイ・ホーム・タウン」を歌うのはアクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)のヒロイン3人です。

この度、レコーディング終了後の茅野愛衣のインタビューが公開されました。映画や楽曲についてたっぷりと語っているので、是非チェックして欲しいです。

 

【レコーディング終了後インタビュー第1弾! 茅野愛衣さん(ダクネス役)】

ーー映画が決まったときの気持ちを教えてください。

 正直、『このすば』で映画って、どんなことになっちゃうのか、あまり想像できなかったです。でも台本を読んだら、ちゃんと映画になっていて、すごい!『このすば』だ!って思いました。TVシリーズのノリをそのままに、スケールとしては映画になっているんです。尺の都合でやむを得ずというところもいっぱいあったらしいんですけど、アフレコ段階ですごく面白かったので、これに映像と音楽が付いたらどんなふうになるんだろうって、公開が待ち遠しくなりました。

 

ーー確かに映画のイメージは全然なかったです。

 『このすば』ってなんか日常に近いというか。あまり大々的に何かが起こるみたいな感じがしないんですよね。作品自体に人気があって、たくさんのファンがいることはわかっているんですけど、どこか日常感があるというか…。フルコースではなく定食屋さんみたいなイメージがあったんですよね(笑)。

 

ーーすごくわかります。

 だから映画なの!?って感じはありましたよね?

 

ーーじゃあ、『このすば』のフルコース感が味わえる?

 というよりは、定食がフルコースみたいにして出てくる感じかもしれない(笑)。

 

ーーあははは(笑)。

 豪華な定食が、おしゃれに盛られて出てくるみたいな? だから『このすば』の味は基本的には変わらないんです。また食べ物の例になっちゃうんですけど、すごくシンプルに、大根おろしと醤油で食べる卵焼きが、モン・サン=ミッシェルのふわふわオムレツに変身して出てくるわけではないんです。そのままの味を残しながら、映画のダイナミックさがあるので、そういうところは安心してほしいです。映画だからということは特にないから、始まってすぐの安心感はすごいと思います。

 

ーーますます楽しみになります。

 今回は紅魔の里の話でめぐみんがメインなので、めぐみんとカズマのやり取りが多かったですけど、ダクネスとしては、友達の地元に遊びに行くような感覚だったのかなって。だからエンディング曲のレコーディングも、ダクネスは当事者ではなく「友達に付いて、その子の地元に帰るような気持ちで歌うような感じで」ということに最終的に落ち着いたんです。『このすば』のディレクションは、穴井さん(※日本コロムビア 音楽プロデューサー)がしてくださるんですけど、ストーリーをちゃんと作って、どう歌えばいいのかというのを一度歌ったあとに相談に乗ってくださるので、わかりやすいんです。ダクネスって普段はキリッとした凛とした女性のところとドMなところの2極あるんですけど、そういうところではない、本来のダクネスの姿みたいな。紅魔の里の昔話を聞きながら、自分の子供の頃を思い出しているような、柔らかいような温かい雰囲気で歌えたらいいなと思いました。

 

ーー一歩引いて、みたいな感じになっているんですね。

 だからいつも知っているダクネスではないかもしれないですけど、エンディングテーマもゲームと合わせて4回目になるので、ダクネスの素の部分でいいのかなと思っているところはあります。飾り立てることのない本当の気持ちで歌うということを重視してます。

 

ーーエンディングテーマ「マイ・ホーム・タウン」を聴いたときは、どう思いました?

 ハンバートハンバートさんの曲は本当に素晴らしくて、悲しいことを歌っているわけではないのに涙を誘うというか。すごく温かくて寄り添ってくれる曲調なので、いつもやられたなぁって思います。

 

ーーもともとハンバートハンバートさんの曲が好きだったんですか?

 『このすば』で初めて出会って、その後すごくいろいろな曲を聴きました。ライブにも行かせていただいたりして、すごく好きなジャンルなんです!

 

ーー高橋さんのめぐみんは、少し感情的に歌っていたんですけど、ダクネスは、確かに少しフラットな感じで歌っていましたね。

 当事者と当事者じゃないのとでは、こんなにも違うのかという感じですよね。詞を読むと懐かしい感じがあるので、昔話を語るような雰囲気が出たらいいなと思いました。Aメロの歌詞のところは、穴井さんが「朗読を聞いているかのようです」とおっしゃってて面白かったです。

 

ーー歌ってて好きな部分はありました?

 曲自体がもう好き過ぎて、全部なんですよね……。どんな方が聴いても、子供の頃を思い出しちゃうような歌詞だなって思っています。

 

ーー上京してきた人などは特に感動しそうな曲ですよね。

 「おうちに帰りたい」(第2期エンディング)もそうですけど、みんな実家に帰っちゃうんじゃないかと思います(笑)。何でこんなにも実家が恋しくなるんだろうっていうくらい、何か匂いがしますよね、『このすば』のエンディングって。そこが素晴らしいんです! 誰にでも受け入れられるような耳馴染みのいい曲で、こんなにも優しい曲調なのに、ギュッと何かを掴まれる。ただただ温かいだけではなく苦しくなるみたいな曲がハンバート ハンバートさんの曲には多い気がして、不思議だなって思います。本当に、よく第1期のときに、エンディングにハンバート ハンバートさんの曲調を持ってこようと思ったなと。今となっては、あのエンディングがないと『このすば』が終わった感じがしないですよね。

 

ーー映画で初めて聴けるように、試聴動画とかも作らないそうですよ。

 いいと思います! 最後の“今日は帰るよ ちゃんと帰るよ また今度ね”っていうところもすごく好きですけど、きっとめぐみんは紅魔の里を思いながら歌ったと思うので、めぐみんの歌にも注目してほしいです。

 

ーー映画のアフレコの思い出はありますか?

 福島潤さんのスタミナ値みたいなものがギュンギュン減っていくのが、背中を見ててもわかるくらいしゃべっていたし、叫んでいました。でも、やり切った!という感じも背中に溢れてて、2日目が終わったあとに飲みに行ったんですけど、終わったあとのシュワシュワが最高に美味しいと言いながら、潤さんは顔を真っ赤にしてました(笑)。

 

ーーさぞや美味しかったでしょうね(笑)。

 でも、みんなで駆け抜けた感はありました。2日目は雨宮天ちゃんがイベントがあって駆けつけだったんですけど、せっかくだからみんな一緒に終わりたいと思って、他のメンバーは先に打ち上げ会場に行ってもらって、パーティーメンバーの潤さんとりーちゃん(高橋李依)と私は残って天ちゃんを待っていたんです。それで天ちゃんの最後のシーンを一緒に見届けて、お疲れ様!ってスタジオでひと盛り上がりしてから打ち上げ会場に行ったんです。なんか終わったあとに一人にさせたくなかったんですよね。

 

ーー素敵なパーティーですね。『このすば』チームの結束もできてるんでしょうね。

 そうですね。もう長くなりましたし、『このすば』って10話構成で少し短かったんですけど、そうとは思えないくらい濃厚な時間で、なんだかんだ1期2期の間にもゲームの収録があったり、『異世界カルテット』があったり、『このすば』から離れる時間も少なくて、しょっちゅうみんなに会いたいなってなります。この映画までにチーム間の絆はかなり深まっていたと思いますよ。

 

ーーでは最後に、メッセージをお願いします。

 今か今かと待っていてくださったと思いますけど、今、私自身が一番見たいです! 今回はめぐみんの地元・紅魔の里が舞台の話ですけど、ダクネスとしてもめぐみんに付き添って、ダクネスらしい活躍(笑)を見せてくれてるので、そちらのほうも期待してくださいね。面白いだけではなく、ほろりとしてしまうようなシーンもあったりしますので、TVシリーズとはまた違った『このすば』も見れたりするのかなと思っています。今までの味はそのままに、映画だからこそ楽しめる『このすば』を、ぜひ劇場で楽しんでくださいね。

 

■リリース情報

9月4日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』エンディングテーマ

「マイ・ホーム・タウン」

歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)

COCC-17660 ¥1,300+税

 

<CD収録内容>

01.マイ・ホーム・タウン

歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)

作詞・作曲・編曲:佐藤良成

02.マイ・ホーム・タウン‐アクア ver.‐  歌:アクア(CV:雨宮天)

03.マイ・ホーム・タウン‐めぐみん ver.‐ 歌:めぐみん(CV:高橋李依)

04.マイ・ホーム・タウン‐ダクネス ver.‐ 歌:ダクネス(CV:茅野愛衣)

05.マイ・ホーム・タウン(off vocal ver.)

※コーラスとして佐野遊穂(ハンバート ハンバート)も参加!

 

9月4日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』オリジナル・サウンドトラック「澄み渡る青空に希望の狼煙を!」

音楽:甲田雅人

COCX-40934 ¥2,500+税

 

9月4日(水)発売

『この素晴らしい世界に祝福を!』コンサート~この素晴らしい音楽に喝采を! 実況録音盤

指揮:甲田雅人 演奏:東京ニューシティ管弦楽団

COCX-40939~40 ¥3,500+税

 

好評発売中

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony」

歌:Machico

【限定盤】COZC-1568~9 ¥1,800+税 【通常盤】COCC-17659 ¥1,300+税

 

■日本コロムビア音楽情報特設サイト

https://columbia.jp/konosuba/

 

■『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』劇場公開中!

【アニメ公式HP】

http://konosuba.com/

【アニメ公式ツイッター】

@konosubaanime

【STAFF】

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)

原作イラスト:三嶋くろね

監督:金崎貴臣

脚本:上江洲誠

キャラクターデザイン:菊田幸一

美術監督:三宅昌和

色彩設計:伊藤由紀子

撮影監督:廣瀬唯希

編集:木村佳史子(MADBOX)

音響監督:岩浪美和

音楽:甲田雅人

アニメーション制作:J.C.STAFF

製作:映画このすば製作委員会

 

ⓒ2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』主題歌のCDジャケット写真が公開!EDテーマ提供のハンバート ハンバートのインタビューが到着

830日(金)より劇場公開予定の『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』より、Machicoが歌うテーマソング「1ミリ Symphony」と、アクア、めぐみん、ダクネスが歌うエンディングテーマ「マイ・ホーム・タウン」のジャケット写真が公開されました。 

ジャケット写真には、それぞれCD用に描きおろされたイラストが使用されている。「1ミリ Symphony」の初回限定盤には、先日公開されたMusic Videoで初出しとなったこのすばキャラクターの色が入った衣装を着たMachicoの写真が使用されました。 

また、Machicoに関してはカップリング曲として収録される「Do You Believe in Magic?」や「1ミリ Symphony –Ma-chill ver. –」を聴くことができる全曲試聴動画と、824日(土)から開催される発売記念イベントの情報もあわせて発表されています。

 

Machico1ミリ Symphony(「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」テーマソング)ダイジェスト試聴

https://www.youtube.com/watch?v=bStoFcwbgVw

  

さらに、TVアニメシリーズに引き続き、今作でもエンディングテーマとして楽曲を提供しているハンバート ハンバートのインタビューも公開。今回初めてコーラスとして佐野遊穂が参加することにもなった彼らによる、このすばに楽曲提供することが決まった際のエピソードや「マイ・ホーム・タウン」制作に関する話が挙げられている。 

いよいよ今月末公開となる『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』の情報とあわせて、映画を彩る楽曲達にも注目しよう。

  

CD発売情報:

828日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony

歌:Machico

【限定盤】COZC-15689 ¥1,800+税 【通常盤】COCC-17659 ¥1,300+税

 

CD収録内容>

01. 1ミリ Symphony

作詞:高橋久美子、多保孝一 作曲・編曲:多保孝一、UTA ホーンアレンジ:多保孝一

02. Do You Believe in Magic?

作詞:高橋久美子 作曲:多保孝一 編曲:多保孝一、D&H

03. 1ミリ Symphony –Ma-chill ver. –

作詞:高橋久美子、多保孝一 作曲:多保孝一、UTA 編曲:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz

04. 1ミリ Symphonyoff vocal ver.

05. Do You Believe in Magic?off vocal ver.

06. 1ミリ Symphony –Ma-chill ver. –off vocal ver.

 

DVD収録内容>

01 1ミリ Symphony MV

02 1ミリ Symphony MVメイキング映像

 

■全曲試聴動画

Machico1ミリ Symphony(「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」テーマソング)ダイジェスト試聴 

https://www.youtube.com/watch?v=bStoFcwbgVw

  

■「1ミリ SymphonyMV Short Ver.

Machico / 1ミリ Symphony(「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」テーマソング) 

https://www.youtube.com/watch?v=imMHwIsDrYc

 

94日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』エンディングテーマ

「マイ・ホーム・タウン」

歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)

COCC-17660 ¥1,300+税

 

CD収録内容>

01.マイ・ホーム・タウン

歌:アクア(CV:雨宮天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)

作詞・作曲・編曲:佐藤良成

02.マイ・ホーム・タウンアクア ver.‐     歌:アクア(CV:雨宮天)

03.マイ・ホーム・タウンめぐみん ver.‐ 歌:めぐみん(CV:高橋李依)

04.マイ・ホーム・タウンダクネス ver.‐ 歌:ダクネス(CV:茅野愛衣)

05.マイ・ホーム・タウン(off vocal ver. 

※コーラスとして佐野遊穂(ハンバート ハンバート)も参加! 

 

94日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』オリジナル・サウンドトラック「澄み渡る青空に希望の狼煙を!」

音楽:甲田雅人

COCX-40934 ¥2,500+税 

 

94日(水)発売

『この素晴らしい世界に祝福を!』コンサート~この素晴らしい音楽に喝采を! 実況録音盤

指揮:甲田雅人 演奏:東京ニューシティ管弦楽団

COCX-4093940 ¥3,500+税 

 

■イベント情報

Machicoによる『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony」の発売を記念したリリースイベントの開催が決定!東京、名古屋、大阪にてミニライブ&特典お渡し会を実施します! 

2019/8/24()12:00~ AKIHABARAゲーマーズ本店6

2019/8/24()15:30~ ソフマップAKIBA1号店 サブカル・モバイル館8F

2019/8/25()15:00~ とらのあな秋葉原店C 4F イベントスペース

2019/8/25()19:00~   タワーレコード渋谷 5Fイベントスペース

2019/9/ 7()11:30~ TSUTAYA EBISUBASHI 6階イベントスペース

2019/9/ 7()14:30~ ゲーマーズなんば店

2019/9/ 7()17:30  アニメイト大阪日本橋店5Fイベントホール

2019/9/ 8()12:00  <名古屋>第3太閤ビル

2019/9/ 8()15:00  とらのあな名古屋店イベントスペース 

※参加方法などの詳細は公式HPをご確認ください。 

 

■ハンバート ハンバートのインタビューを公開中!

――TVアニメ『このすば』のEDテーマ制作の話は、どういう経緯できたのでしょうか?

遊穂 最初は穴井さん(※日本コロムビア 音楽プロデューサー)だよね?

良成 公式サイトに記載されてるメールアドレスに連絡をくれたんですよ。「日本コロムビアの穴井と申します」って。

 

――そこで、なぜ引き受けたのですか?

遊穂 今までアニメの主題歌ってやったことがなくて、やっぱりアニメって今人気があるし「時流に乗ってこう!」みたいな……。ね? 

良成 適当に言ってるでしょ(笑)。そうですね、穴井さんから丁寧なメールを頂いたので、きっとちゃんとしたお仕事なんだなと思ったんです。新しいことを自分からやることって、もうあまりないので、チャンスがあるならやってみたいなって。

 

――穴井さんの熱意もメールから伝わってきたんですね。

良成 そうですそうです。しかもハンバート ハンバートの曲もよく聴いてくれているみたいで。

 

――実際に曲を作ってみていかがでしたか?

良成 アニソンは作ったことがないから、アニメのルールとかも分からないなぁと思ってたんですけど、話を頂いたときから、普段のハンバート ハンバートのテイストをそのままアニメのエンディングに持っていきたいという話だったんです。それだったら急にやったことがないことをしだすというわけでもないし、できるんじゃないかなって。

 

――実際にアニメの12期で、あのドタバタな作品の最後に曲が流れているのを聴いていかがでしたか?

遊穂 新鮮でした。あまり楽曲提供自体がないので、こうなるんだ!って思うし、歌詞の世界に合わせてアニメーションが付いていて、曲がビジュアルに起こされることってないので、すごく楽しかったです。あとはわちゃわちゃってしている作品の最後にノスタルジーな曲がくる。一日の終わりにこれでしっとり終わるみたいな感じで、ちゃんと計算されていたんだなと思いました。なるほどなるほどって。 

※インタビュー全編は日本コロムビアのHPにて! 

 

■日本コロムビア音楽情報特設サイト

https://columbia.jp/konosuba/

CD購入者特典情報も決定!!

 

 ■『映画 この素晴らしい世界に祝福を!』2019830日 公開!

【アニメ公式HPhttp://konosuba.com/

【アニメ公式ツイッター】@konosubaanime

STAFF

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)

原作イラスト:三嶋くろね

監督:金崎貴臣

脚本:上江洲誠

キャラクターデザイン:菊田幸一

美術監督:三宅昌和

色彩設計:伊藤由紀子

撮影監督:廣瀬唯希

編集:木村佳史子(MADBOX

音響監督:岩浪美和

音楽:甲田雅人

アニメーション制作:J.C.STAFF

製作:映画このすば製作委員会

 

■「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」本予告第2弾公開中! 

https://www.youtube.com/watch?v=Q4FQUMcYqiQ

 

2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

日本アカデミー賞協会特別賞受賞のアニメーター 大塚康生のドキュメンタリー 『飄々~拝啓、大塚康生様~』 8月3日よりユジク阿佐ヶ谷にて上映

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:竹崎忠)は、アニメーション制作55周年を記念し、『飄々~拝啓、大塚康生様~』を2019年8月3日(土)よりユジク阿佐ヶ谷で上映中です。

本作品は、第42回日本アカデミー賞 協会特別賞を受賞したアニメーター・大塚康生について、故 高畑勲監督はじめ、日本のアニメ黎明期を支えてきたクリエイターに独自取材し、その証言をまとめた貴重なドキュメンタリーです。2015年に制作され、東京アニメアワードフェスティバル2015にて1回のみ上映された幻の本作を、トムス・エンタテインメントのアニメ制作55周年を迎えるにあたって再上映いたします。

 

【大塚康生氏のコメント】

「この作品は5年前に撮影されたもので、古くからの仲間たちが僕とアニメーションについて語ってくれています。今さら上映されるのは恥ずかしいですが、観てもらってアニメーション映画について考えてくれると嬉しいです。」

 

【上映概要】

上映日   : 8月3日(土)~8月9日(金) 12時25分~

チケット料金: 一般1,500円 学生1,300円 シニア1,100円 会員1,000円

        (毎週木曜サービスデーは1,000円)

会場    : ユジク阿佐ヶ谷

所在地   : 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-19-B1F

TEL     : 03-5327-3725

公式サイト : https://www.yujikuasagaya.com/otsuka-yasuo

 

【作品紹介】

東京アニメアワードフェスティバル2015招待作品

手描きによる作画アニメの時代を作画監督として牽引した巨匠・大塚康生氏にフォーカスし、故 高畑勲監督、おおすみ正秋氏、月岡貞夫氏、小田部羊一氏など、日本のアニメ界を代表するクリエイターを独自取材。アニメ黎明期を代表する作品にまつわる貴重なエピソードの数々をインタビュー収録。

『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968)から『ルパン三世』(1971)『リトル・ニモ』(1989)まで、大塚氏ゆかりのアニメ作品や史料を多数引用し、「大塚康生とその時代」を浮き彫りにします。

 

【出演者/スタッフ】

出演:大塚康生、おおすみ正秋、小田部羊一、高畑勲、田中敦子、月岡貞夫、

   富沢信雄、友永和秀、林雅子、道籏義宣、島本須美(語り)、大塚文枝(Special Thanks)

監督:宇城秀紀/撮影監督:中村夏葉/編集:鈴木真一/題字デザイン:美帆/音楽:橋本秀幸

製作・著作・配給:トムス・エンタテインメント

 

【予告編】

トムス・エンタテインメント【公式】YouTubeチャンネル

https://youtu.be/0gfRt_BiDyo

 

(C)TMS

「アニメフィルムフェスティバル東京2019」開催決定! 上映作品&劇場ラインナップ第一弾発表! コラボレーションアニソンライブ 「Anison Days Festival」も開催決定!

日本のアニメ100周年を迎えた2017年に、「アニメNEXT_100」プロジェクトの一環により、アニメ制作会社8社(末尾記載)で組成・運営するアニメフィルムフェスティバル東京実行委員会(実行委員長:株式会社トムス・エンタテインメント副会長 鈴木 義治)は、2019年9月20日(金)より、東京 新宿において、「アニメフィルムフェスティバル東京2019」(以下、AFFT2019)を開催することをお知らせいたします。また、上映作品の第一弾ラインナップ19作品を発表すると共に、9月20日(金)に新宿文化センターにて、BS11(日本BS放送株式会社)の人気番組「Anison Days」(毎週金曜日よる10時~10時30分放送中)とのコラボレーションアニソンライブ「Anison Days Festival~アニメフィルムフェスティバル東京2019×Anison Days~」の開催が決定したことをお知らせいたします。

 

■AFFT2019 公式サイト: http://animefilmfestivaltokyo.jp/

アニメフィルムフェスティバル東京(AFFT)は、一般社団法人日本動画協会『アニメNEXT_100』プロジェクトが提唱する「アニメのチカラを世界へ」のコンセプトに連動し、2017年に新宿地区で第一回を開催。2年目となる2018年には、新宿まちフェス実行委員会・一般社団法人新宿観光振興協会の主催による「新宿まちフェス」の新宿シネフィルプレミアムとの連携を強化し26作品の上映を行うとともに、東京国際映画祭「TIFF+」でのアニメ上映コラボをプロデュースするなど、質・量ともに成長して参りました。第三回を迎える今回は、BS11との連携企画である「Anison Days Festival」の開催日である9月20日(金)から9月30日(月)までの期間を第1期、30年以上の歴史を誇る地域のイベントとして成長してきた「新宿まちフェス」のコンテンツである新宿シネフィルプレミアムと連携する10月4日(金)から26日(土)までを第2期とし、全9館となる新宿の映画館で、制作会社の枠組みを超えてお届けする多彩なイベント上映会を中心に、芸術の秋をアニメで彩ります。

イベント上映会実施劇場は、TOHOシネマズ新宿、新宿バルト9、新宿ピカデリー、K’s cinema、シネマート新宿、EJアニメシアター新宿、テアトル新宿、新宿武蔵野館、新宿シネマカリテの9劇場に本年度もご協力頂き、作品ゆかりのキャストや監督・スタッフによるスペシャル・トークと共に一般上映、オールナイト上映を実施期間中にお楽しみいただけます。

 

【上映作品・劇場ラインナップ:第一弾】

<TOHOシネマズ新宿>

上映会タイトル:センコロール コネクト

日程     :9月28日(土)

種別     :レイトショー

イベント出演者:監督 宇木 敦哉

 

上映会タイトル:劇場版 誰ガ為のアルケミスト

日程     :10月11日(金)

種別     :レイトショー

イベント出演者:未定

 

上映会タイトル:劇場三部作「コードギアス 反逆のルルーシュ」一挙上映会

日程     :10月11日(金)

種別     :オールナイト

イベント出演者:広報 清水 博之(バンダイナムコアーツ)

        広報 池内 謙一郎(サンライズ)

        広報 川澄 亜弥(サンライズ)

        企画 谷口 廣次朗(サンライズ)

 

上映会タイトル:劇場版プリパラ み~んなありがとう♪ 5周年記念上映会

日程     :10月18日(金)

種別     :オールナイト

イベント出演者:なし

 

<新宿バルト9>

上映会タイトル:TVアニメ「ソマリと森の神様」第1話&第2話 先行上映会

日程     :9月28日(土)

種別     :レイトショー

イベント出演者:未定

 

上映会タイトル:『おジャ魔女どれみ』20周年上映会 ~マジョナイト~

日程     :10月5日(土)

種別     :レイトショー

イベント出演者:プロデューサー 関 弘美 他

 

上映会タイトル:DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

日程     :10月12日(土)

種別     :オールナイト

イベント出演者:未定

 

上映会タイトル:「アドベンチャー・タイム」みんなで歌おう応援上映会!

日程     :10月14日(月・祝)

種別     :レイトショー

イベント出演者:声優 朴 璐美(フィン役)

        声優 斎藤 志郎(ジェイク役)

        声優 田中 理恵(プリンセス・バブルガム役)

        声優 太田 哲治(ランピー役 他)

        声優 岩崎 ひろし(レモングラブ伯爵役)

        声優 池田 果奈子(BMO役)

 

上映会タイトル:デジモンアドベンチャー20周年記念

        テレビの名作を劇場上映&トークショー

日程     :10月18日(金)

種別     :レイトショー

イベント出演者:プロデューサー 関 弘美 他

 

上映会タイトル:「TIGER & BUNNY THE LIVE」上映会

日程     :10月22日(火・祝)

種別     :通常上映(夜)

イベント出演者:ワイルドタイガー(ヒーロースーツ)

        バーナビー・ブルックス Jr.(ヒーロースーツ)

 

<新宿ピカデリー>

上映会タイトル:ガンダム40周年記念上映会「機動戦士ガンダムSEED

        スペシャルエディション 虚空の戦場 HDリマスター」

日程     :9月28日(土)

種別     :レイトショー

イベント出演者:未定

 

上映会タイトル:ヴイナス戦記

        劇場公開30周年記念リマスター版 BD発売記念上映会

日程     :10月5日(土)

種別     :レイトショー

イベント出演者:監督 安彦 良和

 

<K’s cinema>

上映会タイトル:「ちびまる子ちゃん」アニメ化 30周年記念上映会

日程     :10月14日(月・祝)

種別     :通常上映(昼)

イベント出演者:未定

 

<シネマート新宿>

上映会タイトル:劇場版「冴えない彼女の育てかた Fine」公開記念

        TVシリーズ全25話一挙上映

日程     :9月28日(土)

種別     :オールナイト

イベント出演者:未定

 

上映会タイトル:【マリア様がみてる】アニメ化15周年記念 上映会

日程     :10月25日(金)

種別     :オールナイト

イベント出演者:未定

 

<EJアニメシアター新宿>

上映会タイトル:TVアニメ「ぼくたちは勉強ができない」第1期一挙上映会

日程     :9月28日(土)

種別     :オールナイト

イベント出演者:未定

 

<テアトル新宿>

上映会タイトル:GUNGRAVE(ガングレイヴ) セレクション上映会

日程     :10月4日(金)

種別     :レイトショー

イベント出演者:未定

 

<新宿武蔵野館>

上映会タイトル:【アニメヘリテージ上映企画】

        ぴえろ40周年記念 魔法少女 幻のOVA上映会

日程     :10月25日(金)

種別     :通常上映(夜)

イベント出演者:なし

 

<新宿シネマカリテ>

上映会タイトル:TVSP「ルパン三世 グッバイ・パートナー」

日程     :10月5日(土)

種別     :通常上映(夜)

イベント出演者:なし

(敬称略)

 

【チケット販売実施概要】

AFFT2019公式サイト内にて独占販売。

■先行抽選受付期間

8月10日(土)10:00~8月25日(日)23:59

■結果発表

8月28日(水)

■一般発売

【  9月上映分】    9月7日(土)10:00~9月16日(月)23:59

【10月上映分】 9月7日(土)10:00~10月1日(火)23:59

※一般発売終了後のチケット販売は各劇場取扱となります。

■チケット料金

通常上映(昼) :3,000円(税込)

通常上映(夜) :3,000円(税込)

レイトショー:3,000円(税込)

オールナイト:4,500円(税込)

※通常上映(夜)の「【アニメヘリテージ上映企画】ぴえろ40周年記念 魔法少女 幻のOVA上映会」については¥2,000(税込)となります。 

■Anison Days Festival: https://www.bs11.jp/enjoyment/anisondays_festival_2019/

ロゴ         : https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_2.jpg

BS11       : https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_3.jpg

キービジュアル : https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_4.jpg

 

AFFT2019では本年度のアニメフィルムフェスティバルのオープニングイベントとして、9月20日(金)にBS11の人気番組「Anison Days」とのコラボレーションアニソンライブ「Anison Days Festival~アニメフィルムフェスティバル東京2019×Anison Days~」を今年も開催いたします。メインMC:森口 博子とサブMC:酒井 ミキオによる軽妙なトークと共に、多彩なゲストを招いて番組オリジナルアレンジによる生ライブとアーティストトークを繰り広げる「Anison Days」は、「アニソン」を楽曲としてピュアに提供する独自の番組コンセプトを軸に、関連ヒストリーとアーティストにフォーカスするユニークな内容で高い評価を集めています。このたびの「Anison Days Festival」は、影山ヒロノブ、Lia、オーイシマサヨシ、茅原実里、ナノ、亜咲花という“超”破格なゲストと共に、一夜限りのライブステージとして、ご堪能いただける内容です。

 

【アーティストラインナップ】

メインMC   森口 博子

サブMC    :酒井 ミキオ

ナレーション:駒田 航

ゲスト   :影山ヒロノブ/Lia/オーイシマサヨシ/茅原実里/ナノ/亜咲花

       ※シークレットゲストあり(敬称略)

森口 博子

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_5.jpg

酒井 ミキオ

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_6.jpg

駒田 航

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_7.jpg

影山ヒロノブ

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_8.jpg

Lia

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_9.jpg

オーイシマサヨシ

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_10.jpg

茅原 実里

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_11.jpg

ナノ

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_12.jpg

亜咲花

https://www.atpress.ne.jp/releases/188930/img_188930_13.jpg

 

【Anison Days Festival~アニメフィルムフェスティバル東京2019×Anison Days~ 開催概要】

公演日     : 2019年9月20日(金) 17:45開場/18:30開演

会場名     : 新宿文化センター 大ホール

券種/料金(税込): 着席(全席指定) 7,000円

主催      : BS11

公式サイト   : https://www.bs11.jp/enjoyment/anisondays_festival_2019/

 

【チケット販売実施概要】

■オフィシャル先行

8月3日(土)12:00~8月12日(月)23:59

■プレオーダー

8月17日(土)12:00~8月22日(木)23:59

■一般発売

8月31日(土)12:00~9月13日(金)23:59

チケットに関するお問い合わせ: https://eplus.jp/anison-days2019/

※先行抽選はお1人様につき4枚までお申し込みいただけます。

※3歳以上の方の入場にはチケットが必要です。

※出演者変更に伴うチケットの払い戻し、公演日の振り替えはできません。

※営利目的の転売、オークションへの出品は禁止します。

※転売されたチケットでの入場はできません。

 

【アニメフィルムフェスティバル東京2019開催概要】

開催名称   : アニメフィルムフェスティバル東京2019

会期     : 2019年9月20日(金)~10月26日(土)

開催地区   : 新宿地区

プログラム内容: (1) イベント上映

         (2) アニソンライブ

主催     : アニメフィルムフェスティバル東京実行委員会

公式サイト  : http://animefilmfestivaltokyo.jp

※プログラムの名称、内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

■アニメフィルムフェスティバル東京実行委員会参加会社

株式会社トムス・エンタテインメント

株式会社サンライズ

東映アニメーション株式会社

株式会社アニプレックス

株式会社ADKエモーションズ

エイベックス・ピクチャーズ株式会社

日本アニメーション株式会社

株式会社ぴえろ

■協賛

J:COMテレビ アニおび

■「アニメNEXT_100」プロジェクト

2017年に誕生100年を迎えた日本のアニメーション。その歴史の中で、現在判明している作品数は、作品タイトル数1万3,126件・エピソード数17万3,441件(2019年7月現在)を数えます。そんな日本のアニメーションの“真”の魅力は、描く・創る・動かす・夢を実現するチカラです。それを生み出したのは、マンガ・玩具・音楽と共に、発展してきたマーチャンダイジングの総合力。その結果として、日本は世界最大のクリエイティブ生産力を誇っている、と私たちは捉えています。日本のアニメーション100周年プロジェクトは、「アニメのチカラを世界へ」これまでにない規模で発信し、その未来を拓いてまいります。

公式サイト: http://anime100.jp/

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公開記念 ワードラリーイベント「横浜大世界&横浜博覧館ワードクエスト」 8/2(金)から期間限定開催! ~8/2(金)~9/15(日) 2つの館内を冒険してオリジナルグッズを手に入れよう~

横浜中華街の商業施設「横浜大世界」と「横浜博覧館」の2施設では、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の公開を記念した体験・冒険型ワードラリーイベント「横浜大世界&横浜博覧館ワードクエスト」を2019年8月2日(金)~9月15(日)に開催いたします。

※一部入場有料施設有。

 

【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】

累計の出荷・ダウンロード販売本数が7,800万本を突破している、国民的RPG「ドラゴンクエスト」シリーズ。シリーズ内で特に愛されている「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」のストーリーを原案に『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が遂に完成。映画だからこそ実現できた『ドラゴンクエスト』の新たな冒険の扉がこの夏スクリーンにやってきます。

 

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会

(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/

SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

【イベントについて】

「横浜大世界」2Fのアートリックミュージアム(※有料)チケット売り場で配布されるワードクエストのリーフレット台紙をゲットして冒険スタート。「アートリックミュージアム」内では、本映画のキャラクターと写真撮影ができるフォトスポットやパネル展も展示!

「横浜大世界」の館内4カ所、「横浜博覧館」の館内2カ所に散りばめられたワードを集めて、言葉を完成させよう!抽選で、映画ポスター(非売品)、マスコミ用パンフレット(非売品)、オリジナルマグカップ、巾着などをプレゼント。参加者全員がもらえるオリジナルステッカーの参加賞もご用意しています。

また、映画の原画を使用したパネル展も開催しており、映画キャラクターと一緒に写真を撮ることができるフォトスポットも設置します。

「横浜大世界」「横浜博覧館」の各店では、リーフレット台紙の提示で様々な特典も用意。詳しくは店頭でご確認ください。この夏は、ドラクエファン必見!東京・横浜エリアで唯一のワードラリーイベント開催の「横浜大世界」&「横浜博覧館」へ冒険に出かけよう!

 

■イベント名:横浜大世界&横浜博覧館ワードクエスト

■開催期間:2019年8月2日(金)~9月15日(日)

■ワードラリースタート受付時間:10:00~18:30

■台紙配布場所(スタート場所):横浜大世界2F「アートリックミュージアム」受付カウンター

 ※「アートリックミュージアム」への入館(※要入館料)が必要となります。

 ※リーフレット台紙が無くなり次第終了となる場合があります。

■アートリックミュージアム入館料:おとな 1,300円、中高生 1,000円、こども 600円(3歳以下無料)

■ワード設置場所:横浜大世界館内4カ所、横浜博覧館館内2カ所

■フォトスポット・パネル展:横浜大世界「アートリックミュージアム」4F

■抽選場所:横浜博覧館内

 

【中華街最大級の総合エンターテイメント施設「横浜大世界」】

本イベント「横浜大世界&横浜博覧館ワードラリー」のリーフレット台紙は、2Fの「アートリックミュージアム」受付カウンターで入場者の方へ配布(※入場有料となります)。4F~8Fでは、錯視錯覚アートで不思議な写真を撮影できる体験型スポット「アートリックミュージアム」があり、1Fにはタピオカドリンク専門店「Tapio-cha(台湾茶・タピオチャ)」が新登場。2Fのチョコレート専門店「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」にも、「タピオカモンスター」シリーズが新登場。1Fには横浜土産が揃う「横浜大世界マーケット」もあります。

各店では、アートリックミュージアム入場券の提示で割引が受けられる特典もご用意しております。

 

「横浜大世界」施設概要

■所在地 :神奈川県横浜市中区山下町97

■アクセス:元町・中華街駅3番出口より徒歩2分、石川町駅中華街口より徒歩10分

■TEL   :045-681-5588

■営業時間:フロア・曜日により異なる。

■アートリックミュージアム入館料:おとな 1,300円、中高生 1,000円、こども 600円(3歳以下無料)

■定休日 :年中無休

 

公式HP  : https://www.daska.jp/

Instagram : https://www.instagram.com/yokohamadaisekai/

Facebook : https://www.facebook.com/yokohamadaisekai/

Twitter   : https://twitter.com/YokohamaDASKA

 

【食とお土産のワンダーランド「横浜博覧館」】

見て楽しい、食べておいしい、買って大満足!世代を問わず楽しんでいただける空間です。

1Fには、中華街最大級のギフトショップ「横浜博覧館マーケット」があり、中華街ならではの商品や、異国情緒あふれる横浜土産などが揃っています。本格的な点心が気軽に楽しめる「本格食べ歩き中華 開華楼」もおススメ!2Fには、国民的おかしベビースターの製造過程見学やできたてを食べることが出来る日本で唯一の「ベビースターランド」があります。3Fは、足湯も楽しめる「ガーデンテラスカフェ」や中華街・近隣の観光スポットの情報をチェックできる「横浜博覧館観光情報コーナー」もご用意しております!

 

「横浜博覧館」施設概要

■所在地 :神奈川県横浜市中区山下町145番地

■アクセス:元町・中華街駅2番出口より徒歩5分、石川町駅中華街口より徒歩8分

■TEL   :045-640-0081

■営業時間:フロア・曜日により異なります

■定休日 :年中無休

 

公式HP  : https://www.hakurankan.jp/

Instagram : https://www.instagram.com/hakurankan/

Facebook : https://www.facebook.com/hakurankan/

Twitter   : https://twitter.com/hakurankan

「博物館で野外シネマ」9月20日、21日に開催! 2019年の上映作品は『この世界の片隅に』

東京国立博物館(所在地:東京都台東区)は、2019年9月20日(金)、21日(土)に、移動映画館キノ・イグルーと共催で『博物館で野外シネマ』を開催します。今年の上映作品は、こうの史代氏による原作を、片渕須直監督が映画化した『この世界の片隅に』(2016年)です。

平成26年(2014)に始まった『博物館で野外シネマ』は、東京国立博物館に「まだ行ったことがない」「なかなか行く機会がない」という方に、映画を見ながら博物館の雰囲気を味わっていただこうと企画しているイベントです。平成30年は9月22日に行い(21日は雨天中止)、約5,100人の来場がありました。

上映作品の『この世界の片隅に』は、こうの史代氏による原作を片渕須直監督が映画化し、いまも異例のロングラン上映が続く大ヒット作品。今年12月には、新規場面が追加された別バージョンの作品として『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開されることでも話題です。

本館前に設置されたスクリーンに投影される映画は、1,000席程度の座席のほか、芝生などにレジャーシートを敷いて鑑賞することもできます。当日は、22時までの特別夜間開館を実施し、映画鑑賞後も展示室をゆっくりとご観覧いただけます。会場内に並ぶバラエティーに富んだキッチンカーのクラフトビールやフードを片手に博物館で秋の夜長をお楽しみください。 

 

【開催概要】

日時  :9月20日(金)、21日(土)19:00~(上映時間:130分程度)

     ※当日は22:00まで特別夜間開館(入館は閉館の30分前まで)

上映作品:『この世界の片隅に』

      (2016年 監督:片渕須直、原作:こうの史代)

会場  :東京国立博物館(上野公園) 本館前

     ※雨天時は中止

      (中止時は、当日朝10:00までにTwitter[@TNM_PR]等で告知)

      https://twitter.com/tnm_pr

共催  :キノ・イグルー

料金  :無料(ただし当日の入館料が必要)

     総合文化展観覧券(入館料)はローソンチケットでも販売(Lコード:32431)

参加方法:事前の申込は不要です。当日会場にお集まりください。

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル) https://www.tnm.jp/

 

■東京国立博物館

1872年創立の日本でもっとも長い歴史を誇る博物館。収蔵する文化財は11万9,000件以上。日本から中国、朝鮮半島、西アジア・エジプトまでの地域を網羅し、土器や土偶などの考古遺物から浮世絵や刀剣、甲冑、近代絵画など、日本の美術史をたどることのできるコレクションです。

上映日当日、東洋館では「博物館でアジアの旅 ラブラブアジア」と題し、古代地中海世界から東アジア世界に至るまで、愛をテーマとしたさまざまな作品を展示する企画も実施しています。「愛」という言葉ほどたやすく使われながらも、その意味が深いものはないでしょう。愛は人間の根源的な感情であるがゆえに、愛の対象、性と愛、恋と愛など、その交わりのかたちもさまざまです。古今東西の人々が愛をどのようにとらえてきたのか、あるいは表現しようとしてきたのかを探ってみてはいかがでしょうか。

所在地:東京都台東区上野公園13-9

TEL  :03-5777-8600(ハローダイヤル) https://www.tnm.jp/

入館料:一般  620円

    大学生 410円(キャンパスメンバーズ加入校・対象学生は無料)

    ※高校生以下および満18歳未満、70歳以上の方、障がい者とその介護者各1名は無料。

 

■『この世界の片隅に』(2016年 監督:片渕須直、原作:こうの史代)

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。

良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。

見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。

配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。

そして、昭和20年の夏がやってくる――。

Machicoが歌う『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony」MV、シングル収録内容が公開!12月14日に初の生バンド演奏によるワンマンライブ開催決定&シングルに先行申込みシリアルも

Machicoが歌う『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony」のMusic Videoが公開されました。 

830日(金)より劇場公開が決定している『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』です。7/21配信された福島潤、雨宮天、高橋李依が出演したニコニコ生放送で本予告が公開されたばかりだが、この度Machicoが歌うテーマソング「1ミリ SymphonyMVのショートバージョンが日本コロムビアのYouTubeチャンネルにて公開されました。 

“このすば”の世界を彷彿とさせるようなロケ地で収録された鮮やかな映像と、映画のテーマソングならではの壮大な楽曲とをあわせて是非チェックして欲しいです。

 

Machico / 1ミリ Symphony (『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング)

https://www.youtube.com/watch?v=imMHwIsDrYc

 

さらに、828日(水)に発売されるシングルの収録内容も解禁。シングルには「1ミリ Symphony」のほか、カップリングにSchroeder-Headzの渡辺シュンスケ氏がアレンジする「1ミリ Symphony Ma-chill ver.」と、高橋久美子作詞、多保孝一作曲による「Do You Believe in Magic?」が収録されます。 

また、Machico1214日(土)にduo MUSIC EXCHANGEにて初の生バンド演奏によるワンマンライブ『Machico Live 2019Symphonic Session」』を開催することが決定です。828日(水)に発売されるシングルには、同ライブのチケット先行申込みシリアルも封入されるとのことです。 

引き続き、映画と共に音楽情報にも注目しましょう。

 

CD発売情報

828日(水)発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony

歌:Machico

【限定盤】COZC-15689 ¥1,800+税 【通常盤】COCC-17659 ¥1,300+

 

CD収録内容>

01. 1ミリ Symphony

 作詞:高橋久美子、多保孝一 作曲・編曲:多保孝一、UTA ホーンアレンジ:多保孝一

02. Do You Believe in Magic?

 作詞:高橋久美子 作曲:多保孝一 編曲:多保孝一、D&H

03. 1ミリ Symphony Ma-chill ver.

 作詞:高橋久美子、多保孝一 作曲:多保孝一、UTA 編曲:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz

04. 1ミリ Symphonyoff vocal ver.

05. Do You Believe in Magic?off vocal ver.

06. 1ミリ Symphony Ma-chill ver. off vocal ver.

 

DVD収録内容>

01 1ミリ Symphony MV

02 1ミリ Symphony MVメイキング映像

 

YouTube

1ミリ SymphonyMV Short Ver.

https://www.youtube.com/watch?v=imMHwIsDrYc

 

LIVE情報

Machico Live 2019Symphonic Session

 

日時:20191214日(土) 開場17:00/開演17:30

会場:duo MUSIC EXCHANGE

料金:5,800円(オールスタンディング・税込・整理番号有)

3歳以上有料(3歳未満入場不可)

※ドリンク代別途(アルコールの販売はございません)

※女子エリア有り

※参加規約有り

お問い合わせ先:ホットスタッフ・プロモーション TEL03-5720-9999(平日12:0018:00

 

<チケット販売概要>

Machicoオフィシャルファンクラブ「ZONA」会員先行】

受付期間:89日(金)12:00820日(火)23:59

 

CD封入先行】

対象商品:2019828日発売

『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』テーマソング「1ミリ Symphony

DVD付限定盤)COZC-15689 ¥1,800+税

(通常盤)COCC-17659 ¥1,300+税

受付期間:828日(水)12:00912日(木)23:59

 

〇チケットに関するお問い合わせ

イープラス:https://eplus.jp/qa/

TEL0570-06-9911(10:00-18:00)

 

Official Site

Machico Official Music Information Site

 https://columbia.jp/machico/ 

MachicoオフィシャルHP

 https://machi.co/

 

■『映画 この素晴らしい世界に祝福を!』2019830日 公開!

【アニメ公式HP

 http://konosuba.com/

【アニメ公式ツイッター】

 @konosubaanime

 

STAFF

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)

原作イラスト:三嶋くろね

監督:金崎貴臣

脚本:上江洲誠

キャラクターデザイン:菊田幸一

美術監督:三宅昌和

色彩設計:伊藤由紀子

撮影監督:廣瀬唯希

編集:木村佳史子(MADBOX

音響監督:岩浪美和

音楽:甲田雅人

アニメーション制作:J.C.STAFF

製作:映画このすば製作委員会

 

■「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」本予告第2弾公開中!

https://www.youtube.com/watch?v=Q4FQUMcYqiQ

 

2019 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

新海誠監督 最新作「天気の子」の一番くじが登場! 作品にピッタリな折りたたみ傘や、 場面写を使用したアクリルキーホルダーなど多数ラインアップ 「一番くじ 天気の子」 2019年8月13日(火)より順次発売予定

株式会社BANDAI SPIRITS(代表取締役社長:福田祐介、本社:東京都港区)は、コンビニエンスストアを中心に人気を博しているハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ」の最新作として、「一番くじ 天気の子」(1650円・税8%込)を、2019813日(火)より順次発売します。 

  

●「一番くじ 天気の子」とは

 719日(金)より劇場公開される新海誠監督の最新作映画「天気の子」を題材に、場面写を使用したビジュアルアイテムなどが登場する一番くじです。全5等級22種の中からいずれかが当たります。

 A賞には「晴れポスター」のビッグイラストボードが登場。大きなボードで美しいイラストを楽しむことができます。B賞には作品とリンクしたがテーマの折りたたみ傘が登場。雨の日に新海誠監督の世界観を感じることができます。C賞は場面写を使用したイラストボード。D賞は作品の世界観を落とし込んだグラス。E賞は場面写を使用したアクリルキーホルダーが登場です。

 取扱店は、ローソン、HMVなどです。(店舗によりお取り扱いのない場合や発売時期が異なる場合がございます。なくなり次第終了となります。)

 

●「天気の子」とは

 新海誠監督によるアニメーション映画作品で、前作「君の名は。」から3年ぶりの最新作となります。前作に引き続きRADWIMPSが音楽を担当しており、2019719日(金)に公開予定です。

 新作「天気の子」は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして 全世界へのメッセージとして描かれます。

 

「一番くじ 天気の子」ラインアップ

A賞:ビッグイラストボード(全1種)、A3サイズ

「晴れポスター」のA3サイズのイラストボードです。

  

B賞:折りたたみ傘(全1種)、直径約90cm

作品とリンクした雨がテーマの折りたたみ傘です。

  

C賞:イラストボード(全6種)、約22cm

場面写を使用したイラストボードです。全6種類から選ぶことができます。

  

D賞:グラス(全4種)、約8.5cm

「空ポスター」など、作品の世界観を落とし込んだグラスです。全4種類から選ぶことができます。

  

E賞:アクリルキーホルダー(全10種)、約11cm

場面写を使用したアクリルキーホルダーです。全10種類から選ぶことができます

  

ラストワン賞:ラストワンver.ビッグイラストボード、A3サイズ

「空ポスター」のA3サイズのイラストボードです。

  

(C)2019「天気の子」製作委員会

 

※プレスリリースの内容は2019712日現在のものであり、予告なく変更する場合があります。

※プレスリリースに掲載の商品画像は、実際の商品とは異なる場合があります。