映画『DQ ユアストーリー』予告篇解禁で、遂に物語の全貌が明らかに! 宿敵ゲマに立ち向かうリュカたちが描かれたポスターも完成!!

1986年に第1作が発売されて以来、現在シリーズ累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している日本を代表する国民的RPG「ドラゴンクエスト」です。現在までに、80を超えるシリーズ作品が発表されている中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”等、大河ドラマのような人生を体感できる作品として、発売から25年以上経った今でも特に愛され続けているのが「ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁」(1992年発売)です。 

そのストーリーを原案に、山崎貴が総監督・脚本を担当し、『ドラゴンクエストユア・ストーリー』として、ドラゴンクエストシリーズ初のフル3DCGアニメーション映画化することが先日発表となりました。

監督に八木竜一・花房真、原作・監修に“ドラゴンクエストの生みの親”堀井雄二、音楽にゲームの人気を支えてきたすぎやまこういちの楽曲を使用することも決定しました。主人公・リュカ役の佐藤健を始め、リュカを取り巻くキャラクターを演じる豪華ボイスキャストも解禁され、この夏一番の超大作として既に大きな話題となっております。

 

そしてこの度、最新の予告と本ポスターが解禁となりました!

魔物に攫われた母・マーサ(CV:賀来千香子)を探す旅に出た幼き頃のリュカとパパス(CV:山田孝之)。予告はリュカの目の前で最愛の父・パパスがゲマ(CV:吉田鋼太郎)により命を奪われる衝撃的なシーンからスタート。青年になり、パパスの意思を継いで魔界の門を封じるために“天空のつるぎ”と“勇者”を探す旅に出たリュカは2人の運命のヒロインであるビアンカ(CV:有村架純)・フローラ(CV:波瑠)と出会う。ゲマや三つ目のモンスター・ブオーン(CV:古田新太)とのバトルシーンは勿論、リュカが石化されるシーンなど、今までヴェールに包まれていたストーリーの片鱗が遂に明らかになります!! 

圧倒的なスケール感で描かれる『ドラゴンクエストユア・ストーリー』に是非ご期待ください! 

8 2 日(金)全国東宝系にてロードショー

 

イントロダクション

映画だからこそ実現できた『ドラゴンクエスト』 新たな冒険の扉がこの夏、開く―

累計の出荷・ダウンロード販売本数が7800万本を突破している国民的RPG「ドラゴンクエスト」シリーズの中で、“親子三代にわたって魔王を倒す”“結婚相手を選ぶ”など大河ドラマのような人生を体感できる作品として特に愛されている「ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁」。そのストーリーを原案に、VFXの第一人者である山崎貴が総監督・脚本を手掛けた「ドラゴンクエスト」シリーズ初の3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエストユア・ストーリー』が遂に完成!

原作・監修を「ドラゴンクエスト」の生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二。音楽をゲーム音楽の領域を超えて愛される名曲を紡ぎだす作曲家・すぎやまこういち。監督は『STAND BY ME ドラえもん』を製作した八木竜一と花房真という日本最高峰のスタッフが集結。

そして主人公のリュカ役に佐藤健、リュカの幼馴染ビアンカ役に有村架純、大富豪の娘フローラ役に波瑠、わがままな王子ヘンリーに坂口健太郎、リュカの父パパス役に山田孝之といった日本を代表する超豪華俳優陣が声の演技で作品に魂を吹き込みます。

映画だからこそ実現した「ドラゴンクエスト」の新たな物語が、この夏スクリーンにやってくる!!

 

ストーリー

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。

立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。

果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

伝説の物語が、こんどは世界を変える。

予告編映像(90秒)

【映画公式サイト】https://dq-movie.com/

【リンクURLhttps://youtu.be/eceWg3BlHP4

 

制作概要

原作・監修:堀井雄二

音 楽 :すぎやまこういち

総監督・脚本:山崎貴

監 督 :八木竜一花房真

キャスト:佐藤健

     有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之

     ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ

     山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎

製 作 :2019DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会

配 給 :東宝

公式 HP  https://dq-movie.com/

公式Twitterアカウント:@DQ_MOVIE

©2019DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会

©1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

 

「ドラゴンクエスト」シリーズとは

「ドラゴンクエスト」シリーズは、プレイヤー自身が主人公となり、世界を脅かす魔王を倒すために壮大な冒険物語を紐解いていくという、日本を代表するロールプレイングゲーム(RPG)です。

「ドラゴンクエスト」シリーズは、1986年に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『ドラゴンクエスト』から、2017年に発売された『ドラゴンクエストXI』まで、一貫した王道のRPGの世界観を守っていく一方で、3Dマップの採用、ワイヤレス通信を使った「すれちがい機能」の搭載、オンライン対応、クラウドプレイの対応など、それぞれのタイトルで時代に即した技術を用いた新しい遊びの創造に挑戦をしているタイトルでもあります。

また、IXIの他にも、モンスターの育成・対戦要素に特化した「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズ、リアルな表現でキャラクター達を自在に操るアクションRPGである「ドラゴンクエストヒーローズ」シリーズなど、80を超えるタイトルが発売され、全世界でシリーズ累計7800万本以上の出荷・ダウンロード販売を達成しています。

 

原作・監修堀井雄二(ほりいゆうじ)プロフィール

1954年兵庫県生まれ。ゲームデザイナー。

早稲田大学第一文学部を卒業後、雑誌、新聞などのフリーライターを経て、1982年、エニックス(現スクウェア・エニックス)主催の「ゲームプログラミングコンテスト」入賞をきっかけにゲームデザイナーへの道を歩みはじめる。1986年、シリーズ第1作目となる『ドラゴンクエスト』を発表。その3作目となる『ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…』は、さまざまな社会現象を引き起こすほどの大ヒットとなり、以後、つねにゲーム業界の第一線で活躍している。なお「ドラゴンクエスト」シリーズは、これまで全世界で累計7800万本以上売り上げている。

主な作品:「ドラゴンクエスト」シリーズ、「ポートピア連続殺人事件」、「いただきストリート」シリーズなど。

 

音楽すぎやまこういちプロフィール

1931年、東京都生まれ。作曲家。

大学卒業後、文化放送を経て1958年、開局1年前にフジテレビ入社。ディレクターとして「ザ・ヒットパレード」などの番組を手がける傍ら作曲家としての活動も始めた。

「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、器楽曲、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチなど幅広いジャンルの音楽を手がけている。現在は、「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽をすべて担当している。

 

総監督・脚本山崎貴(やまざきたかし)プロフィール

1964612日生まれ、長野県出身。

2000年『ジュブナイル』で映画監督デビュー。CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者。

2005年には『ALWAYS 三丁目の夕日』が第29回日本アカデミー賞において計12部門で最優秀賞を受賞し、後にシリーズ化されるなど大ヒットを記録。

その後も『SPACE BATTLESHIPヤマト』(10)、『STAND BY ME ドラえもん』(14/八木竜一と共同監督)など、多くの大作・話題作を手掛け、中でも『永遠の0』(13)は、2014年年間邦画興行収入No.1のメガヒットとなった。

今や日本を代表する映画監督の1人として、大きな注目を集めている。

公開待機作に『アルキメデスの大戦』(7/26公開)がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。