「TIGER & BUNNY × ラスカル」 ワイルドタイガー等ヒーロー10人に扮したラスカルが “まぁるく”クリーナー化! ~「キュッぷりマスコットクリーナー」新作はDX仕様のヒーローVer.~

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」( http://p-bandai.jp/?rt=pr )では、「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- × あらいぐまラスカル」のコラボアイテム「キュッぷりマスコットクリーナー」の新作シリーズとして、ワイルドタイガーやバーナビー・ブルックス Jr.など10人のヒーロー姿に扮したラスカル達が5個ずつセットになった『キュッぷりマスコットクリーナーDX(A・Bセット)』(全2種 各3,780円 税込/送料・手数料別途)の予約受付を2015年12月3日(木)13時に開始いたしました。(発売元:サンスター文具株式会社)

 

■商品特長
『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』×『あらいぐまラスカル』のコラボアイテム「キュッぷりマスコットクリーナー」の新作シリーズ、DX仕様のヒーローバージョンが登場。
ワイルドタイガー、バーナビー・ブルックス Jr.、ゴールデンライアンなどのヒーロー10人それぞれに扮したラスカルをコロンと“まぁるく”デフォルメし、可愛いマスコットに仕上げました。
プリティなおしり部分には、パソコンや携帯電話の画面などが拭けるクリーナーが付いています。デスクの上に可愛く並べて置いたり、付属のボールチェーンでバッグにつけて一緒におでかけしたりできます。また、ワイルドタイガーのショルダーパーツやファイヤーエンブレムのマントのフォルム、折紙サイクロンの鎧の腰紐など、ヒーロー達の特徴を細部まで可愛くリアルに再現することにこだわりました。AセットとBセットの2種、各5個入りのセット販売です。

 

<Aセット>
ワイルドタイガー/スカイハイ/ロックバイソン/ファイヤーエンブレム/ルナティック

<Bセット>
バーナビー・ブルックス Jr./ゴールデンライアン/ブルーローズ/ドラゴンキッド/折紙サイクロン

 

■商品概要
・商品名  :劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- × RASCAL
キュッぷりマスコットクリーナーDX(A・Bセット/各5個入)
Aセット
http://p-bandai.jp/sun-star-st/item-1000101312/?rt=pr )
Bセット
http://p-bandai.jp/sun-star-st/item-1000101313/?rt=pr )
・価格     :各3,780円(税込)(送料・手数料別途)
・セット内容  :マスコットクリーナー5個(ボールチェーン付)
・商品サイズ:約W50×H67×D50mm
・商品素材 :本体…ポリエステル/ボールチェーン…スチール
・生産国   :カンボジア
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」限定
http://p-bandai.jp/?rt=pr )
・予約期間 :2015年12月3日(木)13時~準備数に達し次第終了
・対象年齢 :15才以上
・商品お届け:2016年5月予定
・発売元  :サンスター文具株式会社

(C)BNP / TBM (C)N.A.

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※代引き・コンビニ決済・NP後払いの場合、手数料が別途かかります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※「プレミアムバンダイYahoo!店」で販売する場合があります。

■TIGER & BUNNYとは
近未来都市「シュテルンビルト」を舞台に、“NEXT(ネクスト)能力”と呼ばれる特殊能力を持ったヒーロー達の活躍を描いたTVアニメ。“NEXT能力”を悪用する凶悪な犯罪者たちとの手に汗握るアクションシーンはもちろん、従来のヒーローとは一線を画した人間らしいキャラクターたちの魅力やエピソードが、アニメファンのみならず幅広い層の支持を集めています。

■あらいぐまラスカルとは
1977年に「世界名作劇場」シリーズの3作目として製作・放送。アメリカ・ウィスコンシン州を舞台に、主人公のスターリング少年とあらいぐまの「ラスカル」が共に過ごした1年間を描いたアニメーション作品。彼らの成長、ラスカルのかわいらしさだけでなく、人間社会で動物と共存することへの葛藤を描いています。ちなみにラスカルとは英語で“いたずらっ子”という意味。

■ 『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』×『あらいぐまラスカル』とは
『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』の劇中にて、主人公のひとりで、街を救うヒーロー「ワイルドタイガー」として活躍する鏑木・T・虎徹(かぶらぎ・T・こてつ)が、「虎というより、あらいぐまだね」と揶揄されたシーンをきっかけに実現したコラボ企画です。

■バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」とは
「プレミアムバンダイ」は、子どもから大人までいつでもどこでも24時間楽しめるバンダイの公式ショッピングサイトです。「プレミアムバンダイ」でしか買えないこだわりの限定アイテムの販売や、メールマガジンで人気キャラクターのイベント情報、お得なキャンペーン情報もいち早く手に入れることが出来ます。
バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」  http://p-bandai.jp/?rt=pr

魔女を目指す少女たちが帰ってきた! 気鋭のアニメーションスタジオ「TRIGGER」とコラボ 『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』Tシャツ新発売! 「キルラキル」「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」に続くコラボ

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方 雅也、以下 ハードコアチョコレート)と株式会社トリガー(本社:東京都杉並区、代表取締役:大塚 雅彦、以下 TRIGGER)は、『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』のコラボレーションTシャツを発売いたしました。
本商品は、「キルラキル」「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」とのコラボレーションに続く、企画第3弾オリジナルTシャツとなります。

 

【商品概要】
「キルラキル」「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」など話題作を手がける気鋭のアニメーションスタジオ、TRIGGERによるオリジナル劇場用作品『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』とのコラボレーションTシャツを発売いたしました。

本作は、2013年に文化庁の若手アニメーター育成事業「アニメミライ」で発表された短編「リトル ウィッチ アカデミア」の続編となります。製作資金は米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」を通じて募り、世界各国のファンから約7,400万円が寄せられて実現しました。

▼リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード
-Little Witch Academia- Tシャツ-Little Witch Academia- Tシャツ
http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=95303080 
▼TRIGGER × ハードコアチョコレート
http://core-choco.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1281222

 

【Tシャツ概要】
定価    :4,100円(税込)
サイズ 160:着丈62cm×身幅46cm
S:着丈65cm×身幅49cm
M:着丈69cm×身幅52cm
L:着丈73cm×身幅55cm
XL:着丈77cm×身幅58cm
XXL:着丈81cm×身幅63cm

<販売場所>
・ハードコアチョコレート 東中野ヘッドショップ
・ハードコアチョコレート オンラインストア
・Amazon.co.jp

 

(c) 2015 TRIGGER/吉成曜/GOOD SMILE COMPANY

 

【リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレードについて】
<ストーリー>
幼い頃に見た魔女・シャイニィシャリオのショーで魔法の魅力に取り憑かれて、ヨーロッパの伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学したアッコ。
しかしいまだホウキにも乗れないどころか、授業でも勝手なことをして騒動ばかり起こしている。そんなアッコと、友人で世話役のロッテ、皮肉屋のスーシィの3人は、罰として魔女狩りの歴史を再現したパレードに参加させられることに!
同じく問題児グループのアマンダたち3人と一緒にパレードを成功させなければ、落第決定。しかしどうせなら、シャイニィシャリオのショーのように思いっきりハッピーなものにしたい!!街全体を巻き込んだ、アッコたちの魔法仕掛けのパレードが動き出す─。

 

<スタッフ>
監督・キャラクターデザイン・作画監督:吉成 曜
脚本                :島田 満
美術監督             :金子 雄司
色彩設計             :垣田 由紀子(T2スタジオ)
撮影監督             :土田 栄司
編集                :坪根 健太郎
音響監督             :渡辺 淳
音楽                :大島 ミチル
主題歌               :大原 ゆい子「Magic Parade」
(TOHO animation RECORDS)
アニメーション制作       :TRIGGER
製作                :GOOD SMILE COMPANY
配給                :東宝映像事業部

<キャスト>
潘 めぐみ、折笠 富美子、村瀬 迪与、日笠 陽子、
志田 有彩、村川 梨衣、上田 麗奈、日髙 のり子

 

【ハードコアチョコレート 会社概要】
映画やプロレス、漫画にアニメ、特撮…更には萌えまで…コアな題材をパンキッシュなデザインで飲み込み、1999年ブランド設立以来、様々なアンダーグラウンドシーンで話題を巻き起こす。正しく、けたたましく雑食“ハードコアな”Tシャツアパレルブランド。“過激だけどクール”で洗練されたデザインは国内外のコアなTシャツユーザーに圧倒的な支持を得ており、Tシャツ界の悪童の異名を持つ。

商号      : 有限会社ハードコアチョコレート
所在地   : 〒164-0003 東京都中野区東中野1-54-7 田島ビル2F
※2015年6月1日本社移転
設立     : 2002年2月
代表者  : 取締役 宗方 雅也
事業内容: Tシャツほか衣類のデザイン、製造、販売
URL    : http://core-choco.com/

『いしゃ先生』山形先行公開初日舞台挨拶 山形県オールロケの「いしゃ先生」山形県縦断舞台挨拶報告ヒット御礼!

11月7日(土)より山形県内で撮影された映画「いしゃ先生」が山形県全域にて公開されました。

それを記念して主演の平山あやさん、榎木孝明さん、主題歌も担当しました上野優華さんをはじめ、原作/脚本のあべ美佳さん、監督の永江二朗さんが舞台挨拶に登壇しました。

現•西川町に実在した女医、志田周子(しだちかこ)の運命に翻弄された半生を描いた本作は山形県を皮切りに東京ではヒューマントラストシネマ有楽町、名古屋では名演小劇場で2016年1月9日(土)より公開します。

そのスタートとして山形県•フォーラム山形、MOVIE ONやまがた、にて行われた舞台挨拶の模様をお伝いします。

 

【いしゃ先生・ストーリー】

東京で医学を学んでいた志田周子(しだちかこ)に山形県大井沢の村長である父、荘次郎(榎木孝明)が村医者として3年間、帰郷を求めた。東京に好きな人を残したまま、村の為に故郷へと戻り、医者をはじめた周子はその努力虚しく、村人に受け入れられず孤立した生活を送る。医者としてどうあるべきか村民と向き合い、診察を続ける周子。その人生の先に待つものは…。

○出演キャスト:平山あや、榎木孝明、池田有希子、岡雅史、上野優華 /長谷川初範

○監督:永江二朗

○脚本/原作:あべ美佳

○プロデューサー:上野境介

○撮影:早坂伸

○美術:遠藤剛

○企画:志田周子の生涯を銀幕に甦らせる会

○製作協力:山形県西川町

○コピーライト (C)2015「いしゃ先生」製作委員会

○配給、宣伝:キャンター

 

【舞台挨拶報告】

11月7日(土)より「いしゃ先生」が山形県全域で公開しました。県内で全7館となり舞台挨拶は7日に4カ所。8日は庄内地区で2カ所と山形横断舞台挨拶を敢行しました。7日は各劇場が満席となり、舞台挨拶だけでも約1,000名の来場者を越えました。

山形県にて舞台挨拶でのコメント(抜粋)

■主演を演じた平山あやさんのコメント:山形県での撮影は街の皆さんがエキストラの協力などのおかげでいい映画になりました。冬のロケでは寒くて、また2m、3mの雪の壁を初めて見ました。また山形県の皆さんに「芋煮」や「玉こんにゃく」という地元の温かい食事を出していただいて厳しい冬のロケを乗り越えました。そして私は志田周子さんという実在した女性医者の役を頂いた時はプレッシャーを感じていましたが、今は志田周子さんを演じる事が出来て本当に幸せです。

■上野さんのコメント:山形ロケの思い出は地元徳島に似ていて自然が綺麗で人も温かくて、そして「芋煮」を堪能していました。更に主題歌の話が撮影の後に頂き、撮影に感じた思いをこのタイトル「あたたかい場所」と名付け、歌詞を書きました。

■榎木さんのコメント:本当に素敵な景色で合間を見て絵を描いていました。山形県内の絵は今までにも沢山描いてきました。映画は次の世代まで、そして100年後も残ります。この映画は山形の美しい風景を収めています。自信を持って皆さんにお届け出来る映画です。

 

2015年11月7日(土)より山形県全域先行公開

2016年1月9日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、名演小劇場ほか全国順次公開

 

はなまる×ちびまる子ちゃん “まる”つながりのご縁により実現! 『映画ちびまる子ちゃん』タイアップ企画《まるちゃんフェア》を開催!

原作は少女コミック誌「りぼん」で連載され、累計発行部数3,200万部(2015年10月現在)を超える、さくらももこの大人気コミック「ちびまる子ちゃん」です。1990年にテレビアニメの放送を開始し、今年で放送開始25周年!放送回数1,100回を超え、日本人なら誰でも知っている国民的アニメ作品です。
23年ぶりの劇場版となる、12月23日(水・祝)公開の『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の映画脚本は、原作者・さくらももこ氏自らが担当しました。そして、中川大志さん、劇団ひとりさん、パパイヤ鈴木さん、渡辺直美さん、ローラさんと、多彩なゲスト声優を迎え、アニメ放送25周年の“ちびまる子ちゃん”イヤーを、さらに盛り上げてくれます。

そしてこの度、はなまる×ちびまる子ちゃん “まる”つながりのご縁によって、『映画ちびまる子ちゃん』を応援するタイアップ企画《まるちゃんフェア》を開催することとなりました。

タイアップ企画は来る11月15日(日)より約2ヶ月間、数回にわたっておこなわれます。期間中、何度でも使えるお得なクーポンキャンペーンや、映画と連携したキャンペーン、期間限定商品の販売など、魅力あふれるものとなっております。

『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』と『はなまるうどん』は、この冬、日本中をやさしい感動と温もりで包み込みます。

 

■《玉子あんかけフェア》冬季限定メニュー『玉子あんかけうどん』シリーズ
今回の期間限定メニューは、あったかとろとろの玉子あんかけと讃岐うどんの組み合わせ。寒さが厳しくなるこの季節に、暖まっていただける商品に仕上げました。生姜が効いたスッキリ味の『生姜玉子あんかけ』、明太子のピリッとしたアクセントと旨味が効いた『明太生姜玉子あんかけ』、五穀酢のまろやかな酸味と辛味が魅力の『酸辣湯うどん』、蒸し鶏とトマトの相性が抜群の『鶏とトマトの酸辣湯うどん』、合計4種類をご用意しました。

 

■商品概要
商品価格:『生姜玉子あんかけ』
(小)400円 (中)500円 (大)600円
『明太生姜玉子あんかけ』
(小)450円 (中)550円 (大)650円
『酸辣湯うどん』
(小)450円 (中)550円 (大)650円
『鶏とトマトの酸辣湯うどん』
(小)500円 (中)600円 (大)700円
※価格は税込みです。
販売店舗:全国の「はなまるうどん」店舗 ※一部店舗を除きます。

 

■タイアップ企画概要 第一弾
<企画内容>
・「映画ちびまる子ちゃん」による、テレビCM放映。 ※一部地域限定
・「映画ちびまる子ちゃん」による、店内放送およびポスターでの商品キャンペーン。

<配布店舗>
全国の「はなまるうどん」店舗 ※一部店舗を除きます。

<配布開始日>
平成27年11月15日(日)~

 

■タイアップ企画概要 第二弾
<企画内容>
・700円以上の商品購入、またはレシート合計金額700円以上の方にプレゼント。
・単品270円以上のうどん1杯につき50円引き。
・シールクーポンは6枚綴りになっており、家族や友達とシェアすることも可能。
・キャンペーン期間中にご提示いただくと何度でも割引いたします。

<配布店舗>
全国の「はなまるうどん」店舗

<配布開始日>
平成27年11月15日(日)~12月22日(火) ※なくなり次第終了。

 

■タイアップ企画概要 第三弾
<企画名称>
「映画ちびまる子ちゃん」チケット半券クーポン キャンペーン

<企画内容>
12月23日から公開の「映画ちびまる子ちゃん」のチケット半券のご提示で270円以上のうどん1杯100円引き。

<対象店舗>
全国の「はなまるうどん」店舗

<開始日>
平成27年12月23日(水・祝)~平成28年1月末

 

はなまるでは「みんなに、おいしい驚きを。」を掲げ今後も、お客様においしさと驚きを提供する商品・サービスを、お届けしてまいります。

 

【12月23日(水・祝)全国ロードショー!】
『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

世界の5カ国からやってきた子どもたち。花輪くんのお願いで、みんなの家に外国の子どもたちがホームステイすることになったからさあ大変!
まる子の家にはイタリアからやって来たアンドレアが来ることに。学校での授業に参加したり、週末には清水の町を飛び出して、みんなで大阪や京都へと出かけたりと楽しい日々を過ごすまる子たち。始めは、積極的なアンドレアに戸惑いながらも、日本に来た理由を聞いて、アンドレアの気持ちを知るまる子。
一緒に行ったお祭りでは「また会えますように」と、それぞれお願い事をする二人。
そんな楽しい日々にも、いよいよお別れの時が――。

コピーライト:
(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ 読売広告社 FNS27社

短縮版】:
(C)2015 SP/F.N.T.H.Y.FNS

 

「映画ちびまる子ちゃん」と スタンプ・デコメ(R)・絵文字取り放題サービス「デココレ」が 25周年映画公開記念特別タイアップ! ~スタンプ素材配信&映画チケット・プレゼントキャンペーン実施~

株式会社アイフリーク モバイル(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:谷内 進、以下 当社)は、スタンプ・デコメ(R)・絵文字が取り放題の「デココレ」にて、テレビアニメ25周年記念の「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」(2015年12月23日(水・祝)から全国東宝系にて公開予定)と特別タイアップを実施します。デココレ特製「ちびまる子ちゃん」限定スタンプ・待ち受け画像の配信と映画鑑賞チケットを抽選で10名様にプレゼントいたします。

本スタンプ素材は、デコメールの他、「LINE」「Facebook Messenger」など、様々なメッセージングアプリで、幅広いユーザーにご利用いただけます。

 

■特別タイアップ概要
タイアップ実施期間:2015年11月2日(月)~2016年1月15日(金)予定

1. LINEやSNSで使える限定スタンプ素材
タイアップ期間中にしかダウンロードできない限定スタンプ素材は10種類以上!デココレでしかGETできない、デココレ特製の「映画ちびまる子ちゃん」スタンプ素材です。
まる子や花輪くんなどのキャラクターはもちろん、今回の映画に登場するキャラクターもスタンプ素材で配信します。LINEやSNSで使いやすいあいさつやリアクションに使えるスタンプ素材が勢ぞろいです。
また、クリスマスやお正月にも利用可能なスタンプ素材も期間限定で配信します!

2. デココレ特製の待ち受け画像
「映画ちびまる子ちゃん」の登場キャラクターが勢ぞろいの豪華な待ち受け画像を配信します!スマートフォンのホーム画面やLINEのトーク画面の背景に利用できます。

3. 映画鑑賞チケットを10名様にプレゼント
2015年12月23日(水・祝)から全国東宝系で公開される「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」の映画鑑賞チケットを抽選で10名様にプレゼントします。
(プレゼント応募期間:2015年11月2日(月)11時頃~2015年12月4日(金)10時頃予定)
また、プレゼント第2弾として、映画グッズのプレゼントを予定しています。
※NTTドコモ「dmenu」、KDDI「auスマートパス」、ソフトバンク「App Pass」で提供しているデココレでプレゼントを実施しています。

スマートフォンで利用できるスタンプ・デコメ・絵文字取り放題の「デココレ」では、今後も様々な企画を実施し、ユーザーへプレミアムな価値を提供してまいります。

 

■アクセス方法
【docomo スゴ得コンテンツ】
dメニュー(dmenu) TOP > スゴ得コンテンツ > キャラ/デコメ > デココレ

【auスマートパス】
auポータルTOP > auスマートパス > アプリ(またはWEBアプリ※) > カテゴリから探す > メール> デココレ
※auスマートパス WEB版はiPhone専用となります。

【ソフトバンク App Pass(TM)】
App Pass(TM)アプリを起動 > カテゴリ >エンターテインメント > デココレ

【docomo dメニュー(dmenu)】
dメニュー(dmenu) TOP > メニューリスト > デコメール(R)/メール > フォト/イラスト > デココレ

 

■『デココレ』とは?
『デココレ』はデコメ・絵文字・スタンプ・壁紙などを定額取り放題でお楽しみいただけるサービスです。提供開始したフィーチャーフォン時代より多くのユーザー様にご利用いただき、現在20万点以上の素材を提供しております。
あいさつ・リアクション・記号・誕生日・季節・時事ネタなど、多岐に渡る素材を毎日更新。ダウンロード頂いた素材はメールの他、「LINE」「Facebook Messenger」などの様々なメッセージングアプリでご利用いただけます。

 

【株式会社アイフリーク モバイル 会社概要】
会社名 : 株式会社アイフリーク モバイル
(東京証券取引所 JASDAQ市場上場 証券コード:3845)
代表者 : 代表取締役社長 谷内 進(たにうち すすむ)
設立  : 2000年6月
本社  : 福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目2番8号 住友生命博多ビル11階
(東京支店:東京都新宿区新宿2-1-11 御苑スカイビル10階)
資本金 : 652,682千円(2015年3月末現在)
主要株主: 株式会社エムワイエヌ・永田 万里子 他
事業内容: モバイルコンテンツ事業
URL   : http://www.i-freek.co.jp/ (コーポレートサイト)

 

※「デココレ」は株式会社アイフリーク モバイルの登録商標です。
※「デコメ」「デコメール」「スゴ得コンテンツ」「dメニュー(dmenu)」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「au」「auスマートパス」「KDDI」はKDDI株式会社の登録商標です。
※「App Pass(TM)」はソフトバンク株式会社の商標です。
※「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。
※「Facebook」は、Facebook,inc.の登録商標です。
※「iPhone」は、米国および他の国におけるApple Inc.の商標または登録商標です。
※「iPhone」商標はアイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※その他、各社の社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

「an」の「超バイト」新企画で劇場アニメ「亜人」とタイアップ! “亜人”を探せ!?「an」で捜査員緊急募集! 都内某所で実施する“亜人”一斉捜査の参加者を10月19日から募集開始

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」< http://weban.jp/ >と、11月27日(金)に第1部を公開予定の劇場アニメ「亜人」は、タイアップ企画の募集を10月19日より開始いたしましたので、概要をお知らせいたします。

■亜人“佐藤”の計画を阻止せよ!亜人捜査員緊急募集!
決して死ぬことのない新種の人類「亜人」と、それを追う日本国政府の戦いを描いた桜井画門氏の人気コミック「亜人」です。早くも累計発行部数350万部を突破する単行本最新第6巻の発売にあわせ、劇場3部作とTVアニメ化が発表され、大きな話題となっています。

本企画では、11月27日公開の劇場アニメ第1部「亜人 -衝動-」と「an」とのタイアップにより、映画公開日の11月27日に都内某所に現れる佐藤の動きを阻止するための、捜査員を緊急募集します。

死ぬことのない亜人との壮絶な戦いが予想される亜人捜査員だけに、性別年齢問わず、使命感あふれる応募者の参加に期待します。なお、捜査活動の待遇として、報酬1万円及び、捜査員用ウインドブレーカーと「亜人」劇場鑑賞券が支給されます。

【亜人捜査員募集概要】
応募期間:2015年10月19日(月)~2015年11月1日(日) 23:59
募集内容:亜人管理委員会 臨時捜査員 20名
待遇  :報酬1万円+捜査員用ウインドブレーカー+「亜人」劇場鑑賞券

応募条件、応募方法などの詳細は特設サイト内にてご確認ください。
・特設サイトURL
http://weban.jp/contents/c/ajin_pc/ (「亜人 an」で検索)

捜査概要:11月27日(金) 都内某所 ※詳細は捜査員にのみ通達

【亜人紹介】
世界を震撼させた大ヒットコミック、禁断のアニメ化?!
決して死なない新種の人類<亜人>と、それを追う日本国政府。
両者の戦いを、斬新なアクションと緻密な心理描写で描く、大ヒットコミック「亜人」
(桜井画門/講談社『good!アフタヌーン』連載、累計発行部数350万部)が、待望のアニメ化!

■STORY
高校生、永井圭。トラックによる追突死の直後、謎の蘇生。
これにより国内3例目の不死の新人類・亜人であることが判明した。
警察および亜人管理委員会により捕獲作戦、開始。
同刻、管理下にあった2例目の亜人が何者かの幇助により逃走。
この者らは直ちにテロ活動を展開し人類への復讐を開始した。
永井圭の動向を注視せよ。繰り返す…

<劇場アニメ3部作『亜人』>
第1部 -衝動-
2015年11月27日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開

配給:東宝映像事業部
コピーライト:(c)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
【公式ホームページ】 http://www.ajin.net/
【公式Twitter】 @anime_ajin

■「超バイト」について
http://weban.jp/contents/c/cho_baito/
「超バイト」は、多様な価値観、働き方をしている若者を中心に、夢を実現するため、あるいは現状から1歩踏み出すためのきっかけを、広く提供するための「an」の新企画です。漫画・映画・格闘技・お笑い・音楽・ネット文化などのあらゆるジャンルにわたり、思わず挑戦してみたくなる企画を「超バイト」として展開していきます。

■「an」について
http://weban.jp/
「an」は、1967年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降40年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供を行ってきました。現在は、PC・モバイル・スマートフォンのWebサイト、有料求人誌、フリーペーパーのメディアミックスによる情報提供サービスを展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

■媒体ラインナップ
【PC・モバイル・スマートフォンサイト】
総合サイト「an」
http://weban.jp/
各地域の求人情報に特化した「an エリア」
http://area-baito.weban.jp/
正社員、未経験歓迎の求人情報「an レギュラー」
http://regular-shigoto.weban.jp/

【フリーペーパー】
「an」
毎週月曜日発行/全国14版(北海道版、首都圏4版、東海3版、関西3版、福岡都市圏&周辺版)/無料

『お父さんと伊藤さん』 上野樹里とリリー・フランキー、20歳の年の差カップルに!父・藤竜也が、2人の同棲生活に転がり込む! タナダユキ監督(『ロマンス』)最新作 情報初解

女優の上野樹里さんが『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督)以来2年ぶりに、映画『お父さんと伊藤さん』において主演を務めることになりました。本作で上野樹里さんが演じるのは、定職につかず書店でアルバイトをして、自由気ままに暮らす34歳の彩です。そんな彩が付き合う男性で、給食センターでアルバイト(!)で生計をたてている20歳も年上の伊藤さん役に、役者として独自の地位を築いているリリー・フランキーさんです。そして、2人が住むアパートに転がり込んでくる老いたお父さん役に、『龍三と七人の子分たち』(15/北野武監督)で圧倒的な存在感を見せつけた藤竜也さんです。

突如として始まった3人の共同生活の中、ユーモアあふれる会話の掛け合いが、物語全体を軽やかに彩ります。そして本作のメガホンを取ったのは、『ふがいない僕は空をみた』(12)『四十九日のレシピ』(13)『ロマンス』(15)など次々に作品を手掛け、今最も注目される女性監督のタナダユキさんです。原作は、石田衣良氏に「台詞の上手さは出色」、角田光代氏に「思わず家とは何かを考えさせられた」と言わしめ、第8回小説現代長編新人賞を受賞した中澤日菜子氏の同名小説で、著書初の映画化となります。

 

■物語

書店でアルバイトをして自由気ままに暮らす34歳の彩(上野樹里)。

付き合っている彼氏は、20歳の年の差で、給食センターでアルバイトをしているバツイチの男・伊藤さん(リリー・フランキー)。互いにいい年だが、特に将来について話し合うこともなく、流れるままに付き合うことになり、小さなボロアパートで同棲している。華やかではないが、庭で家庭菜園をしたりと、2人なりに慎ましく暮らしていた。

そんなある日、息子の家を追い出された彩のお父さん(藤竜也)が、突然転がり込んでくる。

年齢の割には頼りなさげな伊藤さんの存在を知り、驚くお父さんだったが、「この家に住む」と頑として譲らない。その日から、彩とお父さんと伊藤さんの、ぎこちない共同生活がはじまっていった。

 

2016年、全国ロードショー

 

上野樹里さん

脚本を頂いた時、登場人物たちのセリフの掛け合いがとても面白く感じました。

34歳と54歳の20歳差の恋愛をしている二人のところに、実の父親が転がり込んでくる…という特殊な設定ですが、凄くリアリティを感じました。結婚はせずに、年上の男性と心地よい距離を保ちながら、付き合っている人が年々増えてきていたり、30代半ばで老いた父親の将来を意識する年齢に差し掛かってきている人も多い世の中で、共感できる作品だと思います。私が演じた彩というキャラクターは、キラキラした単純なヒロインではなく、自分の価値をそこまであげず、彼女なりに現実を見据えて生きている等身大の女性です。リリー・フランキーさん演じる伊藤さんとの互いに自立した恋人関係や、藤竜也さん演じるどこか憎めない愛らしいお父さんとのコミカルな掛け合いを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

リリー・フランキーさん

私が演じた伊藤さんというキャラクターは50代にして定職につかず、20歳も年の離れた彼女がいる、という設定ですが、私の周りでは伊藤さんよりダメな人間はたくさんいますね(笑)。僕も同じような年齢ですが、ちゃんとしていない50代が若い人と付き合うとまわりはどよめくんだと、今回演じてみて改めて身につまされる気がしました(笑)。

すごくユーモアがある作品になりそうで楽しみですし、理想的な存在になれない人間を描き出すのがタナダユキ監督の魅力だと思います。父、娘、彼氏、彼女・・それぞれ周囲が望んでいる存在になり切れないキャラクターたちの姿は、どなたにとっても遠くない存在として、感情移入して楽しんで頂けると思います。

 

藤竜也さん

今回演じたお父さんというキャラクターは、すぐキレるし、言いたい放題の頑固親父ですが、決して嫌な人物として描かれていない。子供の前では偉そうに強がるけれど、一歩外に出れば小さく背中を丸めて歩く。すごく人間らしい人物ですね。監督は細かな言葉のニュアンスをとても大事に演出をしてくれるので完成が楽しみです。上野樹里さんはとても感受性とこだわりが強く、一生懸命な方で、リリー・フランキーさんはすごくチャーミングなので、今回の役どころは彼のバックグラウンドが効いてきそうですね。それぞれのキャラクターがとても魅力的で、タナダ作品ならではの映画になると思うので、期待していてください。

 

タナダユキ監督 

原作を読んだ時、主人公・彩の「人の好き嫌い(おもに嫌い)が激しい」という自己分析

に、この人は信用できるなと思いました(笑)。上野さん演じる彩という女性は決して立派な人間ではありません。親との関係も良好だったわけではない。けれど、居場所を無くし老いていく父に対して、空回りながらも彼女なりに生真面目に向き合おうとする、そんな彩という人物を私は尊敬しています。どの役者さんもみなさん真摯に役に向き合ってくださり、今回のスタッフ、キャストとともに、映画という、決して正解のない中での正解を探す作業は、とても贅沢な時間だったと思います。

上野樹里さん、リリー・フランキーさん、藤竜也さん、この3人がひとつの画面にいるだけで、すごく魅力的で面白いものになると思いますので、頑張って完成へ導きたいと思います。

 

■公開表記

2016年、全国ロードショー

 

■作品クレジット

上野樹里 リリー・フランキー 藤竜也

原作:中澤日菜子『お父さんと伊藤さん』(講談社刊)

脚本:黒沢久子

監督:タナダユキ

エグゼクティブプロデューサー:小西啓介

プロデューサー:木村俊樹

ラインプロデューサー:半田健

キャスティングディレクター:杉野剛

撮影:大塚亮

照明:宗賢次郎

録音:藤丸和徳

美術:仲前智治

装飾:須坂文昭

衣裳:宮本茉莉

ヘアメイク:岩本みちる

編集:村上雅樹

助監督:松倉大夏

制作担当:伊達真人

製作:『お父さんと伊藤さん』製作委員会

制作プロダクション:ステアウェイ

企画製作・配給:ファントム・フィルム

 

■公式サイト

father-mrito-movie.com

 

■マルシー

©2015「お父さんと伊藤さん」製作委員会

 

■制作状況 → クランクイン:9月10日  クランクアップ:10月4日

 

 

 

 

牙狼<GARO>10周年記念作品 劇場版『媚空-ビクウ-』 第28回東京国際映画祭パノラマ部門に出品決定!!

株式会社東北新社(東京都港区・植村徹社長)が製作を手がける『牙狼』シリーズの最新作・劇場版『媚空-ビクウ-』が第28回東京国際映画祭パノラマ部門に出品されることが決定しました。

本作は『牙狼-魔戒ノ花-』に登場した秋元才加さんが演じる女魔戒法師・媚空を主人公にしたスピンオフ作品で、『牙狼』10周年記念作品の第一弾として製作しました。秋元才加さんの抜群の身体能力を最大限に活かしたアクションシーン、謎解きを絡めたミステリー仕立ての物語展開と、これまでとは一味違う魅力に満ちた作品に仕上がりました。

共演は須賀健太さん、ミッキー・カーチスさん、朝倉えりかさん、伊藤かずえさん、そして佐野史郎さんです。高い演技力を誇る共演陣が物語に深みを与えています。本作は11月14日(土)より新宿バルト9ほかにて公開します。

10月には、牙狼のムック本「牙狼<GARO>」ぴあ10th Anniversary Bookが発売します、また、TVアニメ最新作『牙狼-紅蓮ノ月-』の放送が10月9日(金)よりテレビ東京系6局ほかにてスタートするなど、10周年に向けてますます勢いを増す『牙狼』の世界にぜひ、ご期待ください。

 

Story

闇斬師として闇に堕ちた魔戒騎士や魔戒法師を討伐する媚空の元に、代知と名乗る青年が現れる。代知は、魔戒法師のウサミが闇に堕ちているかどうか確かめよ、という元老院からの指令を媚空へ伝える。ウサミを追って行動開始する媚空だったが、闇斬師になりたいと懇願する代知が勝手に着いて来てしまう。

媚空は入心の術を用いて見つけ出したウサミの心の中=精神世界へと突入する。

しかしそこには、媚空の想像とは違った状況が発生していた。ウサミの精神世界に異状を感じた媚空は、その真相を確かめるべく、師匠である白海法師を訪ねる決意を固める。だがこれが、深く暗い闇への入口であることを媚空はまだ知らなかった…。果たしてウサミの真相、入心の術の秘密、代知を待ち受ける運命とはなにか? そして、闇に潜む最大の敵は誰なのか? 悲しき決断の刻が媚空に迫る…。

 

『媚空-ビクウ-』

原作・総監督:雨宮慶太

監督・アクション監督:大橋  明

脚本:江良  至

出演:秋元才加、須賀健太、朝倉えりか、伊藤かずえ、ミッキー・カーチス、佐野史郎

配給:東北新社  特別協力:サンセイアールアンドディ

制作:東北新社/オムニバス・ジャパン

製作:東北新社

2014/日本/カラー/78分/16:9/5.1ch

公式HP  http://garo-project.jp/BIKUU/

 

(C)2015「媚空」雨宮慶太/東北新社

 

11月14日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

堂珍嘉邦ニューアルバム曲MVフル公開!

CHEMISTRYのメンバーで、現在ソロ活動中の堂珍嘉邦さんの10月21日発売ニューアルバム『VOWS』収録曲「Halo」のMusic VideoフルがYouTube(URL:http://youtu.be/KZSdlKcvy4Y)にて公開となりました。このMusic Videoは、「Halo」をレコーディングした堂珍さんのライヴバンドメンバー(※)との演奏シーンで構成されています。激しいアクションは、ライヴそのものです。影を背負った漢(おとこ)達の”Halo”が暗がりから浮かび上がるような幻想的な映像となっています。

アルバム『VOWS』は、2015年公式応援ソングを担当した原哲夫氏原作コミック「義風堂々!!」とタッグを組んだ作品で、公式応援ソングである「Halo」「You&I」は9月2日より各配信サイトにて先行配信されています。「You&I」Music Videoフルも近日公開する予定です。また、GYAO「義風堂々!!」特集ページでは、「Halo」「You&I」の「義風堂々!!」とのコラボ・バージョンのMusic Video(short ver.)が公開中です。

堂珍嘉邦さんは、9月8日より東京・シアタークリエにて公演開始となるミュージカル「RENT」にロジャー役で出演します。

 

※「Halo」ライヴバンドメンバー

ギター:PABLO(ex. Pay money To my Pain)

ベース:ALI(MONORAL)

ドラム:かどしゅんたろう

キーボード:堀向彦輝

 

■堂珍嘉邦「Halo」MusicVideo YouTube

URL:http://youtu.be/KZSdlKcvy4Y

 

■商品情報

堂珍嘉邦 ニューアルバム「VOWS」

2015年10月21日(水)発売/CD+DVD/KIZC-337~8/¥2176+税

 

[CD]

M1「Halo」

M2「You&I」

M3「Time to fly」

M4「evergrey」

M5「Reflexion」   全5曲収録

 

[DVD]

M1「Halo」Music Video

M2「Halo」Music Video(義風堂々!!ver.)

M3「You&I」Music Video

M4「You&I」Music Video(義風堂々!!ver.)

 

9月2日〜「Halo」「You&I」先行配信!

ニューアルバム「VOWS」発売に先駆けて、「Halo」「You&I」がレコチョク ・iTunes ・ドワンゴ ・オリコン ・ヤマハ ・music.jp ・mora他にて先行配信中!

 

9月8日〜「Halo 」「You&I」カラオケ開始!

第一興商、JOYSOUNDで、「Halo」「You&I」の「義風堂々!!」コラボMusic Videoによるカラオケを9月8日より開始!

 

■PROFILE

堂珍嘉邦(どうちん よしくに)

生年月日: 1978年11月17日/出身地 : 広島県/血液型 : O型/身長 : 174 cm

2001年3月7日、CHEMISTRYとしてデビュー。ヴォーカルデュオの代名詞となり、CD総売上1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとなる。

2012年、ソロミュージシャンとして始動。
第1弾ライブ「堂珍嘉邦 “A La Musique”」を渋谷公会堂で開催、ロックミューシジシャンとして決意表明のライブで観客を魅了した。2012年11月14日、自らの音楽性を”耽美エント(耽美+アンビエント)Rock”と命名し、Double A-Side Single「Shout / hummingbird」でソロデビュー。

2013年2月27日、デビューアルバム「OUT THE BOX」をリリース。「堂珍嘉邦 TOUR 2013 “OUT THE BOX”」と銘打った全国ツアーを行った。
7月10日にはシングル「Euphoria」とLIVE DVD「堂珍嘉邦TOUR 2013“OUT THE BOX”@Zepp DiverCity TOKYO」を同時リリースし、9月には「堂珍嘉邦TOUR 2013 “OUT THE BOX”~in late summer~”」を開催した。

2014年に入って「It’s a new day」をアルバムのリード曲として先行配信し、3月5日には、待望のセカンドアルバム「Bronze Caravan」をリリース。
3月29日から全国ツアー「堂珍嘉邦 TOUR 2014 “Bronze Caravan”」を行った。 その後、広島東洋カープの堂林翔太選手のテーマ曲「Fly away」を8 月27 日に配信。10 月22日「堂珍嘉邦 TOUR 2014 “Bronze Caravan”@Zepp DiverCity TOKYO」のLIVE DVD をリリースした。
音楽活動以外にも、2009 年、映画「真夏のオリオン」で俳優としてデビュー、2011 年に音楽劇「醒めながら見る夢」で主演を務め、2014 年に映画化された「醒めながら見る夢」(2014 年5 月17 日公開)でも主演し、5 月14 日にはその主題歌もリリースした。

以降、映画「柘榴坂の仇討」(9月)、映画「悼む人」(15年2月)、さらに宮本亜門演出のミュージカル「ヴェローナの二紳士」(12月〜15年1月)に出演。

2015年9月8日より上演されるミュージカル「RENT」への出演も決定。多方面での活動で益々注目を集めている。

 

■EVENT INFORMATION ・ミュージカル「RENT」

9月8日(火)〜10月9日(金)   東京公演@シアタークリエ

10月16日(金)〜10月18日(日) 大阪公演@森ノ宮ピロティホール

http://www.tohostage.com/rent2015/

・中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015

9月26日(土)27日(日)@岐阜県 中津川公園内 特設ステージ

・豊洲野音CARNIVAL  10月31日(土)@豊洲野外音楽広場 ※「佐藤タイジ×堂珍嘉邦」にて出演

 

(C)武村勇治・原哲夫・堀江信彦/NSP 2010,(C)義風堂々 2013,版権許諾証PGJ-015

 

■「義風堂々!!」公式サイト

http://gifuu.jp/

■GYAO「義風堂々!!」特集ページ

http://gyao.yahoo.co.jp/special/gifuu_2015/index.html

■堂珍嘉邦オフィシャルサイト

http://dohchin.jp/

世界初のアンドロイドバラエティー番組「マツコとマツコ」のマツコロイドで注目!ロボット研究の世界的第一人者・石黒浩氏が開発したアンドロイドが平田オリザ原作映画に初登場!!『さようなら』

劇団・青年団を主宰し、日本を代表する劇作家・平田オリザ氏とロボット研究の世界的な第一人者である石黒浩氏( 大阪大学大学院教授・ATR石黒浩特別研究室室長 )が、芸術と科学が交差する画期的な演劇プロジェクトを共同で進めています。そしてこの人間とアンドロイドが舞台上で共演し、その異質な完成度の高さに国内に留まらず世界各国で衝撃を与えた記念碑的作品「さようなら」が今度は映画化されることになりました。

脚本・監督は「歓待」(10)で、東京国際映画祭日本映画「ある視点」部門グランプリ、プチョン国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞、「ほとりの朔子」(13)でナント三大陸映画祭グランプリ&審査員賞をダブル受賞。タリンブラックナイト映画祭で最優秀映画賞を受賞し海外から注目を集める気鋭の映像作家・深田晃司氏です。

映画の中心となるアンドロイド・レオナ役を演じるのは、石黒氏が中心となり大阪大学大学院で開発された【本物の】アンドロイド、ジェミロイドF。4月から放映中のバラエティー番組『マツコとマツコ』にも石黒浩氏が手掛けたマツコ・デラックスのアンドロイドが出演、そのリアルな存在は広く知られるようになりました。

そのアンドロイドと暮らす主人公・ターニャには同舞台でも同じ役を演じているブライアリー・ロングが務める。また新井浩文さんや村上虹郎さんなど、日本映画界を代表する俳優陣が脇を固めます。

この映像化の試みは、映画にしかできない時間表現・空間表現・映像表現を駆使して、「さようなら」の描く死と生の世界を再構築しています。

 

<物語>

汚染された世界で生きるターニャと”アンドロイド”のレオナ。死を見つめて、生を想う―

日本で稼働する原子力発電施設の爆発によって放射能に侵された近未来の日本。日本の国土のおよそ8割が深刻な放射能汚染に晒され、政府は「棄国」を宣言した。各国と提携して敷かれた計画的避難体制のもと国民は、国外へと次々と避難していく。その光景をよそに、避難優先順位下位の為に取り残された南アフリカの難民、ターニャ(ブライアリー・ロング)。そして幼いころから病弱な彼女をサポートするアンドロイド、レオナ(ジェミノイドF)。彼女たちのもとを過ぎていく多くの人々。そしてそれぞれの生と死。やがて、ほとんどの人々が消えていく中、遂にターニャとレオナは最期の時を迎えることになる・・・・・。

<原作・アンドロイド演劇「さようなら」とは>

平田オリザ氏とロボット研究の第一人者である石黒浩氏( 大阪大学大学院教授・ATR石黒浩特別研究室室長 )が、大阪大学にて2007年から共同で進めているロボット演劇プロジェクトの最新作であり、人間俳優とロボットが世界で初めて共演し、芸術と科学が交差する画期的なコラボレーション作品。2010年、世界に先駆け「あいちトリエンナーレ」で初演され、その後も東京、大阪、オーストリア、フランスなどでも上映され、現在も各国より上演依頼が殺到しています。まさに21世紀初頭に生まれた歴史的記念碑的演劇であると言えます。   約20分の短編作品の中で、死を目前にした少女にアンドロイドが谷川俊太郎、ランボー、若山牧水などの詩を淡々と読み続けるその静謐な時間は、「人間にとって、ロボットにとって、『生』とは、そして『死』とは…」、鋭く問いかけます。

 
脚本・監督:深田晃司(「歓待」「ほとりの朔子」)

原作:平田オリザ アンドロイドアドバイザー:石黒浩

出演:ブライアリー・ロング、新井浩文、ジェミノイドF2、村上虹郎他

配給・宣伝:ファントム・フィルム

 

公式HP: http://sayonara-movie.com/