「家族」をテーマにした川柳コンテストを11月4日(水)より公募開始  入賞作品は『クレヨンしんちゃん』野原 ひろしの声優・藤原 啓治が読み上げ

森永エンジニアリング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野寺 優)は、「家族」をテーマにした川柳を2015年11月4日(水)~12月3日(木)まで募集します。

キャンペーンサイト
http://www.solarislife.com/shop/contents?contents_id=317630
http://www.solarislife.com

Facebookキャンペーンページ
https://www.facebook.com/wr1219

 

審査員はアニメ「クレヨンしんちゃん」の父・野原 ひろし役や、映画「アイアンマン」の主人公トニー・スターク役の声でお馴染みの声優、藤原 啓治氏です。グランプリ作品は藤原氏が川柳を読み上げ、動画をキャンペーンサイト及びFacebookキャンペーンページにて2016年1月15日(金)より公開予定です。

【キャンペーン概要】
■テーマ:家族
「家族」の日常を切り取った「5・7・5」の川柳を大募集。ご家族の「思わず笑ってしまうような出来事」や「お父さんへのダメだし」、「ご両親への感謝の気持ち」「哀愁のただようワンシーン」などを川柳のリズムにのせてください。

■審査員
声優 藤原 啓治さん
主な出演作品
・アニメ
「クレヨンしんちゃん」野原 ひろし
「交響詩篇エウレカセブン」ホランド・ノヴァク
「鋼の錬金術師」マース・ヒューズ
「はちみつとクローバー」花本 修司
「HUNTER×HUNTER」レオリオ
・吹替
「アイアンマン」シリーズ トニー・スターク/ロバート・ダウニーJr
「シャーロックホームズ」シリーズ ロバート・ダウニーJr
「ダークナイト」 ジョーカー/ヒース・レジャー
「トランスポーター・ザ・シリーズ」クリス・ヴァンス
「LOST」ソーヤー
「ハンニバル」チルトン
「ザ・プラクティス」ボビー・ドネル
他多数

■応募期間
2015年11月4日(水)~12月3日(木)

■応募締切
2015年12月3日(木)23時59分59秒投稿分まで受付

■受賞者発表
2016年1月15日(金)発表予定
Facebook公式ページ「森永ウインドーラジエータ―」、およびWEBサイト「ソラリスライフワールド」上にて。当選者には直接ご連絡。

■入賞商品
<グランプリ>
・JCBギフトカード 5万円(1名様)

<準グランプリ>
・森永ウインドーラジエータ―W/R-1219【伸縮タイプ】(3名様)
窓下に設置することで冬の冷気をシャットアウトしてくれる窓下専用ヒーターです。各種暖房との併用で暖房効率を補助し、室温上昇の効果が実証されています。結露の抑制にも高い効果を発揮します。

<森永エンジニアリング賞>
・森永コンパクトフットヒーター(10名様)
足元の冷えを解決するフットヒーター。足を直接乗せるヒーターは、青竹踏みのように足に気持ちよく馴染む形がポイント。足湯のようにじんわりと温め寒さを和らげます。

■応募方法
WEBサイト、Facebookのいずれかよりご応募ください。

<WEBサイトから応募>
WEBサイト「ソラリスライフワールド」内のキャンペーンページよりご応募ください。
(お1人様3作品まで)

キャンペーンページ  :http://www.solarislife.com/shop/contents?contents_id=317630
ソラリスライフワールド: http://www.solarislife.com

<Facebookから応募>
Facebook公式ページ「森永ウインドーラジエーター」ページより投稿ください。
(お1人様3作品まで)
https://www.facebook.com/wr1219
※アカウントをお持ちでない方はこちら( https://www.facebook.com/ )からアカウント登録してください。

 

■注意事項
・18歳未満の方のご応募はご遠慮ください。
・応募作品は自作未発表に限ります。
・作品の著作権は、森永エンジニアリング株式会社に帰属します。
・ご記入頂いた「名前(もしくはペンネーム)」、「メールアドレス」より、受賞者への連絡を行い、賞品発送のために必要な情報として「氏名」「住所」「電話番号」をお伺いいたします。その際取得した個人情報は本キャンペーンの商品発送、本件に関するご連絡にのみ利用します。
・入選作品発表は、「名前(またはペンネーム)」「住所(市区町村まで)」「年齢」「性別」を開示させていただくことがあります。
・盗作であることが判明した場合、受賞後であっても賞は取り消しとなります。
・お1人様への重複当選はございません。
・日本国内在住の方に限らせていただきます。
・商品のデザイン・仕様は都合により変更となる場合があります。
・受賞権利の譲渡及び商品の交換、換金、返品等には応じかねます。
・応募受付の確認や当選、落選に関するご質問、お問い合わせは受付けておりません。
・応募と同時に個人情報の取り扱いに同意したものとさせていただきます。

【会社概要】
商号  :森永エンジニアリング株式会社
本社  :〒108-0075 東京都港区港南3-8-1 森永乳業港南ビル
設立  :1971年(昭和46年)2月
代表者 :代表取締役社長 小野寺 優

TVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」2016年冬 放送開始!! キービジュアル&キャスト公開!!

株式会社e-notion(代表取締役:岡和田一輝)は、2016年冬に放送開始予定のTVアニメ「蒼の彼方のフォーリズム」の新規ビジュアル、キャストの内容をお知らせいたします。
2015年8月末の情報公開よりおよそ2ヶ月でTwitterのフォロワー数4,000人を突破し、現在ユーザー期待値の高い作品となっております「蒼の彼方のフォーリズム」です。今回はアニメ版の新規ビジュアルと出演声優の情報をお届けいたします。

 

【ストーリー】“負けてからが、本当の勝負”
反重力を発生させるシューズ、通称”グラシュ”の発明により、人が簡単に空を飛ぶことが出来るようになった世界。
久奈浜学院に転校してきた倉科明日香は、同級生の鳶沢みさき、日向晶也達との出会いを通じて、グラシュを使った新興スカイスポーツ『フライングサーカス』(通称“FC”)を知り、その魅力に惹かれていく。
学院のFC部に入部した明日香は、仲間達と共に、時にはぶつかり、励まし合い、それぞれの目標に向かいながら、強力なライバル達に立ち向かっていく――。
――目指すは、夏の大会。

 

【スタッフ】
監督             :追崎史敏
キャラクターデザイン:中野圭哉
シリーズ構成      :吉田玲子
制作             :GONZO
原作             :sprite

【キャスト】
倉科明日香  :福圓美里
鳶沢みさき   :浅倉杏美
有坂真白    :山本希望
市ノ瀬莉佳  :米澤円
…他

 

【キャラクター】
●倉科明日香(くらしなあすか)
久奈浜学院の2年に転入してきた少女。どんな人にも礼儀正しく敬語を崩さない。天然でダメダメなところもあるが、好奇心旺盛な努力家で一度夢中になったものには真剣に向き合う素直な性格の持ち主。

●鳶沢みさき(とびさわみさき)
明日香のクラスメイト兼グラシュ指導員。気分任せで行動するマイペース派。
朝が苦手なため午前中と午後ではほぼ別人。うどんに目がなく、“ましろうどん”の常連。

●有坂真白(ありさかましろ)
にぎやかでちっこい明日香やみさきの後輩。先輩であるみさきの事が大好きで、本人曰く、みさきの配下というかしもべのような感じ。実家は“ましろうどん“を経営している。かなりのゲーマーで、部屋には邪神ちゃんグッズが溢れている。

●市ノ瀬莉佳(いちのせりか)
晶也の家の隣に引っ越してきた、高藤学園福留島分校の優等生。FC部に所属しており、1年生にしてレギュラー。生真面目な性格で不器用な一面も多い。好きな食べ物はお肉全般。

(C)sprite/久奈浜学院FC部
アニメ公式サイト: http://aokana-anime.com/
公式twitter       : https://twitter.com/aokana_TVanime

 

【関連情報】
PlayStation(R)Vita版「蒼の彼方のフォーリズム」
ブランド:sprite
対応機種:PlayStation(R)Vita対応
価格  :未定
発売日 :2016年2月25日発売予定
CERO審査予定

【関連ページ】
アニメ公式サイト             : http://aokana-anime.com/
原作ホームページ           : http://aokana.net/
sprite公式ホームページ      : http://sprite.org/
GONZO公式ホームページ : http://www.gonzo.co.jp/

 

2016年1月より放送を開始するTVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」のメインキャストが発表!主題歌情報も解禁に!!

2015年1月より放送を開始するTVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」のメインキャストが明らかになりました。 主人公・カズマ役を福島 潤さん、ヒロインのアクア役には雨宮 天さん、めぐみん役には高橋李依さん、ダクネス役には茅野愛衣さんが決定しました。その他、ルナ役で原紗友里さん、荒くれ者役で稲田 徹さんが出演することが発表されました。
同作はスニーカー文庫で第1巻から第6巻までが刊行されている人気シリーズです。
交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じたはずだった、ゲームをこよなく愛するひきこもり・​​佐藤 和真(カズマ)が、RPGゲームのような異世界で居心地の良い生活を目指して、おもしろおかしな日々を過ごしていくコメディ&ファンタジー作品です。

 

TVアニメ「これはゾンビですか?」シリーズをヒットに導いた、監督:金崎貴臣氏×シリーズ構成:上江洲誠氏×制作:スタジオディーンというスタッフでアニメ化を担当しまする。 更に、主題歌情報も解禁となりました。

OPテーマを担当するのは、声優としても活動し、人気・知名度共に急上昇中のMachicoさんで、タイトルは「fantastic dreamer」です。

Machicoさんにとっては初のアニメタイアップ作品とな今作は、127日(水)にシングルとして発売されます。

またEDテーマはアクア役の雨宮 天さん、めぐみん役の高橋李依さん、ダクネス役の茅野愛衣さんの3人が担当します。

こちらは、「ちいさな冒険者」というタイトルでOPテーマと同日の127日(水)にシングルとして発売されます。

アニメと共に主題歌情報も是非チェックしてください。

 

■TVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」 2016年1月より放送開始予定!

■公式サイト http://konosuba.com/
 

スタッフ

原作:暁なつめ(株式会社KADOKAWA 角川スニーカー文庫刊)

原作イラスト:三嶋くろね

監督:金崎貴臣

シリーズ構成:上江洲誠

キャラクターザイン:菊田幸一

美術監督:三宅昌和

色彩設計:吉田沙織

撮影監督:浜尾繁光

編集:木村佳史子

音響監督:岩浪美和

音響効果:小山恭正

録音:山口貴之

音響制作:HALF HP STUDIO

音楽:甲田雅人

音楽制作:日本コロムビア

アニメーション制作:スタジオディーン

製作:このすば製作委員会

 

■キャスト

カズマ:福島 潤

アクア:雨宮 天

めぐみん:高橋李依

ダクネス:茅野愛衣

ルナ:原紗友里

荒くれ者:稲田 徹

 

■CD発売情報:

1月27日発売

TVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』オープニング・テーマ

「fantastic dreamer」/歌:Machico

【DVD付き限定盤】 COZC-1122/3  ¥ 1,800 +税 

【通常盤】 COCC-17102 ¥1,300 +税

*Machico(まちこ) Profile

出身地:広島県 誕生日:3月25日 血液型:B型 幼少の頃より歌が大好きな一家で育ち、いつの日からか歌手の道を志すようになる。学生時代よりバンド部に所属する等の活動を経て、数多くのボーカルオーディションをうけるようになる中、友人の影響からアニメ、声優の仕事にも興味をもつようになっていった。

2011年ホリプロタレントスカウトキャラバン「声優アーティストオーディション」で力強く透き通る歌声で決勝に進出するも、惜しくも優勝を逃したが、その決勝での活躍がスタッフの目にとまりデビューが決定。心地好くもパワフルな高音、透きとおり突き抜ける歌声、そして独特なMachicoワールドともいうべきキャラクター性が全て人の心に癒しと活力を与える。また2016年2月には「Machico Fantastic★Tour 2016」と題した東阪ツアーを開催予定。

Machico Official HP: http://machi.co 

 

1月27日発売

TVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』エンディング・テーマ「ちいさな冒険者」/歌:アクア(CV:雨宮 天)、めぐみん(CV:高橋李依)、ダクネス(CV:茅野愛衣)

COCC-17103(CDのみ) ¥1,300 +税

■日本コロムビア特設サイト

  http://columbia.jp/konosuba/

 

©​2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好評の前編に続き、ついに後編が登場  漢字の魅力がつまった恋物語  日本漢字能力検定協会公式PV『彼女が漢字を好きな理由。』 漢字と恋心がクロスオーバーする青春ストーリー完結!?

漢字検定で知られる公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、2015年9月14日の前編に続き、公式プロモーションビデオ『彼女が漢字を好きな理由。』の後編を公開いたしました。

漢検とスタジオ4℃が、中高生と昔中高生だった大人たちに、漢字がもたらす恋物語をお届けします。

■『彼女が漢字を好きな理由。』- 作品
漢字が大好きな女の子と、彼女に恋をした男の子が、漢字をテーマに繰り広げる恋物語の後編です。2人の恋愛模様とともに、四字熟語の台詞や、漢字の成り立ちのストーリーが出てくるなど、漢字の魅力に1歩踏み込んだシーンもあり、見応えたっぷりです。
前編に続き、田中 栄子氏が代表を務めるスタジオ4℃を中心に制作されました。声優は主人公平井 春香(ひらいはるか)役に洲崎 綾、相良 祐介(さがらゆうすけ)役に松岡 禎丞、波多野 夏海(はたのなつみ)役に飯田 友子らが続投。ふんわりと耳に残る歌声が魅力のとぅってぃーが歌うオリジナル挿入歌「好き」も大好評です。

 

【『彼女が漢字を好きな理由。』- 制作意図】
■制作意図
PCやスマートフォンの普及により、活字離れが懸念されています。漢検は漢字検定の実施だけでなく、日本語、漢字文化の魅力をより多くの人に知ってもらい、親しんでもらうための活動も行っており、その一環として今回のアニメ作品が制作されました。
漢字が持つ独自の魅力を、『彼女が漢字を好きな理由。』を通じて、多くの人たちに伝えられればと思います。

 

【『彼女が漢字を好きな理由。』- ストーリー(後編)】
<ストーリー>
漢字に夢中な春香との距離を縮めようとする祐介。念願かなった初デートで、覚えてきた四字熟語を懸命に披露するシーンや、2人の気持ちの動きと漢字の成り立ち・意味がクロスオーバーするシーンなど、見どころ満載です。2人の恋の行方にも、注目!

<前編のおさらい:約2分>
放課後の教室。都立訓音高校に通う相良 祐介が何気なく教室をのぞくと、そこには黙々と漢字の書き取りをしている平井 春香が。ノートにはびっしりと「永」の文字が書かれている。声をかけると、手を止め、ニッコリと笑いながら顔を上げる春香。そのかわいらしさに言葉をつまらせ、一瞬にして心を奪われた祐介。なんとか気をひこうと、春香の字の美しさをほめるが、春香からは意外な返事が…。
※後編動画URL: https://youtu.be/cjjBkF-z6Vk
※前編動画URL: https://youtu.be/h_h-CRdfBYI

※挿入歌「好き」はiTunesで好評配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/id1040453551?app=itunes

Apple、Mac OS、iPhone、iPad、iTunesはApple Inc.の商標です。

 

【『彼女が漢字を好きな理由。』- 制作スタッフ】
■スタッフ プロフィール
[出演・音楽]
<声の出演>
平井 春香  :洲崎 綾
相良 祐介  :松岡 禎丞
波多野 夏海:飯田 友子

<サウンド>
「好き」歌:とぅってぃー

[アニメーション制作]
<STUDIO4℃>
監督・CGI        :斉藤 亜規子
キャラクターデザイン:窪岡 俊之
構成           :田中 栄子
作画監督        :二松 真理
原画           :清水 保行 二松 真理 白井 孝奈 川添 亜希子
動画検査         :梶谷 睦子 加来 由加里
動画            :山田 咲 田口 裕美子 増子 裕美  佐藤 千春 スタジオ・ムー
美術監督         :伊藤 裕之
美術設定         :菱山 徹
色彩設計         :荒木 久実
色指定           :成畑 愛和
撮影             :斉藤 亜規子 荒木 久実

サウンドエフェクト   :蔭山 満
整音             :早野 利宏
MAスタジオ         :デルファイサウンド
キャスティング     :佐伯 幸枝
音楽プロデューサー:田中 栄子
音楽制作        :BeyondC.

制作進行             :仲本 椋
ラインプロデューサー     :天田 直也
アニメーションプロデューサー:畑田 里香

<株式会社 大広>
クリエイティブディレクター  :宮本 祐輔
プランナー             :岡嶋 瞳/安達 慎人
アカウントマネージャー   :倉内 駿
プロデューサー         :新島 宏
チーフプロデューサー   :大地 伸和

<公益財団法人 日本漢字能力検定協会>
山田 昌哉 戸田 公人 細谷 書子 竹林 春香

 

【関連情報】

スタジオ4℃、制作陣のコメントなども掲載!

『彼女が漢字を好きな理由。』公式ページ:http://www.kanken.or.jp/kanken/kanokan/

公益財団法人 日本漢字能力検定協会: http://www.kanken.or.jp/

STUDIO4℃: http://www.studio4c.co.jp/top.html

 

 

大人の為のアニマルラブコメディ“ANISAVA” 豪華声優キャストで2016年1月より放送決定!!

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区、代表取締役社長:鈴木義治)と、株式会社ディー・エル・イー(本社:東京都千代田区、代表取締役:椎木隆太、以下「DLE」)は、海外向けオリジナルアニメシリーズ『ANISAVA(アニサバ)』の日本語吹き替え版を制作、1月よりテレビ埼玉にて放送することを発表致します。

また、10月17日に大宮ソニックシティで行われるアニ玉祭ステージにて主演声優出演によるトークショーを行います。

「ANISAVA」は、成年層の海外アニメ市場をメインターゲットにした完全大人向けのオールイングリッシュラブコメディです。日本では、2013年9月よりキッズステーションにて放送、YouTubeでも配信され、まさにアニメ版セックス・アンド・ザ・シティといった過激な内容が話題となりました。

その「ANISAVA」が豪華声優を引き連れ日本語吹替版として再始動いたします。同アニメのヒロインで、ダメな彼氏に手を焼いている猫のジェニー役は、セクシーすぎる声優として人気のたかはし智秋さん、ジェニーの同僚で小悪魔的な側面もあるリスのセレーナ役は、第36回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得した田所あずささんが担当いたします。また男性経験がなく妄想癖のあるパンダ、ミシェル役をたんぽぽの白鳥久美子さんが担当し、アニメキャラクターに負けないバラエティにとんだキャスティングで吹き替え版を盛り上げます。

「ANISAVA」を彩るのは、人気スペインデザイナー集団Kukuxumusu(ククシュムシュ)がデザインした擬人化動物キャラクターです。主役カップルが働くジェネラル・コーポレーションを中心に、都会のジャングルで暮らす彼らは、様々な仕事や恋愛事情などが絡み合ったエキサイティングな日常を送っています。
日本語吹替版では、英語版の面白さはそのままにより日本の成年層に向け、アニメファンはもちろん、それ以外の視聴者層にもテレビドラマを見るような感覚で楽しめる作品として発信いたします。

 

★第3回アニ玉祭にて出演声優によるトークショー決定!!
第3回アニ玉祭(アニメ・マンガ祭りin埼玉)にて たかはし智秋さん、田所あずささん出演のトークショーを行います!
日時   : 10月17日(土) 14:50~
場所   : アニ玉祭 屋外メインステージ
アニ玉祭HP: http://anitamasai.jp/

 

●アニメ「ANISAVA」について
タイトル : ANISAVA(アニサバ)
尺、話数 : 5分x13話
英語版監督: べんぴねこ
日本語吹替版監督: 日野トミー
アニメ制作: DLE
キャラクターデザイン: Kukuxumusu(ククシュムシュ)
公式サイト: http://www.anisava.net/
放送情報 : テレビ埼玉にて2016年1月2日より 毎週土曜23:30~23:35放送

 

◇ストーリー:
ジェイク・ワイルドは、27歳独身、しがないデザイナー、性格温厚優柔不断、そして野性を心の奥に隠したクマ!ジェイクの彼女、超強気のネコ・ジェニー、バツ15の子沢山ウサギ・フレッド、マッチョ弁護士のオランウータン・ザック、オフィスを牛耳るお局エレファント・ベス、部下と不倫中のライオン上司・デビッドなど、ジェイクの周りはクセモノアニマルだらけ!仕事、恋、友情、はちみつポット…悩みの尽きないジェイクに幸せは訪れるのか!?都会のジャングルに暮らすオトコとオンナの悲喜こもごものアニマルライフ・ラブコメディ、とくとご覧あれ!

 

(C)TMS/DLE All Rights Reserved. Original characters designed by Kukuxumusu.

「練馬アニメカーニバル2015」いよいよ開幕  10月17日(土)、18日(日)練馬駅北口周辺で開催 事前申込数 約7,000人分を突破!当日券もあり

「練馬アニメカーニバル2015」の開催が、いよいよ10月17日(土)、18(日)に迫りました。本イベントでは練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より楽しく、より身近に感じていただきたいと考えています。“ジャパンアニメ発祥の地”であり、現在も90社を超えるアニメ関連産業のある町として、「レジェンドアニメ」企画から「最新アニメ」企画まで幅広く魅力的なプログラムを展開します。

放送40周年となるレジェンド作品『ガンバの冒険』のプログラムには主役・ガンバを演じた野沢雅子さんがゲストとして登場します。来年秋公開予定の注目作品『この世界の片隅に』をクローズアップしたプログラムでは、監督の片渕須直さんと原作者・こうの史代さんのトークセッションの他、パイロットフィルムの上映や、二人が携わったNHK復興支援ソング『花は咲く』アニメ版なども上映します。また《Coconeri会場》の上映コーナーも含め、全上映作品プログラムも公開いたしました。『ロボットガールズZプラス』は、第6話配信に先駆け、先行上映となります。

《練馬文化センター会場》のプログラムの事前チケット申込には、全プログラム合計7,054人分の申込をいただきました。予想を超える応募者数でしたが、厳正な抽選を行い、当選者には整理番号入り当選ハガキをお送りいたします。枚数に限りはございますが当日券をご用意しています。《Coconeri会場》は入退場自由でお楽しみいただけます。

■イベント開催概要
・開催日:2015年10月17日(土)・18日(日) 11:00~18:30(予定)
・会場 :練馬駅北口周辺
(1) 練馬文化センター 小ホール
(2) 区民・産業プラザ(Coconeri 3F)
(3) 平成つつじ公園
※西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)および都営大江戸線の練馬駅北口から徒歩1分
・入場料:無料
※プログラムにより事前申込可能なものがございます。
詳しくは「練馬アニメカーニバル公式サイト」にて後日発表いたします。
・主催 :練馬アニメカーニバル推進連絡会
(練馬区、練馬区観光協会、西武鉄道株式会社、ジェイコム東京、東映アニメーション、一般社団法人練馬アニメーション)
・共催 :練馬区産業振興公社
・協力 :アヌシー市、日本大学芸術学部、東京商工会議所練馬支部

■当日チケット情報
当日券を発行いたします。当日券は、当日朝9時より、運営本部・インフォメーションテント(つつじ公園内)にて配布します。おひとり様2枚まで。(「プリキュア」「プリパラ」は4枚まで)
※近隣にお住まいの方のご迷惑となりますので徹夜、早朝のお並びはご遠慮願います。

当日券を発行するプログラムは以下の通りです。
・映画『この世界の片隅に』公開まであと1年!記念トークイベント
・放送40周年『ガンバの冒険』
・『四月は君の嘘』最終話スタッフ生コメンタリー&トークイベント
・河野マリナ&小林竜之アニソンステージ
・『プリパラ』Prizmmy☆&プリズム☆アイドル研究生’sライブ
・『Go!プリンセスプリキュア』ショー

■注目プログラム
(1) 片渕監督×こうの史代先生トークセッションと関連作品上映 映画『この世界の片隅に』公開まであと1年!記念トークイベントです。
「この映画が見たい!」という日本全国からの熱い支援で製作が決定した期待作の公開1年前記念トークです。監督の片渕さんと原作者・こうの史代さんとのスペシャルトークセッションを実施します。この作品のパイロットフィルム、関東圏ではほぼ初披露の作品冒頭部分の「冬の記憶」を上映します。片渕監督とこうの先生をつなぐことになった思い出の作品『名犬ラッシー』、おふたりが携わった『花は咲く』も上映します。

ステージ:練馬文化センター 小ホール
日時  :10月17日(土)16:30~18:30
ゲスト :片渕須直監督
こうの史代先生(原作者)
※上映素材はブルーレイ及びDVDです。

(2) 野沢雅子さん登場!放送40周年 『ガンバの冒険』
主人公ガンバ役であり、数々の傑作アニメで少年主人公を演じてきた野沢雅子さんがステージに登場します。制作当時の思い出を語ってくださいます。この『ガンバの冒険』は、斎藤惇夫氏の児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』をTVアニメ化した作品で、日本のアニメ史上に巨大な足跡を残した出崎統監督の最高傑作のひとつという点でも見逃せない作品です。
上映は、旅立ちにあたる2話「ガンバ、船で大暴れ」と大イタチ・ノロイとの命を懸けた死闘を描く24話「白い悪魔のささやき」26話(最終回)「最後の戦い大うずまき」の3本を上映します。
さらにアニメ史研究家・原口正宏さんによる『ガンバの冒険』がアニメ史に残したものを探るトークも実施します。

ステージ:練馬文化センター小ホール
日時  :10月17日(土)12:30~14:30
ゲスト :野沢雅子さん(声優)
原口正宏さん(アニメ史研究家)
※上映素材はブルーレイです。

(3) 河野マリナ&小林竜之アニソンステージ
第4回・第7回アニソングランプリ王者2人によるアニソンライブステージです。
西尾維新氏のライトノベルシリーズをアニメ化した「<物語>シリーズセカンドシーズン」の『花物語』EDテーマ曲「花痕 -shirushi-」を歌う河野マリナさん、『最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~』OPテーマ曲「ZERO」を歌う小林竜之さんが登場します。

ステージ:練馬文化センター小ホール
日時  :10月18日(日)14:15~15:00
ゲスト  :河野マリナさん
小林竜之さん

(4) 全上映作品決定!片渕須直氏脚本デビュー作品『名探偵ホームズ』や出崎統監督の名篇『あしたのジョー2』も上映します。
「練馬アニメカーニバル2015」では、《練馬文化センター会場》の各プログラム内と《Coconeri会場》内にある上映コーナーで数多くのアニメ作品の上映を行います。
注目は、《練馬文化センター会場》プログラムと《Coconeri会場》上映作品の連動です。
《練馬文化センター会場》のプログラム『この世界の片隅に』(17日16:30)では、来年公開の片渕須直監督の最新作に関してトークと関連映像の上映が行われますが、《Coconeri会場》ではその片渕須直さんが脚本デビューした『名探偵ホームズ』の「青い紅玉(ルビー)」(監督・宮崎駿)を上映します。また『ガンバの冒険』(17日12:30)を堂々と描き切った巨匠・出崎統監督の『あしたのジョー2』第1話「そして、帰ってきた…」も上映します。出崎演出の究極の完成形をお楽しみいただけます。

その他、練馬区在住の吉沢やすみさんが原作漫画を描きはじめて45周年になる『ど根性ガエル』、世界名作劇場でおなじみの制作会社・日本アニメーション創立40周年記念企画として『THE DOG OF FLANDERS』の上映も行います。
また区内にある日本大学芸術学部の学生が作った珠玉の短編作品や、練馬区と産業交流協定を結んでいるフランス・アヌシー市から「アヌシー国際アニメーションフェスティバル」参加作品の映像をお借りして上映します。

 

【全上映作品】
《Coconeri会場》
上映コーナーで上映。ご自由に出入りいただけます。
・短編作品集
17日(土)、18日(日)11:30/『タイムカプセル+』
17日(土)、18日(日)11:30/練馬区小中学生作品
17日(土)、18日(日)11:30/『でででん』
17日(土)、18日(日)11:30/『小森さんは断れない!』
17日(土)、18日(日)11:30/『マリンとヤマト 不思議な日曜日』
・『SARUTOBIくん 動画秘帖の巻』
17日(土)、18日(日)12:00
・『ロボットガールズZプラス』
17日(土)、18日(日)13:00/1話、3話、5話、6話
・『あしたのジョー2』
17日(土)15:00、18日(日)17:30/第1話「そして、帰ってきた…」
・『名探偵ホームズ』
17日(土)15:30、18日(日)17:00/第5話「青い紅玉(ルビー)」
・『ど根性ガエル』
17日(土)16:30/第1話「ピョン吉誕生の巻」
17日(土)16:30/第2話「平面ガエルはつらいよの巻」
・『THE DOG OF FLANDERS』
18日(日)14:30
・日本大学芸術学部作品
17日(土)14:00、18日(日)13:30/『ああ、爆走』
17日(土)14:00、18日(日)13:30/『景色ナナメ上』
17日(土)14:00、18日(日)13:30/『竜と魔法使い』
17日(土)14:00、18日(日)13:30/『二股人魚』
17日(土)14:00、18日(日)13:30/『虹色の花畑』
・アヌシー国際アニメ映画祭参加作品
17日(土)14:30、18日(日)14:00/『Changeover(チェンジオーバー)』
17日(土)14:30、18日(日)14:00/『One, Two, Tree(ワン・ツー・ツリー)』
17日(土)14:30、18日(日)14:00/『The Present(ザ・プレゼント)』
17日(土)14:30、18日(日)14:00/『Le Reve d’Awa(ル・レーヴ・ダワ(アワの夢))』
17日(土)14:30、18日(日)14:00/『Captain 3D(キャプテン3D)』
・新作アニメPV・予告篇集
17日(土)11:00、12:30、13:30、16:00、18:00
18日(日)11:00、12:30、16:30、18:00

《練馬文化センター会場》
小ホールで実施される各プログラム内で上映。ご覧になるには各プログラムの入場チケットが必要です。
・『ガンバの冒険』プログラム
17日(土)12:30/「ガンバの冒険」第2話「ガンバ、船で大暴れ」
17日(土)12:30/「ガンバの冒険」「GAMBA ガンバと仲間たち」予告篇
17日(土)12:30/「ガンバの冒険」第24話「白い悪魔のささやき」
17日(土)12:30/「ガンバの冒険」第26話「最後の戦い大うずまき」
・『この世界の片隅に』プログラム
17日(土)16:30/「この世界の片隅に」パイロットフィルム
17日(土)16:30/「この世界の片隅に」「冬の記憶」篇
17日(土)16:30/「名犬ラッシー」第1話「ひとりじゃない」
17日(土)16:30/「花は咲く」アニメ版
18日(日)16:00/「四月は君の嘘」第22話「春風」

この他にも様々な企画を展開します。

練馬アニメカーニバル公式サイト(練馬アニメーションサイト内)
http://animation-nerima.jp/event/carnival/carnival2015/
その他《アニメ・イチバンのまち》練馬に関する情報は『練馬アニメーションサイト』にて公開します。
http://animation-nerima.jp/

 

 

 

第1 7 回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞、第3 8 回「講談社漫画賞」一般部門受賞作品 2016 年1 月より放送開始のTV アニメ「昭和元禄落語心中」 オープニング主題歌アーティストに林原めぐみ、作詞作編曲プロデュースに椎名林檎が決定!!

繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ氏原作(講談社「ITAN」にて連載中)による、昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く人気漫画「昭和元禄落語心中」です。2016 年1 月からはMBS ほか“アニメイズム”枠にてTV アニメ化が決定している本作ですが、この度、オープニング主題歌アーティストが決定いたしました。声優のみならず、ラジオパーソナリティや作詞家、エッセイストとしてマルチに活動し、また本作に登場する謎の女性“みよ吉”を演じる林原めぐみさんがヴォーカルを務め、そして楽曲の作詞作編曲プロデュースに椎名林檎さんを迎えた、超豪華タッグが実現いたします。

作詞作編曲に加えヴォーカルディレクションまでを椎名さんが務め、自身も声優としてアニメ本編へ参加している林原さんが歌唱する本主題歌は、作品ファンのみならず音楽業界注目の一曲となります。また、林原めぐみさんの楽曲で同一アーティストが作詞・作曲・編曲全てをプロデュースするのは初の試みとなります。

そして、今回の主題歌制作及び双方に向けた両アーティストコメントも揃いました。 楽曲に関する詳細は来年1 月のTV 放送に向けて随時発表となりますので、今後の展開にご期待ください。

また、アニメのBGM 集と録り下ろしの落語を収録した音楽CD「昭和元禄落語心中音曲噺其の一」が10月7 日に発売しました。それに合わせて、アニメ公式サイトがリニューアル、最新PV も公開となりました。

なお、TV 放送に先駆け今年の12 月12 日(土)に日比谷公会堂にてイベントの開催が決定しており、こちらにはTV アニメから石田彰さん(有楽亭八雲役)、小林ゆうさん(小夏役)、山寺宏一さん(助六役)、林原めぐみさん(みよ吉役)などの豪華キャスト陣が出演し、さらにこの度、与太郎役の関智一さんの出演も追加決定いたしました。本イベントでは「昭和元禄落語心中」の本編上映やキャストトークショーが披露されます。

今後の作品及び主題歌情報にぜひご注目ください。

 

TV アニメ「昭和元禄落語心中」主題歌アーティストコメント

 

「椎名林檎」

売れに熟れたこの果実とのご対面。奮起せぬ訳はなく…。

ことさらに高揚した自分をいさめるように向かった録音場(スタジオ)。

TVシリーズの収録が終了していることをこれほど感謝するレコーディングはなかったかもしれない。

「彼女」の血肉を介して生まれた「もう一人のみよ吉」が襲ってくる。ひたひたと、確かな足取りで…。

私の中の「みよ吉」と「もう一人のみよ吉」がゆるゆると溶け合い、楽曲として「落語心中」という作品を表現する為の新しい命が生まれました。

彼女のオーダーを受け止め…答え、更なるオーダーに悩み、受け止め、咀嚼し、ひたすら「肉声(コエ)」にしてゆく。

そのゆったりとした、それでいて的確なラリーは、大変エロティックな作業でした。

「あたし 求められれば いくらでも 変われるよ」 『昭和元禄落語心中』第四巻 P35 より

二人の女遊(女優)の絡み合い。 お互いに、きっと一生忘れない宝物のような時間…。

全ての過去に感謝する時間でありました。

林檎さん…あなたに「ここ、あえてこんな風に…」と言われるたび、全力でお答えせねば…と、キュン…としておりましたのよ…。

しあわせをありがとう。

このしあわせを是非皆様にも一度味わってみていただきとうございます。

──林原めぐみ

_________________________________________

 

「落語心中」主題歌を書かせていただいて

天下の林原めぐみ女史。その七色の声に触れられるなど、作家として夢のまた夢。JASRAC へ、初めてこの筆名を登録した、高校生時分の椎名林檎へ知らせてやりたい。この度の制作は、作曲を続けてきて良かったと実感する瞬間の連続でした。 骨の髄まで熱に浮かされそうになりながら、解熱を心掛けながら、天国と地獄を行ったり来たりしながら取り組みました。

先ず、林原女史が、みよ吉の台詞を発して居られる声素材をいただき、キーを採るところから始めました。そのお芝居が余りに真に迫るものだったからです。彼女には、みよ吉役としてお話される音色や緩急そのまま、なるべく自然に発声していただきたかった。 話し声の音域の範囲内にメロディやアンサンブルを編んでいくというアプローチは初めての体験でした。

そして本作は、一小節ごとに一つ秒針が進むナンバー。みよ吉の人生の、或る三分間を描写したものです。いよいよ唄をいただくそのとき初めて、曲中に描かれたみよ吉の状況をお話しましたところ・・・いやはや皆まで申しますまい。よろしければ一度、ご試聴いただきたいと思います。兎に角、流石は天晴・林原めぐみ女史。私に思い残すことはございません。

そもそもこれほど面白い原作のアニメ化です。サウンドの整合性を謀るため一足先に拝聴した劇伴も素晴らしい。あらゆる工程で、みなさんが手を抜かず、丁寧に精魂込めて進めておられるのがはっきりと判るすてきな現場でした。そんなプロジェクトへ参加させてくださり、ほんとうにありがとうございました。感謝しきりです。完成品を拝見するのが楽しみです。

──椎名林檎

 

【作品情報】

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく・・・。

繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作による、昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く期待の一作。第17 回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞受賞。第38 回「講談社漫画賞」一般部門受賞。

 

【スタッフ】

原作:雲田はるこ「昭和元禄落語心中」(講談社「ITAN」連載)

監督:畠山 守

シリーズ構成:熊谷 純

キャラクターデザイン:細居美恵子

落語監修:林家しん平

色彩設計:佐野ひとみ

撮影監督:浜尾繁光

音楽:澁江夏奈

音楽制作:スターチャイルドレコード

音響監督:辻谷耕史

音響制作:ダックスプロダクション

アニメーション制作:スタジオディーン

製作:落語心中協会

 

【キャスト】

与太郎:関 智一

有楽亭八雲/菊比古:石田 彰

助六:山寺宏一

小夏:小林ゆう

みよ吉:林原めぐみ

七代目有楽亭八雲:家中 宏

松田:牛山 茂

アマケン:山口勝平

ヤクザ兄貴:加瀬康之

アニさん:須藤 翔

萬歳:茶風林

萬月:遊佐浩二

猫助師匠:林家しん平

ほか

 

【書籍情報】

原作コミックス「昭和元禄落語心中」第1 巻〜第8 巻(講談社刊) 好評発売中

『DVD付き 昭和元禄落語心中 第7 巻特装版』 好評発売中

*完全新作オリジナルアニメDVD「与太郎篇・前編」を同梱。

『DVD付き 昭和元禄落語心中 第8 巻特装版』 好評発売中

*完全新作オリジナルアニメDVD「与太郎篇・後編」を同梱。

 

【イベント情報】

タイトル:TV アニメ「昭和元禄落語心中」放送開始記念イベント

日付:2015 年12 月12 日(土)

時間:開場 16:00 開演 17:00 予定 ※開場・開演時間は前後する可能性がございます

会場:日比谷公会堂

出演:関智一(与太郎役)※NEW!、石田彰(有楽亭八雲役)、小林ゆう(小夏役)、山寺宏一(助六役)、

林原めぐみ(みよ吉役) MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー) 予定

内容:TV アニメ「昭和元禄落語心中」本編上映、キャストトークショー ほか予定

チケット:全席指定席5,800 円

 

★10 月7 日発売の音楽CD「昭和元禄落語心中音曲噺其の一」にイベント優先購入申込券が封入!

 

【CD 情報】

「昭和元禄落語心中音曲噺其の一」

発売日:2015 年10 月7 日(水)

品番:KICA-3251~3252

 

【収録内容】

<DISC1>

OAD「昭和元禄落語心中」サウンドトラック28 曲+出囃子8 曲

<DISC2>

落語「死神」/有楽亭八雲(CV:石田彰)

落語「出来心」/与太郎(CV:関智一)

 

★初回製造分のみ12/12 イベント優先購入申込券封入

 

TV アニメ「昭和元禄落語心中」2016 年1 月よりMBS ほか“アニメイズム”枠にて放送開始決定!

【アニメ「昭和元禄落語心中」公式サイト】 http://rakugo-shinju-anime.jp/

【アニメ「昭和元禄落語心中」公式twitter】 @rakugoshinju

【「ITAN」公式サイト内作品ページ】 http://itan.jp/contents/list0005.html

 

【マルシー表記】 (C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

人気美少女ゲームブランド「sprite」初の単独ライブイベント、2015年12月29日DIFFER有明にて開催!

sprite初となるイベントを1229日にディファ有明で開催します。

『恋と選挙とチョコレート』・『蒼の彼方のフォーリズム』の楽曲のほか、Playstation®Vita版蒼の彼方のフォーリズム・グランドオープニング主題歌「crossing way」(川田まみさん)も初披露します。

さらに、このイベントのための新曲も制作しています。

 

音楽を通じてspriteが創り出す物語を体感できます。

冬の澄んだ空気に広がる蒼の世界、ぜひお楽しみください!

 

■開催日時

20151229日(火)

開場 15:00 開演 16:30

※開場・開演時間は変更となる可能性がございます。

 

■会場

DIFFER有明

http://www.differ.co.jp/

 

■イベント公式サイト

http://sprite.org/special/spritelive2015/

 

■出演(敬称略)

川田まみ

KOTOKO

Ceui

浅川悠

(テレビアニメ版・PSP版「恋と選挙とチョコレート」東雲 皐月役)

儀武ゆう子

(PSVITA版「蒼の彼方のフォーリズム」保坂 実里役、テレビアニメ版・PSP版「恋と選挙とチョコレート」枝川 希美役)

 

■チケット

イープラスにて発売

チケット価格:5,500円(税抜)

オールスタンディング/ドリンク代別(1ドリンク500円)

 

★入場はチケットの整理番号順となります。

 

≪チケット申込期間≫

①優先先行販売

申込対象者:「sprite LIVE 2015」イベントチケット優先販売をお持ちの方のみ申込できます。

http://sprite.org/event/spritelive2015/

・申込受付期間:2015101日(木)~1014日(水)

※抽選となります

・チケット申し込みページ:http://eplus.jp/sprite2015/

 

②先行販売

どなたでも申込できます。

・申込受付期間:20151016日(金)~1029日(木)

※抽選となります

・チケット申し込みページ:http://eplus.jp/sprite/

 

■主催 sprite

■企画 sprite / SHOT MUSIC

■制作 SHOT MUSIC

■著作権表記

(c) sprite/fairys | SHOT MUSIC ALL RIGHTS RESERVED.

 

グッズ情報など、詳細は後日発表いたします。

 

完全書き下ろしエピソードを収録したシリーズ初のドラマCD が登場!『スクールガールストライカーズ ドラマCD』9月30 日(水)発売!

<大人気スマートフォン用ゲーム「スクスト」シリーズ初のドラマCD 化!>

株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下スクウェア・エニックス)はこの度、大人気スマートフォン用ゲーム『スクールガールストライカーズ』の最新CD『スクールガールストライカーズ ドラマCD』を2015 年9月30 日(水)に発売致しました。

価格は2,800 円+税です。

 

戦う女の子たちを率いて謎に満ちた物語を追っていく新感覚の“ラノベスタイルRPG”として人気を博している、大人気スマートフォン用ゲーム『スクールガールストライカーズ』です。 そのストーリーはもちろんのこと、個性的な女の子の数々も本作の魅力の一つとしてユーザーからも高い支持を得ています。
その魅力的な女の子達にスポットを当てたドラマCD がいよいよ発売です。 第1 作目となる今作は、「アルタイル・トルテ」の5 人をメインにしたエピソードを収録します。ゲームではあまり詳細に描かれることがなかった彼女たちの“日常”に迫る完全書き下ろしエピソードが満載! 是非ともご期待ください。

 

<「アルタイル・トルテ」メンバーの魅力満載の書き下ろしエピソード!>

本作は人気の女の子が多いチーム「アルタイル・トルテ」の5 人にスポットを当てた書き下ろしエピソードを収録しています。

メインエピソードの短編2本に加え、彼女たちそれぞれの“日常”にスポットを当てた個別トラックも収録されます。

収録されるエピソードは全て、ゲーム本編のシナリオを手掛ける石山貴也氏が脚本を執筆。さらに、ドラマを盛り上げる音楽には鈴木光人氏、とくさしけんご氏によるゲーム内BGMを使用するなど、ユーザー必聴の内容になっています。

 

≪登場人物≫

澄原サトカ(CV:日高里菜)

夜木沼伊緒(CV:沢城みゆき)

美山椿芽(CV:石原夏織)

沙島悠水(CV:花澤香菜)

菜森まな(CV:小倉唯)

ティエラ先生(CV:浅川悠)

モシュネ(CV:釘宮理恵)

 

≪制作スタッフ≫

脚本:石山貴也

音楽:鈴木光人、とくさしけんご

音響制作:神南スタジオほか

 

<キャラクターデザイン・小林元描き下ろしのイラストをジャケットに使用!>

本作のジャケットには、2月にリリース致しましたオリジナル・サウンドトラックに引き続き、キャラクターデザインを担当する小林元氏がシナリオを基に新規に描き下ろししたイラストを使用しています。

それぞれの“日常”が垣間見られる貴重なイラストにもぜひご注目ください。

 

<特設サイト公開中!収録内容の一部が聴ける試聴機能も!>

本作の特設ページは、現在スクウェア・エニックスミュージック公式サイト内で公開中です。

期間限定で収録内容の一部を聴くことが出来る試聴音源や、本作にご出演いただいたキャスト7名のアフレコ後コメントなどを掲載中!ぜひともご覧ください。

「スクールガールストライカーズドラマCD」特設ページ

URLhttp://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/sgs_drama/

 

【商品概要】

■商品名:スクールガールストライカーズドラマCD

■品番:SQEX-10500

■発売日:発売中[2015年9月30日(水)発売]

■価格:¥2,800+税

■仕様:CD 1枚組

■出演:日高里菜、沢城みゆき、石原夏織、花澤香菜、小倉唯、浅川悠、釘宮理恵

■脚本:石山貴也

■ジャケットイラスト:小林元

■音楽:鈴木光人、とくさしけんご

■公式サイト:http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/sgs_drama/

■発売元:株式会社スクウェア・エニックス

■権利表記:(C) 2014, 2015SQUARE ENIXCO., LTD. All Rights Reserved.

 

 

日本コロムビアアニソン50周年ライブに、ささきいさお、水木一郎、堀江美都子、大杉久美子らアニソン界のレジェンドが集結!

アニメソングを手がけてから今年でちょうど50年を迎える日本コロムビアが927日、Zepp Tokyoにて『日本コロムビアアニソン50​th​ THE LEGENDS』と銘打ったアニソンライブを開催しました。

アニソン四天王”​と称されるささきいさおさん水木一郎さん、堀江美都子さん、大杉久美子さんらアニソン界のレジェンドたちが集結しました。

チケットは完売、1,300人の熱烈なファンで満席となった会場は、開演前より熱気で充満しました。

司会の古川登志夫氏による「今日は最初からずっとクライマックスだぞー!」の掛け声に観客が歓声で応じると、水木一郎さんの「マジンガー​Z」(作品『マジンガー​Z​』)で幕を開けました。

その後、堀江美都子さんが「ボルテス​Vのうた」(作品『超電磁 マシーン ボルテス​V​』)、ささきいさおさんが「ゲッターロボ!」 (作品『ゲッターロボ』)で客席を圧巻し、アニソン四天王より早々のレジェンドの登場に、伝説の夜の幕開けを感じさせました。

鳴り止まない拍手の中、続いて古川氏の司会のもと大杉久美子さんも登場し、アニソン四天王がステージに並びトークを繰り広げました。

当日はニコニコ生放送によるライブ生中継も行われており、水木さんは「マジンガーZ歌唱中に『Z』のコメントが多数流れていたことを報告しました。

古川氏は「ZZZ・・・となったらまるで眠っているようですね。」と返し、会場の笑いを誘いました。

その後前川陽子さんは「魔女っ子メグちゃん」(作品『魔女っ子メグちゃん)、しまざき由理さんは「ハクション大魔王のうた」(作品『ハクション大魔王)、影山ヒロノブさんは「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」(作品『聖闘士星矢』)、串田アキラさんは「ガツガツ!!」(作品『トリコ』)と、圧巻の歌唱パフォーマンスで畳み掛けるようにステージを盛り上げました。

続く女子会と称したトークコーナーでは堀江さん、前川さん、しまざきさん、大杉さんが登壇し、貴重なデビュー当時の話などに花を咲かせました。

次ぐ男性アーティストのステージは、タケカワユキヒデさんが「テイキング・オフ!」(作品『銀河鉄道999(劇場版))、 影山ヒロノブさんが「スターダストボーイズ」(作品宇宙船サジタリウス』)、ささきいさおさんが「銀河鉄道999」(作品銀河鉄道999)、水木一郎さんが「キャプテンハーロック」(作品宇宙海賊キャプテンハーロック』)と力強いパフォーマンスで会場をさらなる熱気で包み込みました。

その後のトークではこの日最年少での出演となった影山さんが、生中継に長老が最年少とのコメントがあったことに触れ、「不思議なことが起こっている」との困惑した仕草に、会場は笑いに包まれるシーンもありました。

改めてアニソンの歴史とその層の厚さを感じさせるワンシーンです。

 

続いてはメドレーコーナーへ突入しました。

『世界名作劇場』より、大杉久美子さんが「よあけのみち」(作品『フランダースの犬』)、「草原のマルコ」(作品『母をたずねて三千里』)、「ロックリバーへ」(作品『あらいぐまラ スカル』)、堀江美都子さんが「グローイング・アップ」(作品『私のあしながおじさん』)を披露しました。

どの楽曲もイントロより歓声があがり、今なお燦然と輝きを放つアニメソングのパワーを思い知りました。

そして映像コメントコーナーでは、今年生誕90年を迎えた作曲家・編曲家の渡辺宙明氏、日本コロムビアでアニメソングを手がけていた松橋繁氏、作曲家・編曲家の田中公平氏よりビデオメッセージが到着しました。

アニメソングに向けた思いや当時の貴重な裏話などを披露し、伝説の夜に花を添えました。

 

その後はエンディング・テーマからの選曲で、ささきいさおさんが「青い地球」(作品『銀河鉄道999』)、前川陽子さんが「夜霧のハニー」(作品『キューティーハニー』)、堀江美都子さんが「あしたがすき」(作品『キャンディ・キャンディ』)、水木一郎さんが「ルパン三世愛のテーマ 」(作品『ルパン三世』)と続きました。

オープニング・テーマと異なり、じっくりと聞かせる選曲に飲み込まれていく会場は、一曲一曲盛大な拍手に包まれました。

 

そしてここで特別出演の弘田三枝子さんの登場です。

196512月に『ジャングル大帝』主題歌「レオのうた」のシングルレコード発売し、日本コロムビアがアニメソングを手がけて今年で50年です。

弘田さんの登場はまさに伝説の一夜を感じさせ、会場の熱気と興奮もひとしおでした。

弘田三枝子さんが「レオのうた」(作品『ジャングル大帝』)、タケカワユキヒデさんが「THE GALAXY EXPRESS 999」(作品『銀河鉄道999(劇場版)』)、大杉久美子さんが「ドラえもんのうた」(作品『ドラえもん』)、しまざき由理さんが「みなしごハッチ」(作品『昆虫物語みなしごハッチ』)と、会場をますます加熱させていきました。

 

ライブも終盤に差し掛かるが、その後もひとつとして観客の心を掴んで離さない。

ステージを走りまわるパフォーマンスを繰り広げた影山ヒロノブさんが「CHA-LA HEAD-CHA-LA(作品『ドラゴンボールZ』)、歌唱だけでなく衣装でも会場を虜にした前川陽子さんが「キューティーハニー」(作品『キューティーハニー』)、圧巻の歌唱に観客も拳を突き上げ応じた串田アキラさんが「キン肉マン Go Fight!」と、50年の歴史を感じつつ、当時の勢いそのままで再現される名曲の数々でした。

そして自身も親友と語る名曲・堀江美都子さんの「キャンディ キャンディ」(作品『キャンディ・キャンディ』)、会場を更なる一体感に包み込んだ水木一郎さんの「バビル2世」作品『バビル2世』)、そしてその力強い歌声に自然とシンガロングを巻き起こしたささきいさおさんが「宇宙戦艦ヤマト」(作品『宇宙戦艦ヤマト』)で、本編は幕を閉じました。

 

なお、​923日には日本コロムビアより​50周年記念アルバムが発売されています。

誰もが口ずさめるメロディとともに蘇る記憶、アニメソングのパワーを改めて体感して欲しいです。

————————-​​​

50周年記念アルバム

アニソンの歴史に燦然と輝き続ける珠玉の名作を50曲選りすぐって2枚組に収録したアルバム​が​発売。 誰もが聴いたことのある超有名曲ばかりを集めた、世代を超えて楽しめる、いわゆる一家に一枚盤です。

タイトル:これだけは知っておきたい50曲のアニメソング

発売日:2015年9月23日(水)
価格:¥2,500 品番:COCX-392723 Blu-spec CD2

96kHZ/24bitデジタルリマスター

 

収録曲:

DISC1

01.レオのうた/弘田三枝子(『ジャングル大帝』より)

02.ハクション大魔王のうた/嶋崎由理(『ハクション大魔王』より)

03.タイガーマスク/新田 洋(『タイガーマスク』より)

04.みなしごハッチ/嶋崎由理(『昆虫物語みなしごハッチ』より)

05.大ちゃん数え唄/吉田よしみ(『いなかっぺ大将』より)

06.オバケのQ太郎/堀 絢子(『新オバケのQ太郎』より)

07.ふしぎなメルモ/出原千花子(『ふしぎなメルモ』より)

08.海のトリトン(Go! Go! トリトン)/ヒデ夕樹(『海のトリトン』より)

09.デビルマンのうた/十田敬三(『デビルマン』より)

10.ガッチャマンの歌/子門真人(『科学忍者隊ガッチャマン』より)

11.ど根性ガエル/石川 進(『ど根性ガエル』より)

12.マジンガーZ/水木一郎(『マジンガーZ』より)

13.バビル2世/水木一郎(『バビル2世』より)

14.緑の陽だまり/堀江美都子(『山ねずみロッキーチャック』より)

15.キューティーハニー/前川陽子(『キューティーハニー』より)

16.魔女っ子メグちゃん/前川陽子(『魔女っ子メグちゃん』より)

17.おしえて/伊集加代子(『アルプスの少女 ハイジ』より)

18.ゲッターロボ!/ささきいさお(『ゲッターロボ』より)

19.宇宙戦艦ヤマト/ささきいさお(『宇宙戦艦ヤマト』より)

20.よあけのみち/大杉久美子(『フランダースの犬』より)

21.ラ・セーヌの星/アレーヌ(『ラ・セーヌの星』より)

22.とんちんかんちん一休さん/相内 恵(『一休さん』より)

23.草原のマルコ/大杉久美子(『母をたずねて三千里』より)

24.キャンディキャンディ/堀江美都子(『キャンディ・キャンディ』より)

25.ボルテスVのうた/堀江美都子(『超電磁マシーン ボルテスV』より)

26.キャプテンハーロック/水木一郎(『宇宙海賊キャプテンハーロック』より)

27.ルパン三世のテーマ/ピートマック・ジュニア(『ルパン三世(二期)』より)

 

DISC2

01.銀河鉄道999/ささきいさお(『銀河鉄道999』より)

02.誰がために/成田 賢(『サイボーグ009』より)

03.ドラえもんのうた/大杉久美子(『ドラえもん(二期)』より)

04.銀河鉄道999/ゴダイゴ(劇場版『銀河鉄道999 THE GALAXY EXPRESS 999』より)

05.夢の舟乗り/タケカワユキヒデ(『キャプテンフューチャー』より)

06.地球へ… Coming Home To Terra/ダ・カーポ(『地球へ(劇場版)』より)

07.ありがとう/99Harmony(『キャプテン』より)

08.風になれ!/堀 欣也(『がんばれ元気』より)

09.ワイワイワールド/水森亜土(『Dr.スランプアラレちゃん』より)

10.コブラ/前野曜子(『スペースコブラ』より)

11.Midnight Submarine/ハーリー木村(『未来警察ウラシマン』より)

12.恋は突然/堀江美 都子(『愛してナイト』より)

13.きてよパーマン/三輪勝恵(『パーマン(二期)』より)

14.キン肉マン Go Fight!/串田アキラ(『キン肉マン』より)

15.魔訶不思議アドベンチャー/高橋洋樹(『ドラゴンボール』より)

16.ペガサス幻想/MAKE-UP(『聖闘士星矢』より)

17.CHA-LA HEAD-CHA-LA/影山ヒロノブ(『ドラゴンボールZ』より)

18.はじめてのチュウ/あんしんパパ(『キテレツ大百科』より)

19.オレ、タルるート/TARAKO(『まじかるタルるートくん』より)

20.ムーンライト伝説/DALI(『美少女戦士セーラームーン』より)

21.んばば・ラブソング/TOME(『南国少年パプワくん』より)

22.ウィーアー!/きただにひろし(『ONE PIECE』より)

23.ハム太郎とっとこうた/ハムちゃんず(『とっとこハム太郎』より)

​​————————-​​

【日本コロムビア アニソン50th 特設ページ】

http://columbia.jp/anison50/