劇場版アニメ・シリーズ第21弾 『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』 4月15日(土)より全国東宝系ロードショー! ~スペシャルゲストには宮川大輔、吉岡里帆が登場!~

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区、代表取締役社長:鈴木義治、以下 トムス)は、株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)、讀賣テレビ放送株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:伝川幹)、日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保好男)、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役:都築伸一郎)、東宝株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島谷能成)と共同で、青山剛昌原作「名探偵コナン」劇場版長編アニメーション第21作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を製作、2017年4月15日(土)より東宝系にて全国ロードショーいたします。

◆「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」公式サイト◆
http://www.conan-movie.jp

 

第21弾目となる本作は、大阪・京都を舞台に繰り広げられる紅に染まる巡恋(チェインドラブ)ミステリーです。スペシャルゲストには、お笑いタレントの宮川大輔さんと今注目の女優・吉岡里帆さんが初参加です。さらにTVシリーズ、劇場版合わせて21曲目のコラボレーションとなる倉木麻衣さんが主題歌「渡月橋~君 想ふ~」で、作品の世界観を彩ります。

 

■ストーリー
日売テレビで、爆破事件が発生!その時百人一首を牽引する「皐月会」が開催する会見が行われており、大パニックに!崩壊していくビルの中、西の名探偵・服部平次とその幼馴染・遠山和葉だけが取り残されるが、間一髪の所でコナンによって無事救出される。まるでテロのような事件、しかし犯人の目的もわからない不可解な状況に違和感を禁じ得ないコナンと平次。

爆破騒動の中、コナンは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。その名は、大岡紅葉。紅葉はなんと競技かるたの高校生チャンピオンだった。ひょんなことから、和葉はそんな紅葉に平次を懸けた勝負を百人一首で挑むこととなり、実力者である平次の母親・静華を師に、特訓する日々が始まった。

時を同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される事件が発生。その時、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。そして意味深に数多のかるた札が被害者の周りに散らばっていた。果たして紅葉と事件の関係とは?

コナンと平次は大阪府警・京都府警とともに、2つの事件に関係する皐月会の捜査を始める。やがて、次々と捜査線上に浮かび上がる謎の存在。紐解いていくと、そこには“百人一首にまつわる共通点”が隠されていた――。大阪と京都、2つの事件が1つに繋がる時、仕掛けられた運命の歯車が加速し始める!

脚本には劇場版初参加となる推理小説家・大倉崇裕氏を迎え、スタッフ&キャストは監督・静野孔文氏、音楽・大野克夫氏、主人公 江戸川コナン役に高山みなみさん、毛利蘭役に山崎和佳奈さん、毛利小五郎役に小山力也さん、服部平次役に堀川りょうさん、遠山和葉役に宮村優子さんなど、不動のメンバーが集結しました。

トムスは製作委員会の一員として、第21作目にふさわしい劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」のお客様満足度向上とブランディングに注力してまいります。

 

(c)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。