角川文庫 新刊のご案内 糸井重里氏絶賛! カワイイ文化の世界的発信者、衝撃の青春エッセイ 家系図カッター 増田セバスチャン

この本に書かれていることはたのしくも、うれしくもない。だけど、読んでよかったと思わせてくれる。

――糸井重里 氏

 

料理もせず子育てに無関心の母。秘密裏に離婚届を出し愛人と出来ちゃった再婚をした父。常に情緒不安定な妹。

そんな壮絶な家庭に育ち荒れていた青年の心は、寺山修司との出会いで一変する。演劇の世界に身を投じた彼は、“自分の表現”の実現を目指し原宿に小さな店を開く。それが世界に衝撃を与える一歩とも知らずに……。

いまやカワイイ文化の発信者、アーティストとして世界的活躍を続ける著者が、どん底から光を見つけていく青春時代。成功前夜の衝撃エッセイです。

 

[目次]

第1章 生まれてきた理由/ 第2章 ハンパ者、家を出る/ 第3章 バブル崩壊・家庭崩壊/ 第4章 6%DOKIDOKI/ 第5章 連綿・連鎖・煉獄/ 第6章 砂漠/ 第7章 緊急病棟・フルーツ牛乳/ 第8章 滞在許可証/ 終章 営団地下鉄千代田線「代々木上原」行き/文庫版あとがき

 

■著者プロフィール

増田 セバスチャン (マスダ セバスチャン) 

アートディレクター/アーティスト。1970年生まれ。演劇・現代美術の世界で活動した後、95年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアーを開催。11年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術で世界的に注目され、その後は広告や商品のアートワーク、映画監督、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど多岐にわたって活動。14年にニューヨークでの個展開催を機にアーティスト活動を開始。20年に向けたアートプロジェクト「TIME  ATER TIME CAPSULE」展開中。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。