『魔法の天使クリィミーマミ』の声優と主題歌を担当していた太田貴子がパーソナリティを担当中、「太田貴子のドキドキ倶楽部」。ゲストに第29代OPBFウェルター級チャンピオン、第26代OPBFスーパーウェルター級チャンピオンなど二階級制覇チャンピオンのボクサーの飛天かずひこさんが登場。選手時代の暴露トークが炸裂!!ダイエットの秘訣も伝授!!

ニコニコ生放送「たつみTV」公式チャンネルにて、毎月第三木曜日の20時より放送中「太田貴子のドキドキ倶楽部」です。メインパーソナリティを、『魔法の天使クリィミーマミ』の声優と主題歌を担当していた太田貴子さんと『キャプテン翼J』の主題歌「Fighting!」や『ニャニがニャンだーニャンダーかめん』の音楽監督を始め多彩な面で活躍する音楽プロデューサーの宮路一昭さんが担当してます。アシスタントに斎藤嵩広さんが参加してます。9月17日(木)放送回のゲストには、第29代OPBFウェルター級チャンピオン、第26代OPBFスーパーウェルター級チャンピオンなど二階級制覇チャンピオンのボクサーの飛天かずひこさんが登場しました。

『貴子の、教えて、あ・げ・る!!』のコーナーでは、視聴者から「安保法案についてどう思いますか?!」の質問があり。太田貴子さんは「そういうのよくわかんないんで」と。「好きなお寿司は??」の質問に「貝類が好き」と即答しました。その辺に、太田貴子さんの人間性が滲み出ていました。「恐い夢を観たことは?」の質問に対しては、「恐いビデオを観た映像が夢の中に出てきてトイレに行けなかった」「金縛りになったときに意識があることが恐い。それってお化けがいるの??」とトーク。太田貴子さん、霊感はまったくないそうです。むしろ怖がりな性格ゆえに、そのほうが幸せでしょうからね。「美肌の秘訣は??」には、「サウナに行くこと」と即答。「1回10分くらいは入ってを何回か繰り返しながら1時間は過ごしてる」そうです。

ここで、8月に行った「TONE’S NIGHT」のときに演奏した楽曲『笑顔の未来』のライブ音源を流してくれました。「笑顔の足りない人たちへ向け、笑顔になれたら」という想いも込め、太田貴子さんが作詞を担当。宮路一昭さんの手によるウキウキ弾んだこの楽曲、何時か日の目を見て欲しいですよねとのことです。

リスナーの方が送ってくれたお酒を紹介する『生CMコーナー』では、焼酎の種子島「南泉」、純米大吟醸「越乃雪月花」、ラベルを濡らすと胸が透けて見える「とろとろRAM酒」を紹介しました。さらに”萌升”まで用意し、すべて視聴者の方からのプレゼントで、みなさん、なんてパーソナリティ想いの太っ腹な方々なんでしょう。

この日も、何時ものようにみなさん酔っぱらいながら…と思いきや,なんと太田貴子さん、翌日が人間ドッグ入りで呑めず…。ということで、この日は男性陣2人が飲酒しました。太田貴子さん、呑んでる2人の姿を羨ましそうに眺めていました。視聴者からは、「太田貴子さん、顔の変わりに服が赤い」というコメントも。お酒の贈答者の方から、9月27日にベルサール秋葉原で「萌酒サミット」が開催になることも報告。番組でも紹介していました。ぜひ、お酒好きな方は足を運んでみては如何でしょうか??。太田貴子さんは、 9月22日にLIVE HALL AUBE Shibuyaで開催になるイベントVENUS PROJECT LIVE「Challenge to The Legends vol.2」へ出演することも報告してくれました。

『ゲストコーナー』に登場したのが、第26代OPBFスーパーウェルター級チャンピオンなど二階級制覇チャンピオンのボクサーの飛天かずひこさんです。太田貴子さんとは異種格闘技なトークバトルが繰り広げられてゆく?!。太田貴子さん、飛天かずひこさんが自己紹介する前にいろいろとフライングで質問。さすがです。

飛天かずひこさんは18年間ボクサーとして活躍し。これまでに、2つの東洋チャンピオンのベルトを獲得した方です。しかも宮路一昭さんとは同郷どころか、同じ高校の先輩後輩の関係とのことです。

まずは、収録した翌日となる9月18日が誕生という飛天かずひこさんのために、差し入れのあったお酒で乾杯しました。飛天かずひこさんは2階級を制覇したチャンピオンです。「いやー、2階級制覇なんてぜんぜん大変じゃないですよ」と謙遜しつつパーソナリティのつっこみを待つが、誰もしてくれず…。まぁ、そこがこの番組のおっとりとした良さです。

「僕が17歳でボクシングを始めたときはライト級でものすごく細かった、ガリガリでした」と告白し。太田貴子さん、飛天かずひこさんの身体を触り、その筋肉質に嬉しい驚きを見せていました。

ここでボクシング漫画の話へ。宮路一昭さんも飛天かずひこさんも「あしたのジョー」に影響を受けた方です。学生時代は、国体に行くほどサッカーへ夢中になっていた飛天かずひこさんです。プロへの声もかかっていた実力者なのに、「個人競技が自分に合っている」と思いプロボクサーになろうと、高校2年の秋にプロボクサーへ。きっかけは、高校の対面にプロのボクシングジムがあったことから、そこへ興味本位で体験入部し、そのとき選手にボコボコにされ、それまでの自信が一気に崩れ落ち、そこからボクシングにのめり込んだそうです。

チャンピオンになってからが、飛天かずひこさんの波瀾の人生の幕開けに。二度チャンピオンベルトを防衛するが、チャンピオンから陥落し、身体へ後遺症の残る怪我を負ってしまったのです。だが、軌跡の復活劇を果たし、階級を変え、ふたたびチャンピオンの座。飛天かずひこさん、チャンピオンを獲得した選手からチャンピオンの座を奪われることも二度経験。さらに飛天かずひこさん、事務所の契約問題で3年間選手活動が出来ないブランクの人生。つまり、飼い殺しの人生を歩んだ経験も…。移籍に際して、当時の所属事務所から1500万円を要求されたとのこと。その後、裁判で交渉し、移籍金額を下げ、ようやく復帰。なんとも波瀾続きの人生とのことです。

飛天かずひこで検索すると、派手なパフォーマンスでの入場シーンを映像で見れるそうです。39戦32勝23KO7負、飛天かずひこさんいわく「7回も負けたんですよ」と発言。それだけの自信家ということです。

「チャンピオンになると儲かるのか?!」話では、「ジムによって違う」そうです。大きくて有名なジムのほうが儲かるらしいです。視聴者からの「将来、ジムは開く?」の質問に対して、じつは引退後の新しい人生の歩みとして、「来年初旬までに、とある場所でダイエット&ストレス解消専門のボクシングジム」を開設するそうです。「有酸素運動を踏まえた運動で確実に痩せさせます」と宣言。しかも、何処かの「痩せますジム」よりも安価で経営するそうです。「縄跳びはダイエットするのにピッタリなアイテム」と推薦。とくに女性の方には最適。あとは具体的な店舗さえ中央区に決まればジムをスタート。正式にオープンしたときは、ぜひ入会し、健康的に痩せてみては如何ですか!?

ちなみにサウナで効率的に痩せるには、「ジワーッと汗を掻いて水風呂に入るのを4〜5回繰り返す」こと。そうすると乳酸値がガクッと下がるそうです。

最後に、飛天かずひこさんがシャドーボクシングも披露。ボクシングファンには、たまらなく嬉しい放送になりました。ちなみに飛天かずひこさん、バツイチでフリーだそうです、立候補する方は…ご自由に(笑)。

 

次回の「太田貴子のドキドキ倶楽部」の放送は、10月15日(木)20時より。誰がゲストで登場するのかも、楽しみにしていてください。

宮路一昭さんも出演している「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」。

次回の放送は10月1日21時(http://live.nicovideo.jp/watch/lv236366173)より。

ゲストには、「『機動武闘伝Gガンダム』のテーマ曲を歌った鵜島仁文さんが登場。こちらもご覧になってください。

 

たつみTV

http://ch.nicovideo.jp/tatsumi-TV

太田貴子

http://ameblo.jp/ohta-takako

宮路一昭

http://blog.excite.co.jp/kazmiyaji/

斎藤嵩広

https://twitter.com/rsbfted

 

飛天かずひこ

http://www.kazooh.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。