「いないいないばあっ!」祝放送20周年!歴代の女の子やキャラクターが勢ぞろいの豪華キャストによるスペシャルDVDが発売決定!

NHK Eテレで毎週月曜から金曜に放送されている人気番組「いないいないばあっ!」です。

今年は放送開始から20年の節目の年となり、歴代の女の子やキャラクターの映像、歴代の体操や歌い継がれている人気のうたを収録した、DVDの発売が決定しました。

1996年4月1日に放送開始した同番組は人気キャラクターの「ワンワン」と歴代の女の子(現在6代目女の子 ゆきちゃん)と様々なキャラクターたちが繰り広げる、うたや体操、ダンスが子どもたちに評判となり20年経った今も人気番組として放送されています。

また今回のDVDには特典として新しく撮影されたシーンも多く収録される事になっており、今後特設サイト等で情報をアップしていく予定となります。

 

【DVD詳細】

■『NHK いないいないばあっ!20周年スペシャル』

2016年10月26日発売 COBC‐6915 ¥3200円+税 

 

【番組情報】

NHK Eテレ(教育)月~金曜日 午前 8時25分~8時40分(15分)

    再放送         月~金曜日 午後 4時15分~4時30分(15分)

 

【HP】

http://columbia.jp/inaiinai20/

 

企画・制作:NHKエデュケーショナル  発行:NHKエンタープライズ

販売元:日本コロムビア株式会社

 

【著作権】

(c)NHK・NHKエデュケーショナル

nowisee(ノイズ) 1st Album『掌の戦争』を8月10日にリリースすることを発表。 新曲『オルタナティブ・ラヴ』ミュージックビデオを公開。

「音楽」「映像」「ノベル」「コミック」を自身の公式スマートフォンアプリから発信している謎の6人組ユニットnowisee(ノイズ)が、SNSやYouTubeコメント欄などから寄せられる多数のCD化の要望に応えるかたちで、8月10日に1st Album『掌の戦争』をキングレコードからリリースすると発表しました。

CDには昨年8月8日に公開された『バイブレーション』から今年7月8日に公開となった『会いたい』まで、毎月8日に公開されてきた全12曲をコンパイルされてます。アルバムはCDのみの<通常盤>と、CD+Blu-rayの<初回限定盤>の2形態でリリースされます。特に<初回限定盤>はCDに未発表音源2曲をボーナス・トラックとして追加収録、MVを収録したBlu-rayディスクも同梱されるほか、豪華別冊「nowisee ガイドブック(仮)」などの特典も盛りだくさんの内容になっています。

また、新曲『オルタナティブ・ラヴ』のミュージックビデオも公開されました。今作は架空の近未来の音ゲーをモチーフとしたことから、nowiseeとして初めてのタテ型タイプMVを制作しました。フルバージョンはnowisee公式スマートフォンアプリの「GOLD」「SILVER」プランで、ショートバージョンはアプリ「BLUE」プランもしくはnowiseeの公式YouTubeチャンネルで観ることができます。気になった人はまずYouTubeでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

■nowisee『オルタナティブ・ラヴ』#11/24 (ショートバージョン) タテ型

https://youtu.be/urtmL1toE9g

さらに、オフィシャルサイトでは間もなく発売されるnowiseeオリジナルグッズの詳細も発表です。徐々に広がりを見せているnowiseeから更に目が離せないです。

 

Minimum Root (from nowisee)からのメッセージ

毎月1作品、24ヶ月連続リリース中のnowiseeですが、早いものでもう折り返しのタイミングを迎えます。僕らは普段、『掌の中に広がる世界』をテーマにアプリで活動しています。そんな中、CD化の要望を数多く頂いているというお話を聞き、今回キングレコードさんからCD,Blu-Ray化が実現しました。

この作品では大画面でご覧になれる12曲の高画質MVと、未公開音源2曲を含む高音質音源が入ってます。

今回のCD化の為に、アメリカ、ニューヨークのマスタリングスタジオであるSterlingSoundのTomCoyneにアルバム用のマスタリングを依頼し、滞在1日という強行スケジュールで渡米、立会ってきました。近年Tomが受ける立会いマスタリングは、世界で1年あたり3組ほどと聞いてる中で、受けてくれたことはとても幸運でした。

そんな強運も味方につけて、僕らが徹底的にこだわりぬいた作品を限りなくそのまま収録しています。是非体感してみてください!

by Minimum Root (from nowisee)

 

 

■nowisee 1st Album『掌の戦争』 2016.8.10(水)リリース

【初回限定盤】CD+Blu-ray

KICS-93402 ¥4,630+税

 [CD](全14 曲)

  1. バイブレーション
  2. ハードボイルド
  3. bluemoon
  4. 孤犬
  5. プラタナス
  6. ナノ
  7. confusion
  8. 完全性世界に宿る死角
  9. 美学
  10. VIEWER
  11. オルタナティブ・ラヴ
  12. 会いたい

Bonus Track(初回限定盤のみ収録)

  1. Lux Fugio
  2. goodnight

 

[Blu-ray](Music Video全12 曲)

・バイブレーション

・ハードボイルド

・bluemoon

・孤犬

・プラタナス

・ナノ

・confusion

・完全性世界に宿る死角

・美学

・VIEWER

・オルタナティブ・ラヴ

・会いたい

 

[特典]

・nowisee アプリ連動特典(仮)封入

・透明ケース特殊仕様(仮)

・豪華別冊「nowisee ガイドブック(仮)」付き

・タイムカプセルポストカード(仮)封入

 

【通常盤】CD Only

KICS-3403  ¥2,778+税

[CD](全12 曲)

  1. バイブレーション
  2. ハードボイルド
  3. bluemoon
  4. 孤犬
  5. プラタナス
  6. ナノ
  7. confusion
  8. 完全性世界に宿る死角
  9. 美学
  10. VIEWER
  11. オルタナティブ・ラヴ
  12. 会いたい

[特典]

・nowisee アプリ連動特典(仮)封入

※M-1〜12 は共通楽曲となります。

※収録内容・仕様等は変更になる場合がございます。

 

nowisee

nowisee(ノイズ)とはStrange Octave(Vocal)、Minimum Root(Guitar)、Add Fat(Guitar)、Turtle 7th(Piano)、Chotto Unison(Bass)、残酷 tone(Artwork)からなる永遠に正体を明かさない6人組ユニットで、音楽を中心に映像、ノベル、コミックが一体となったクロスコンテンツ『nowisee』を制作している。彼らは各パートにおけるプロフェッショナルの集団であり、個々に携わってきたCDの売上枚数は1,500万枚を超える実績を持つ。2015年8月8日8時8分8秒、インターネットに最初の作品を公開し拡散が始まり、同年10月8日にスマートフォンアプリを1つの作品集と定めた世界で初めての「アプリアルバム」をApp StoreとGoogle Playで配信開始。以降、全てのコンテンツをこのアプリから発信している。2016年5月現在、アプリのダウンロード数は50,000を突破、App Storeエンタメランキングでは5位にランクインするなど、いまネットシーンを席巻している話題のユニット。

 

【オフィシャルサイト】http://www.nowisee.jp

【nowisee公式アプリ – App Store】https://goo.gl/Iy0GcC

【nowisee公式アプリ – Google Play】https://goo.gl/0hBSYl

思わず、コーヒーが飲みたくなる究極の音「WONDER SOUND」がラジオから聴こえる。 5月17日(火)からニッポン放送・MBSラジオでWONDA 極 BLACK presents「WONDER SOUND」オンエア 

ニッポン放送で5月17日(火)からオンエアされたラジオCMでおもしろい試みが展開されました。
これは、アサヒ飲料から5月10日に発売された老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修のボトル缶コーヒー『ワンダ 極(きわみ) ブラック』の発売に合わせて、思わずコーヒーを飲みたくなる究極の音「WONDER SOUND」を“音のプロ”が集結して制作しました。音に隠された仕掛けの“種明かし”動画も特設サイトでUPされています。

 

普段聴いているラジオから流れるラジオCM。テレビ、新聞、雑誌、WEBCMと大きく異なる点は“音”だけで伝えるという事です。ラジオCMのみならず、ラジオの番組制作スタッフは常日頃“音だけで伝える”事と向き合っています。

今回、アサヒ飲料から5月10日に発売された老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修のボトル缶コーヒー『ワンダ 極 ブラック』の発売に合わせて、思わずコーヒーを飲みたくなる究極の音「WONDER SOUND」制作するための「WONDER SOUND PROJECT」が立ち上がり、“音のプロ”が集結して『ワンダ 極 ブラック』の60秒のラジオCMを制作しました。

おいしいコーヒーが注がれるまでの一連の流れを“音”だけを駆使して表現している60秒のラジオCMです。聴いているだけで、頭の中には落ち着いた雰囲気の喫茶店で、最高のコーヒーがドリップされる映像を思い浮かべる事ができるだろう。

しかし、今回の「WONDER SOUND PROJECT」はここで終わることなく、さらなる企画に挑戦しています。

それは、60秒のラジオCMの“音”を『口で効果音をつくる音の魔術師』と呼ばれ、数多くのアニメ、映画の音響効果を担当する笠松広司氏がボイスエフェクトで再現したバージョンの制作に挑戦しました。
ラジオCMでは、2つのバージョンがオンエアされる他、特設サイト(http://www.1242.com/radio/wonda/)のWEB限定ムービーでは、笠松広司氏のボイスエフェクトがどのように表現・発音されているのか?「音の秘密」を知ることができます。

 

≪企画タイトル≫ WONDA 極 BLACK presents「WONDER SOUND PROJECT」
≪オンエア日≫ 2016年5月17日(火)~
≪放送局≫ ニッポン放送(関東ローカル)/MBSラジオ(関西ローカル)
≪特設サイト≫ http://www.1242.com/radio/wonda/

【笠松広司(かさまつ こうじ)プロフィール】
デジタルサーカス代表。TV・映画・ラジオ・DVDなどの音響効果の仕事を手掛ける一方、
音楽のプロデュースや人気バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(CX系)の効果を手がけるなど、その活躍の場は広い。
代表作品は、「ゲド戦記」「ブレイブ ストーリー」「崖の上のポニョ」「借りぐらしのアリエッティ」「風立ちぬ」等、話題の作品を多数手がけている。

【笠松広司氏 本人コメント】
コーヒーを淹れる音は、普段無意識で聞いて刷り込まれている音なので、そういう意味でも(効果音作成にあたって)ハードルは高かったと思います。週末車を運転しながらカーラジオから流れてくるこのCMをお父さんと子供が聴いたときに「人間の口でやってるんだね!」と驚くというよりは「僕もできるよ、パパ!」といったように、聴いた人同士で盛り上がってもらえたらうれしいですね。(幸か不幸か)ラジオCMを聴いて、ムービーを見てしまった方は、このおじさんが(効果音を)やってたんだ、という先入観なしで『ワンダ 極 ブラック』を飲んでください(笑)

定額制聴き放題アプリ「KKBOX」 “ザ・ビートルズラバー”なアーティスト50人が選ぶ 『武道館でもう一度聴きたいビートルズ』 音声コメント付プレイリスト配信開始

5月3日(祝)、ザ・ビートルズの来日50周年を記念し、アジア最大の定額制音楽サービス「KKBOX」と音楽専門ラジオ局The Real Music Station 「InterFM897」がタッグを組んだラジオ番組『KKBOX Here comes THE BEATLES』が7時間にわたりオンエアされました。
KKBOXでは番組と完全連動したオリジナルコンテンツとして、出演アーティスト50人が選ぶ音声コメント付プレイリスト『武道館でもう一度聴きたいビートルズ』を一挙公開いたしました。

 

番組には浦沢直樹さん/奥田民生さん/ピーター・バラカンさんなどザ・ビートルズを愛する著名人から、藤沢さくらさん/ROY(THE BAWDIES)さん/Chayさん/Mappyさんなど世代やジャンルを超えた50名のアーティストやクリエーターが登場です。さらに、和田唱さん、Reiさん、戸渡陽太さん、1966カルテット、GLIM SPANKYがビートルズカバー曲を生ライブで披露し、大きな反響を呼びました。

 

今回公開したプレイリスト50編は、1966年に行われたザ・ビートルズの日本武道館公演で演奏されたのが11曲であることにちなみ『ザ・ビートルズがもう一度日本武道館公演をしてくれたら聴きたい11曲』をテ−マに、番組に出演したアーティストが選曲した夢のセットリストです。すべてのプレイリストには各出演者のコメントを音声ノーカットで収録されており、50名のアーティストやクリエーターからの想いを聴いたうえでザ・ビートルズの楽曲を堪能できるという新しい音楽体験を体感できる内容になっています。 「KKBOX Here comes THE BEATLES」を聴いた方はもちろん、当日の放送を聴き逃した方や聴取エリア以外の方にも楽しめる内容になっています。是非プレイリストを通じてザ・ビートルズの素晴らしさを改めて発見してみてください。
また、さらに、番組リスナーからのリクエストによる11曲のプレイリストも合わせて公開となりましたのでこちらもお楽しみください。
KKBOXでは、弊社の機能及びサービス、さらには異業種とコラボレーションしたプロジェクトなどを通じ、時代を超え世界中の魅力溢れる楽曲との出会い・新たな音楽体験を提供致します。
今後もKKBOXは、お客様のさらなる利便性と音楽生活の充実を追求し、サービスの強化に努めてまいります。

 

【公開プレイリスト】

https://www.kkbox.com/jp/ja/playlists/folder/421

あいみょん/赤坂泰彦/生形真一(Nothing‘s Carved In Stone)/伊豆田洋之/市川紗椰/井手大介/1966カルテット/浦沢直樹/大谷ノブ彦(ダイノジ)/大森南朋/オカモトコウキ(OKAMOTO’S)/奥田民生/KAN/倉林敦夫(株式会社テレビ朝日)/倉本美津留/GLIM SPANKY/後藤淳平(ジャルジャル)/小堀裕之(2丁拳銃)/佐々木亮介(a flood of circle)/佐藤竹善/佐野元春/サンコンJr.(ウルフルズ)/鹿野淳/George Williams/菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)/園子温/高嶋弘之/高樹千佳子/chay/戸渡陽太/中村一義/HAPPY/林野宏(株式会社クレディセゾン)/ピーターバラカン/平田ぱんだ(THE BOHEMIANS)/藤原さくら/星加ルミ子/牧達弥(go!go!vanillas)/MAPPY/真鍋吉明(the pillows)/光村龍哉(NICO Touches the Walls)/森川欣信(株式会社オフィスオーガスタ)/森高千里/山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/山村隆太(flumpool)/湯川れい子/LOVE PSYCHEDELICO /ROY(THE BAWDIES)/Rei/和田唱(TRICERATOPS)

 

【リスナーが選ぶ11曲のザ・ビートルズ】

 http://kkbox.fm/vK1PgT

 

※全てのプレイリストはKKBOXのアプリを通じてお楽しみいただけます。

 Http://kkbox.com

 

■KKBOX Here comes THE BEATLES 特設サイト

http://www.beatles897.com/

オフィシャルtwitterアカウント: @beatles_897 (https://twitter.com/beatles_897)

番組ハッシュタグ: #ビートルズ再来

【会社概要】

◎KKBOX Japan 合同会社

設立:2013年6月

代表:八木達雄

事業内容:定額制音楽配信サービス「KKBOX」(http://www.kkbox.com/)の運営

 

■KKBOXとは

「KKBOX」は、日本をはじめアジア6カ国で展開するアジア最大の定額制音楽配信サービスです。2013年6月の日本でのサービスローンチ以降500以上のレーベルが参加し、マルチデバイスで洋楽・邦楽ともに多彩なジャンルの楽曲を聴き放題でお楽しみ頂けます。また、4,000曲をキャッシュ(一時保存)できるので通信環境を気にすることなく楽曲再生が可能です。さらに、ユーザーから投稿された歌詞が楽曲に合わせて動く「動く歌詞」サービスもご好評いただいております。加えて、離れたユーザー同士でリアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しむことができる「Listen with(一緒に聴く)」といったソーシャルコミュニケーション機能も注目されており、現在、1ヶ月無料でご利用頂けます。

 

■KKBOX公式サイト http://www.kkbox.com

App store  https://itunes.apple.com/app/kkbox/id300915900?mt=8

Google play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.skysoft.kkbox.android

DownloadforDesktop https://www.kkbox.com/jp/ja/what-is-kkbox/supported-platforms.shtml

※アクセスする端末により、自動的にApp Store、Google Playのアプリダウンロード画面にリンクします。

 

◎InterFM897

【周波数】 89.7MHz

【所在地】 〒140-0002 東京都品川区東品川1丁目3-3 テレビ東京天王洲スタジオ7階

【電話番号】 TEL 03(5781)7610

【放送区域】東京都23区および横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市を含む首都圏地域

【放送区域内聴取可能人口】 日本人約3,700万人 / 外国人約50万人

 

角川文庫 新刊のご案内 糸井重里氏絶賛! カワイイ文化の世界的発信者、衝撃の青春エッセイ 家系図カッター 増田セバスチャン

この本に書かれていることはたのしくも、うれしくもない。だけど、読んでよかったと思わせてくれる。

――糸井重里 氏

 

料理もせず子育てに無関心の母。秘密裏に離婚届を出し愛人と出来ちゃった再婚をした父。常に情緒不安定な妹。

そんな壮絶な家庭に育ち荒れていた青年の心は、寺山修司との出会いで一変する。演劇の世界に身を投じた彼は、“自分の表現”の実現を目指し原宿に小さな店を開く。それが世界に衝撃を与える一歩とも知らずに……。

いまやカワイイ文化の発信者、アーティストとして世界的活躍を続ける著者が、どん底から光を見つけていく青春時代。成功前夜の衝撃エッセイです。

 

[目次]

第1章 生まれてきた理由/ 第2章 ハンパ者、家を出る/ 第3章 バブル崩壊・家庭崩壊/ 第4章 6%DOKIDOKI/ 第5章 連綿・連鎖・煉獄/ 第6章 砂漠/ 第7章 緊急病棟・フルーツ牛乳/ 第8章 滞在許可証/ 終章 営団地下鉄千代田線「代々木上原」行き/文庫版あとがき

 

■著者プロフィール

増田 セバスチャン (マスダ セバスチャン) 

アートディレクター/アーティスト。1970年生まれ。演劇・現代美術の世界で活動した後、95年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿文化を世界に発信するワールドツアーを開催。11年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術で世界的に注目され、その後は広告や商品のアートワーク、映画監督、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど多岐にわたって活動。14年にニューヨークでの個展開催を機にアーティスト活動を開始。20年に向けたアートプロジェクト「TIME  ATER TIME CAPSULE」展開中。

 

 

 

「サンリオ」と「セガ ソニック鉄道」がコラボレーション 『サンリオキャラクタートレイン』運行開始 ~4 月28 日(木) 「ららぽーと富士見」内~

株式会社セガ エンタテインメントは「ららぽーと富士見」内にて運行中の「セガ ソニック鉄道」の3 車両を『サンリオキャラクタートレイン』として運行を開始いたします。

『サンリオキャラクタートレイン』は「セガ ソニック鉄道」の車両にサンリオのキャラクターをラッピング装飾したものです。人気のキャラクター「ハローキティ」1種、「ぐでたま」2種の車両を運行いたします。

「セガ ソニック鉄道」は「ららぽーと富士見」屋外広場にて運行中の1/10サイズのミニチュアトレインのアトラクションです。唯一商業施設での運行を行っています。最大の魅力は子供たちが自分で運転できることです。リアルな運転台に座って操作し、1車両3名まで同乗ができる車両に乗って全長約150mのコースを走らせることができます。運転を通じて鉄道の操作や仕組みを学ぶことができます。ソックのキャラクターが描かれた車両もあります。

今後もセガ エンタテインメントのアミューズメント施設は、お客さまのニーズに合わせた細やかなサービスの提供を図ってまいります。

 

【『セガ ソニック鉄道』概要】
●住所 :〒354-8560 埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見 屋外広場
●アクセス :鶴瀬駅よりバス約6分
●営業時間 :10:00~17:00 (季節により営業時間が変わります。天候により運休いたします)
●料金 :小学生以上400円 小学生未満200円 ※1車両に3名までご乗車できます。
●面積 :265坪
●全長 :約150m
●店舗URL: http://tempo.sega.jp/am/sonic-tetsudo/

定額制聴き放題音楽アプリ「KKBOX」agraph、D.A.N.、yahyelら注目アーティスト7組の楽曲収録 LicaxxxによるスペシャルDJミックス音源を独占配信開始

アジア最大の音楽聴き放題サービスを提供するKKBOX Japan合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表:八木 達雄)は、定額制聴き放題アプリ「KKBOX」にて、新進気鋭のDJのLicaxxxによるミックス音源「Song For A Future Generation Licaxxx mix」の独占配信を開始いたしました。

東京・恵比寿LIQUIDROOM 2Fにある、“音楽と人々、カルチャーを飲食でつなげる”というコンセプトのカフェTimeOut Cafe&Dinerがオープンから7周年を迎え、去る4月9日(土)にアニバーサリーライブ「Song For A Future Generation」が開催されました。
KKBOXではこのアニバーサリーライブの開催を記念し、出演者のLicaxxxによるミックス音源「Song For A Future Generation Licaxxx mix」の独占先行配信を開始いたしました。

 

ライブ当日はagraph, D.A.N., Albino Sound, Inner Science, yahyel,STUTS、Licaxxxらエレクトロニカ~ビート・ミュージック~テクノ/ハウス~インディ・ロックを横断し「音楽の未来」を感じさせる豪華アーティスト7組が出演し、満員の恵比寿リキッドルームの観客を沸かせました。今回配信開始したミックス音源には当日出演した7組のアーティストの楽曲が使用されており、アニバーサリーライブと同様「音楽の未来」を感じさせる先進的かつ魅力的な音源となっておりますので、是非ご注目ください。

 

今後もKKBOXは、お客様のさらなる利便性と音楽生活の充実を追求し、サービスの強化に努めるべく、新規アーティスト/レーベルの配信開始・楽曲追加等や独自プレイリストの編纂・キャンペーン実施等、音楽を通じた様々な取り組みを行ってまいります。
KKBOXでは、音楽を愛する全ての人々に、弊社の機能及びサービス、さらには異業種とコラボレーションしたプロジェクトなどを通じ、時代を超えた名曲や世界中の魅力溢れる楽曲との出会い・新たな音楽体験をご提供致します。

 

■配信情報
アーティスト名:Licaxxx
タイトル;Song For A Future Generation Licaxxx mix
KKBOX 作品ページ:http://kkbox.fm/0l13K9
収録楽曲/アーティスト:
「Ghana」 – D.A.N.
「trace of nothing」 – agraph
「Restless」 – Albino Sound
「joseph」 – yahyel
「Escape」 – Albino Sound
「Morrison」 – D.A.N.
「Fool(Licaxxx extended)」 – yahyel
「Fool」 – yahyel
「Twin Birds」 – Inner Science
「Santa Monica」 – STUTS

 

・Licaxxx オフィシャルホームページ : http://licaxxx.asobisystem.com
・TimeOut Café&Diner オフィシャルホームページ : http://www.timeoutcafe.jp

 

【会社概要】

KKBOX Japan 合同会社

設立:2013年6月

代表:八木達雄

事業内容:定額制音楽配信サービス「KKBOX」(http://www.kkbox.com/)の運営

 

■KKBOXとは

「KKBOX」は、日本をはじめアジア6カ国で展開するアジア最大の定額制音楽配信サービスです。2013年6月の日本でのサービスローンチ以降500以上のレーベルが参加し、マルチデバイスで洋楽・邦楽ともに多彩なジャンルの楽曲を聴き放題でお楽しみ頂けます。また、4,000曲をキャッシュ(一時保存)できるので通信環境を気にすることなく楽曲再生が可能です。さらに、ユーザーから投稿された歌詞が楽曲に合わせて動く「動く歌詞」サービスもご好評いただいております。加えて、離れたユーザー同士でリアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しむことができる「Listen with(一緒に聴く)」といったソーシャルコミュニケーション機能も注目されており、現在、1ヶ月無料でご利用頂けます。

 

■KKBOX公式サイト http://www.kkbox.com

      ※アクセスする端末により、自動的にApp Store、Google Playのアプリダウンロード画面にリンクします。

 

■「KKBOX」国内初のTVCM好評OA中!

【第一弾】オリジナルキャラクター“K子ちゃん”に、Rev. from DVLの池松愛理が登場!

 「一緒に聴く」篇:https://youtu.be/I37dohVMcd4 (楽曲:flumpool「明日キミが泣かないように」)

 「どこでも聴ける」篇:https://youtu.be/L1v6vg3WokQ (楽曲:片平里菜「Party」)

 「動く歌詞」篇:https://youtu.be/U848mbYcMRU (楽曲:井上苑子「君に出会えてよかった」)

【第二弾】オリジナルキャラクター“K子ちゃん”がネイルに大変身!

 「K子ネイル 動く歌詞」篇:https://youtu.be/iZXJwvlsmDo (楽曲:Shiggy Jr.「key of life」)

 「K子ネイル 4000曲ダウンロード」篇:https://youtu.be/G_wz37Cm_Ho (楽曲:NICO Touches the Walls「エーキューライセンス」)

 

Amazonプライム・ビデオにて配信中の『仮面ライダーアマゾンズ』より、小林太郎の歌う主題歌「Armour Zone」が4月15日にAmazon Music先行配信開始

2016年4月1日よりAmazonプライム・ビデオでの配信がスタートしている『仮面ライダーアマゾンズ』の主題歌「Armour Zone」が、Episode3の配信日となる4月15日に、Amazon Musicにて全世界に先駆けた日本国内での先行ダウンロード販売を開始します。

 

『仮面ライダーアマゾンズ』は、仮面ライダー45周年記念プロジェクトとして制作された完全新作のライダー作品です。Amazonプライム・ビデオにおける国内制作第1弾となるオリジナル作品としての話題もさることながら、過激な描写と骨太なストーリー展開が大人のファンをも唸らせている話題作です。

 

主題歌の「Armour Zone」は、25歳のロックアーティスト小林太郎さんがボーカリストとして担当しました。Episode1のエンディングより使用され、ずば抜けた歌唱力と力強いボーカルで配信動画を視聴したファンから発売が熱望されていました。作詞は『炎神戦隊ゴーオンジャー』オープニングテーマなど数々の東映特撮作品を手がけてきたマイクスギヤマ氏が、作曲はスーパー戦隊シリーズの『轟轟戦隊ボウケンジャー』や『天装戦隊ゴセイジャー』の歌唱で知られるNoB氏が担当しています。また世界観を形成する劇伴音楽は、『仮面ライダーカブト(2006年)』など数々の映画やドラマの音楽を制作してきた蓜島邦明(はいしまくにあき)氏が担当しました。

話題沸騰中の番組とあわせて、その音楽も是非堪能してほしいです。

 

【仮面ライダーアマゾンズ】

悠と仁、養殖と野生。

対照的な2人の“アマゾンライダー”を中心に、様々な登場人物の思惑が交差し、謎が謎を呼ぶストーリー。

そして、映画を越える次世代の映像への挑戦。

いま、仮面ライダーと映像の歴史が変わる。

 

「仮面ライダーアマゾンズ」公式サイト http://amazons.jp/

「仮面ライダーアマゾンズ」はAmazonプライム・ビデオにて独占配信中

 http://www.amazon.co.jp/dp/B01D21FZDA

主題歌「Armour Zone」はAmazon Musicにて、4月15日より独占先行配信開始

 https://www.amazon.co.jp/dp/B01E0CN5LE

 

【小林太郎】

平成生まれの25歳。静岡県浜松市出身。

2010年4月にファーストアルバム「Orkonpood」をリリースし、“ iTunesが選ぶ2010年最も活躍が期待される新人”に選出される。

2011年にはバンド”小林太郎とYE$MAN”としての活動を開始し、SUMMER SONIC ・ARABAKI ROCK FES ・JOIN ALIVE 等の大型フェスに出演する。2012年からは再度ソロ名義での活動を開始し、2013年1月にメジャー1stフルアルバムを発売。メジャーデビュー以降、精力的にLIVEツアーを展開している。

小林太郎公式サイト http://www.kobayashitaro.com/

 

【商品タイトル】仮面ライダーアマゾンズ主題歌「Armour Zone

【配信】2016年4月15日(金)より、Amazon Musicにて全世界に先駆けた日本国内での先行MP3ダウンロード販売が開始!

https://www.amazon.co.jp/dp/B01E0CN5LE

 

M1. Armour Zone(tv-size)

歌:小林太郎

作詩:マイクスギヤマ

作曲:山田信夫

編曲:高橋哲也

M2. KAMEN RIDER AMAZONS MAIN THEME

作・編曲:蓜島邦明

M3. KAMEN RIDER AMAZONS BGM single edition

作・編曲:蓜島邦明

音楽プロデュース:Project.R

Taro Kobayashi by the courtesy of KING RECORD Co.,Ltd.

単曲:239円+税 アルバム購入:572円+税

オフィシャルホームページ: http://columbia.jp/prod-info/COKM-40000/

 

©2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 ©石森プロ・東映

 

 

“Listen with”レギュラープログラムのDJにlivetune+が決定!!4月15日スタート! kz、やのあんなが選曲したプレイリストを聴きながら一緒にチャットをしよう! イベント 当日は KKBOX/うたパスアプリからイベントにご参加いだけます。

KKBOX Japan合同会社(所在地:東京都渋谷区、代表:八木 達雄)は、定額制音楽配信サービスのKKBOX/うたパスで参加することができる「Listen with」のマンスリーレギュラープログラムのDJにlivetune+を迎えた新番組を4月15日からスタートいたします。

“Listen with”とは、ユーザー自らが選曲した音楽/プレイリストをリアルタイムで一緒に聴きながらユーザーとチャットができる、KKBOX/うたパスで展開する新感覚のソーシャル機能です。 Listen withイベントではこの機能をゲストが使用し、自身の曲・影響を受けた曲・好きな曲などを再生します。加えて、イベント中には写真も公開しながら、ファンをはじめ多くのユーザーと直接チャットで会話を展開します。楽曲にまつわる秘話や秘蔵写真など、この場だけで感じられる音楽体験に注目が集まっています。

 

“Listen with レギュラープログラム”では、期間限定のレギュラーDJを迎えて月に1度Listen withイベントを行います。livetune+には4月から6月までの3か月間、全3回のレギュラープログラムにご登場いたします。 番組内では毎回テーマを設けてlivetune+の独自選曲による楽曲プレイリストをオンエアします。さらに、Listen withだけのとっておきのトークを繰り広げます。参加ユーザーは、livetune+がセレクトした楽曲を一緒に聴きながら、livetune+やユーザー同士でチャットでのコミュニケーションをお楽しみいただけます。

 

レギュラーDJが決定したlivetune+は、kz(livetune)とやのあんなによる新生ライブ・ユニットで、5月11日に1st EP「Sweet Clapper」のリリースを控えています。4月10日には、所属するレーベルunBORDEが幕張メッセで開催する5th Anniversaryライブ「Coca Cola presents unBORDE 5th Anniversary Fes 2016」へ出演し、デビュー後のさらなる活躍が期待されています。 レギュラープログラム初回となる4月15日のListen withでは、『新学期スタート!』をテーマに、livetune+自身もデビューを控える中で、新しい季節をテーマにした選曲やエピソードを繰り広げる予定です。なお、当日livetune+と一緒に聴きたい楽曲のリクエストやメッセージは、twitterハッシュタグ “#livetuneplusLw” “#Listenwith”で募集いたしますので、イベント参加とともに皆様の投稿をお待ちしております。

 

■livetune+ やのあんな、kzコメント

【やのあんな】

livetune+、ボーカルのやのあんなです! Listen withは、すごくリスナーの方と距離が近い特別なツールだと思っています。 チャットしながら、自分の好きな音楽も聴いてもらえる機会はなかなか無いので、楽しみにしています!みなさんとその場に一緒にいるような気持ちでListen withしたいと思います!DJ=やのあんな、楽しみにしていて下さい♪

【kz】

livetune+のkzです! この度Listen withのDJをレギュラーでやらせていただくことになりました。 音楽を聴きながら話をするって学生時代よくやってたんですけど、めちゃくちゃ楽しいし世界も広がるし最高です。 チャットの速さには自信があるのでいっぱい話すぞー!

 

KKBOXでは、弊社の機能及びサービス、さらには異業種とコラボレーションしたプロジェクトなどを通じ、世界中の魅力溢れる楽曲との出会い・新たな音楽体験を提供しております。 独自機能“Listen with”においては、その機能を通じて、ユーザー同士やアーティストとの密なコミュニケーションによる音楽体験を創出すべく、アーティスト・クリエイターをお招きするListen withイベントをはじめ、アーティストの魅力に迫るイベントやプロジェクトを展開して参ります。 今後もKKBOXは、お客様のさらなる利便性と音楽生活の充実を追求し、サービスの強化に努めてまいります。

 

イベント詳細

■livetune+ Listen withレギュラープログラム(全3回予定)

第1回:4月15日(金)20:00〜21:30

第2回:5月某日 ※後日発表

第3回:6月某日 ※後日発表

※ハッシュタグ 「#livetuneplusLw #Listenwith」

本イベントに関する情報発信/リクエスト受付/メッセージはこちらを使用いたします。

※2回目以降のスケジュールは後日イベント情報ページhttp://listenwith.jp/他、各所でご案内いたします。

*イベント当日は KKBOX/うたパスアプリからイベントにご参加いただけます。

*Listen withサイト: http://listenwith.jp/

 

livetune+ プロフィール

“Google Chrome –初音ミク篇–”のCM楽曲「Tell Your World」を初め、数々の初音ミク楽曲を生み出し、空前の「初音ミク」旋風を牽引した一人でもある「kz」によるソロプロジェクト「livetune」と“青文字系モデル”として雑誌への出演、ヨーロッパやアジアなど9カ国13カ所でモデル・アーティストとして、世界のステージで活躍の場を広げている「やのあんな」の2人による新生ライブユニット。

kz:

ClariS、Tokyo 7th Sistersの楽曲を始め、アニソン、ゲーム、J-POPなどを手掛ける音楽プロデューサー。またDJとしても『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『COUNTDOWN JAPAN』『ULTRA JAPAN』『超会議』などジャンルの垣根を越えて数多くのフェス、イベントに出演。2016年からは中田ヤスタカ、tofubeats、banvoxらと新たなイベント『YYY』を始動。またlivetune名義では“Google Chrome – 初音ミク篇 -” のCM曲「Tell Your World」、マジカルミライ2015のテーマソング「Hand in Hand」を始め、数多くの初音ミク作品を生み出す一方、SEKAI NO OWARIのFukase、ゴールデンボンバーの鬼龍院 翔など豪華リアルヴォーカリストを迎えた楽曲もリリースしている。

 

やのあんな:

⼈懐っこい性格と、透明感と屈託のない笑顔で多くの人を魅了するやのあんな。ナチュラルガーリーやカジュアルなスタイリングを得意とし、10代・同世代の女子を中⼼に支持されている。2013年8⽉にはkz(livetune)プロデュース楽曲「Shape My Story」をリリース。2014年1⽉には、kzのソロプロジェクト「livetune」のシングルにヴォーカリストとして参加。両曲共にアニメの主題歌となり国内外で注目を集めた。ヨーロッパやアジア9カ国13カ所でモデル・アーティストとしてステージに立ち、原宿ポップカルチャーを世界に発信、活躍の場を広げている。 2015年3月には⾃身初の写真を発売、「カワエロ」をキーワードに魅せたスタイルが抜群だと話題に。

オフィシャルサイト http://livetuneplus.com/

 

KKBOXについて

日本をはじめアジア6カ国で展開するアジア最大の定額制音楽配信サービスです。

スマートフォン、パソコン、タブレットなどで、いつでもどこでも1,500万曲以上の多彩なラインアップの楽曲を聴き放題で楽しむことができるだけでなく、4,000曲をキャッシュ(一時保存)できるので通信環境を気にすることなく音楽を楽しむことができます。また、ユーザーから投稿された歌詞が楽曲に合わせて動く「動く歌詞」サービスもご好評いただいております。さらに、離れたユーザー同士でリアルタイムに同じ楽曲を聴きながらチャットを楽しむことができる「Listen with(一緒に聴く)」といったソーシャルコミュニケーション機能も注目されています。現在、1ヶ月無料でお楽しみ頂けます。

*KKBOX公式サイト http://www.kkbox.com

*「KKBOX」国内初のTVCM好評OA中!

【第一弾】オリジナルキャラクター“K子ちゃん”に、Rev. from DVLの池松愛理が登場!

【第二弾】オリジナルキャラクター“K子ちゃん”がネイルに大変身!

 

 

 

オスカルたちが庶民感覚を身に付けて帰ってきた!? LINEスタンプ『ベルサイユのばらですねん!』

【『ベルサイユのばら』とは?】

池田理代子氏による少女漫画です。フランス革命期の宮廷を舞台に、男装の麗人オスカルやフランス王妃マリー・アントワネットたちが数奇な運命に翻弄されながらも愛と気高さを持って生きる様を華麗に描いた作品です。連載終了から40年以上を経た現在も多くの関連商品やタイアップが企画されるなど愛され続けています。日本の少女漫画界に与えた影響は計り知れないです。

 

【マリーが庶民感覚を身に付けた!?関西弁を喋るんやで】
華やかな貴族の生活を描いている『ベルサイユのばら』ですが、今回はスタンプは平民仕様!オスカルやマリーたちが庶民感覚を身に付け、関西弁やネット用語を多用する、所帯じみたスタンプは必見です!原作とのギャップをお楽しみください。

【LINEスタンプショップで「ベルサイユのばら」と検索!】
LINEアプリ起動⇒スタンプショップ⇒検索窓で「ベルサイユのばら」と検索

 

スタンプのダウンロードはこちら
 スタンプショップ [ベルサイユのばらですねん!]  http://line.me/R/shop/detail/6200

『ベルサイユのばら』最新情報はこちら
 池田理代子オフィシャルサイト:http://www.ikeda-riyoko-pro.com/info/index.html

 

(c)Ikeda Riyoko Production