セーラームーン史上初のクラシックコンサート、10戦士描きおろしイラストのオリジナルグッズ全ラインナップ大公開!

「美少女戦士セーラームーン」25周年企画の一環として、8月2日(水)・3日(木)に東京芸術劇場にて開催される「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」のオリジナルグッズが公開となりました。

全44ページのボリューム満点なパンフレットや、セーラー10戦士のイラストやロゴを使用したオリジナルアイテムです。そして、ジュエリーブランド「THE KISS」とのコラボレーションネックレスなど全15種類のラインナップとなっています。販売方法や販売場所など詳細は後日公開となります。

さらに、ファンからの多くの声に応える形で、海外在住者向けのチケット販売もスタートします。

チケットは2日の夜公演と3日の昼公演に関しては、残りわずかなので早めにチェックしてほしいです。

セーラームーン25年の歴史の中でクラシックコンサート開催は初です。アニメや映画、ミュージカルで使用された「ムーンライト伝説」「乙女のポリシー」といった名曲の数々を、オーケストラやセーラームーンに縁のあるゲストアーティストが演奏いたします。

 

【イベント情報】

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」

■公演日時

8月2日(水) 開場18:15/開演19:00

8月3日(木) 開場13:15/開演14:00

     開場18:15/開演19:00

■場所:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)

■出演者(敬称略)

指 揮:吉田誠

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

声の出演:三石琴乃(セーラームーン/月野うさぎ役)

ゲストアーティスト:小坂明子、石田燿子、寺下真理子、SUGURU(from TSUKEMEN)

チケット料金:S席8,900円(税込) A席7,900円(税込)

 

【URL】

セーラームーンクラシックhttp://sailormoon-classic.com

 

【チケットプレイガイド情報】

e+(イープラス)国内 http://eplus.jp/sailormoon-concert/

e+(イープラス)海外 http://eplus.jp/ib-sailormoonclassic/

チケットぴあ http://w.pia.jp/t/sailormoon-classic/

0570-02-9999 (Pコード:326-858)

ローソンチケット http://l-tike.com/sailormooncon/

0570-084-003 (Lコード:39393)

0570-000-407 (オペレーター対応)

東京芸術劇場ボックスオフィス

0570-010-296 (10:00~19:00/ナビダイヤル)

http://www.geigeki.jp/t/

 

※クレジット記載・©Naoko Takeuchi

 

 

映画『きみの声をとどけたい』 みんなの声の力で実現した鎌倉花火大会で 連動企画 実施決定!

株式会社東北新社(東京都港区・植村 徹社長)が共同製作・配給する劇場長編アニメーション映画『きみの声をとどけたい』と、7月19日に開催される「第69回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~」は、以下の通り連動企画を実施いたします。

 

 映画『きみの声をとどけたい』は、湘南・鎌倉を舞台にした、高校生たちが声の力で起こす“小さなキセキ”の物語です。開催が危ぶまれていた今年の「鎌倉花火大会」が市民の方々の“声の力”で実現したことと、この映画の「“声の力”が起こすキセキ」というストーリーが合致したことから、今回の連動企画が実現しました。

 連動企画ではまず「きみの声をとどけたい~サポーターズ花火~」を実施、花火玉を購入してくださったサポーターの方たちのメッセージが打ち上げと同時に読み上げられます。まさに花火とともに“きみの声をとどける”という企画です。

そして、花火大会当日のラジオ中継として、鎌倉FMの特別番組「きみの声をとどけたい~みんなでつくる花火大会~」を放送、映画のキャストであるNOW ON AIRが出演します。

 

 映画『きみの声をとどけたい』は、8月25日(金)よりTOHOシネマズ  新宿をはじめとする全国の劇場にて公開されます。物語の舞台・鎌倉とのさまざまな取り組みも予定していますので、ぜひご注目ください。

 

■第69回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~

開催日時:7月19日(水)19時20分~20時10分  主催:鎌倉市

開催場所:由比ヶ浜海岸、材木座海岸  打上数:約2,500発(予定)

※雨天・荒天・高波の場合は中止 ※詳しくは公式ホームページをご確認ください。

http://hanabi.kamakura-info.jp/

 

■鎌倉FM 鎌倉花火大会特別番組「きみの声をとどけたい~みんなでつくる花火大会~」

放送日時:7月19日(水)17時00分~21時00分

出演:NOW ON AIR / TAMAYO 他

コーナー:「コトダマラジオ~花火大会スペシャル~」 17時30分~18時45分

花火実況中継 19時15分~20時10分

 

■『きみの声をとどけたい』

8月25日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

監督:伊藤尚往

脚本:石川 学

キャスト:片平美那/田中有紀/岩淵桃音/飯野美紗子/神戸光歩/鈴木陽斗実/三森すずこ/

                  梶  裕貴/鈴木達央/野沢雅子 ほか

キャラクターデザイン:青木俊直

アニメーションキャラクターデザイン:高野 綾

音楽:松田彬人

制作:東北新社、マッドハウス  

製作:「きみの声をとどけたい」製作委員会

イメージソング 「この声が届きますように」(NOW ON AIR)

http://kimikoe.com/nowonair/

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

 

【東北新社 会社概要】

代 表 者   :植村 徹

設  立 :1961 年4月1日

資 本 金  :24 億 8,700 万円

事業内容:総合映像プロダクション

http://www.tfc.co.jp/

妻夫木聡×水原希子×大根仁で9月に映画化! 『奥田民生になりたいボーイ  出会う男すべて狂わせるガール 完全版』発売 2015年に発売され話題を呼んだ本作に、 50P超大幅加筆された著者渾身の完全版

株式会社 扶桑社は、渋谷直角著『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版』を2017年6月30日に発売しました。

奥田民生のような力まないカッコいい大人を目指す雑誌編集者・コーロキは、ある日仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかりにひとめぼれ。しかし、それがコーロキにとって地獄の始まりとなる……。2015年に発売され、「狂わせガール」に翻弄されもがき苦しむ男の咆哮が大きな共感を呼んだ本作が、主演・妻夫木聡×ヒロイン・水原希子×監督・大根仁の最強タッグで映画化(2017年9月16日 全国東宝系にて公開)!映画化に合わせ、大幅加筆の完全版が発売です。

 

■旧作からの変更点と追加内容
・カバーデザインを一新!
・50ページ以上の著者渾身の大幅加筆!
・物語の舞台となったライフスタイル雑誌編集部「マレ」。創刊から休刊までのクロニクル。映画に登場する「マレ」の表紙デザインや記事ページも公開!
・渋谷直角による映画化までの道のり日記

 

■『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 完全版』
著者: 渋谷直角
定価: 1,100円+税
発売: 株式会社 扶桑社
判型: A5判
URL : http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077457

 

■著者プロフィール 渋谷直角
75年生まれ、練馬区出身。漫画、コラムを執筆。代表作に『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』(小社刊)。「週刊SPA!」「CREA」「GINZA」「otonaMUSE」「LARME」など連載多数。
https://www.shibuyachokkaku.com/

 

■初版限定!特製ミニタオルをプレゼント!(添付画像あり)
主人公・コーロキが働くライフスタイル雑誌『マレ』が、ヒロイン・あかりの働くファッションブランド・ゴフィン&キングとコラボして制作した(という設定の)特製タオルを下記書店で購入の方にプレゼント!
※なくなり次第終了させていただきます。

 

◎配布書店は下記よりご確認ください。
http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594077457

だいすけお兄さん 「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌で 初のソロCDデビューが8/23に決定!

『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさん、横山だいすけさんの初のソロCDデビューが8月23日に決定致ました。

タイトルは「さよならだよ、ミスター」です。デビューにして、いきなり全国東宝系公開の「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」主題歌に決定しました。

作詞・作曲は、現在放牧中の国民的人気バンド“いきものがかり”のGuitar&リーダーの水野良樹さんが手がけ、コーラスには、フィギュアスケーターでありながら多彩な才能を持ち数々のメディアで活躍している本田紗来んさが参加です。更にサウンドプロデュースは蔦谷好位置さんが手がけるなど、まさにデビューにふさわしい意欲作です。

この楽曲は、8月25日全国ロードショーとなる「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」の主題歌として起用が決定しました。「親から子へ贈る“旅立ちのエール”」をテーマにした、壮大かつ感動的なメッセージソングに仕上がりました。

横山だいすけさんは、NHK Eテレの子ども向け番組『おかあさんといっしょ』の11代目うたのおにいさんを今年3月に卒業しました。歴代最長の9年もの間、うたのおにいさんとして子供たちに親しまれてきたおにいさんの卒業に「だいすけロス」という社会現象が巻き起こり、4月末に開設された公式ブログの読者が10万人を超えるなど、その後の活動も大いに話題となっています。
これまでのだいすけお兄さんと同じように優しいまなざしと、これまでにはなかった非常に大きな愛を歌った世界を是非お楽しみください。

 

◇楽曲概要
タイトル :さよならだよ、ミスター
発売日  :2017年8月23日
うた   :横山だいすけ
コーラス :本田紗来
作詞・作曲:水野良樹
サウンドプロデュース&編曲:蔦谷好位置(agehasprings)

 

◇「映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」 作品概要

■映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ
原作  :絵本シリーズ「くまのがっこう」
     (文:あいはらひろゆき 絵:あだちなみ 出版:ブロンズ新社)
監督  :児玉徹郎
脚本  :あいはらひろゆき
美術監督:日野香諸里
音楽  :浜渦正志
アニメーション制作:BN Pictures
製作  :映画くまのがっこう製作委員会

<ストーリー>
みんなのスイーツをひとりで食べてしまったジャッキー。
おにいちゃんたちに怒られて、とびだした先で出会ったのは見習いパティシエの女の子、ミンディでした。
スイーツが大好きなジャッキーは、ミンディのおばあちゃんがパティシエをやっているスイーツ屋さん、「スイーツランド」でミンディといっしょにパティシエの修行をすることに。
しかし、この「スイーツランド」を村の村長が乗っ取ろうと企んでいて…

原作に登場するキャラクターはもちろん、個性ゆたかな映画オリジナルキャラクターたちがくりひろげる、あったかで、ちょっぴりせつない物語です。

 

■映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!
原作   :川村元気 佐野研二郎
監督   :稲葉大樹
脚本   :うえのきみこ
演出   :酒井浩史、大桃洋祐、松村麻郁、徳永真利子
音楽・効果:中岡将二郎
アニメーション制作:クラフター
製作   :映画ふうせんいぬティニー製作委員会

<ストーリー>
ある日、ティニーとニティがお庭で遊んでいると、突然空からふうせん卵が落ちてきた。
割れた卵から出てきたのは、なんと、ふうせん恐竜の赤ちゃんトリィ!「パパ! ママ!」生まれて初めて目にした、ティニーとニティのことを「パパ」「ママ」と勘違いしてしまった!
ティニーたちは、トリィの本当のパパとママを探すために、再び雲の上の、ふうせんどうぶつの世界へ向かい、忘れん坊のラビィや仲間たちと再会する。

金色の入道雲を抜けると…そこはふうせん恐竜の世界!ふうせん恐竜の新しい仲間たちに助けられながら、ティニーたちはトリィの故郷・トリケラトプスの国に辿り着く。ところが、そこにはパパとママはおらず、たくさんのふうせん恐竜の卵が盗まれる、謎の事件が起こっていた ─ 。
トリィは、パパとママに会えるのか?
ふうせんいぬティニーの大冒険、はじまりはじまり。
子どもは笑って、おとなは泣ける。「なんだか、ふしぎ」な物語。

 

公式サイト:http://jackie-tinny-movie.com
配給   :東宝映像事業部
      8月25日(金)全国ロードショー

 

(C)2017 BANDAI/The Bears’  School Movie Project
(C)2017 Genki Kawamura & Kenjiro Sano /Tinny Movie Project
(C) Sony Creative Products Inc.

重松清の傑作小説を豪華アンサンブルキャストで映画化! 『幼な子われらに生まれ』2017 年上海国際映画祭へ出品! 上海の観客も大興奮、期待の作品!! 田中麗奈、満を持してレッドカーペットへ! 1 年ぶりの中国で上海国際映画祭初参加!!

直木賞作家・重松清の傑作原作を映画化し、8/26(土)より公開となる『幼な子われらに生まれ』が、この度6月1 7 日~2 6 日で開催されている、上海国際映画祭・日本映画週間に出品され、女優の田中麗奈さん、三島有紀子監督がゲストで招かれました。6 月1 7 日(土)に実施された開幕式のレッドカーペットに登場されました。三島監督は、2 年前に招待された「繕い裁つ人」以来の参加となります。

 

上海国際映画祭は、1993 年に第一回が開催され、翌年94 年より国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭となりました。毎年、多くの日本映画が招待されています。「幼な子われらに生まれ」は、6 月18 日(日)に日本映画週間オープニングセレモニーの直後に上映されました。

 

6 月17 日(土)レッドカーペットレポート

6月17日から開催された上海国際映画祭映画祭の記念すべき開幕式のレッドカーペットに、『幼な子われらに生まれ』に出演する田中麗奈さんと三島有紀子監督が登場しました。登場するやいなや、二人を待ちわびていたかのような大きな歓声が沸き起こり、田中さんと三島監督は華麗にレッドカーペットを歩きました。
撮影中も二人三脚で、互いに信頼を深めていった二人。『幼な子われらに生まれ』を引っさげて、息の合った二人が上海の映画界を盛り上げた瞬間となりました。
上海国際映画祭での上映について田中さんは、「上海はとても好きな場所なので、映画祭でレッドカーペットを歩けてとても嬉しかったです。お客様の興奮した様子が伝わってきました。この映画が中国の方々の心に深く残れば嬉しいです。」と、観客の熱が伝わってきたと初めての上海国際映画祭に心を踊らせました。
今回2度目の参加となる三島監督は、「2年ぶりの上海国際映画祭のレッドカーペットを歩けて大変光栄です!上海は過去も未来も感じる素敵な街です。この映画がそんな上海の皆さまに届き、皆さまに育てて頂いて、やがて中国の皆さまの心に届けば嬉しいです!」と、本作の海外での反応に大きな期待を寄せました。

 

■作品概要
原作を書いたのは21年前でした。でも、映画は「いま」の物語になっていました。
それが原作者としてなによりうれしい。最高の勲章です。 重松清(原作者)血のつながらない家族、血のつながった他人―つまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいく、大人たちのアンサンブルムービー

数々のベストセラーを手がけている直木賞作家・重松清が1996 年に発表した傑作小説「幼な子われらに生まれ」。『ヴァイブレータ』『共喰い』などの脚本家・荒井晴彦が重松と映画化の約束を交わし、その脚本が『しあわせのパン』『繕い裁つ人』などで幸せの瞬間を繊細に、丁寧に紡いだ映画で多くの観客の心に感動を届けてきた三島有紀子の手に渡り、ついに映画化が実現した。
台本を重視しながらも、役者同士のその場面その場面での新鮮な感覚を大事にし、ドキュメンタリー手法を使った撮影で、実力派であり個性派であり、日本を代表する役者陣が見事にぶつかり合い、観る者さえも家族の一員であるかのようなリアリティーで物語に引き込んでいく。家族なのに、家族じゃない、異質な者同士。
それでも大事にしたいと思う人と幸せを紡いでいくアンサンブルムービー。

 

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリ
ーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3 カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。
実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

 

▼クレジット

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「幸せのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016 年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
http://Osanago-movie.com

 

8 月2 6 日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

ハート煌めくカフェが再びあなたのもとへ 『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』のコラボカフェが6月30日よりアニメイトカフェで開催決定!

6月10日より劇場公開され、大きな話題を呼んでいる『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』と、人気アニメ・ゲーム作品とのコラボレーションを展開するアニメイトカフェのコラボが決定いたしました。

 

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』×「アニメイトカフェ」は、アニメイトカフェショップ新宿とアニメイトカフェ池袋2号店にて開催します。開催期間は新宿店が6月30日から8月15日まで、池袋2号店が7月6日から8月22日までとなっております。入場方法は新宿店が全日程先着入場制、池袋2号店がWEB受付による全日程抽選予約制です。

 

コラボ期間中は劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』の世界観を表現した店内装飾のなか、キャラクターをイメージしたコラボドリンクをはじめ、様々なオリジナルメニューをご提供いたします。また、アニメイトカフェオリジナル描き起こしイラストを使用した限定グッズなどのお買い物もお楽しみいただけます。

 

コラボメニューやアニメイトカフェ限定グッズの詳細は後日公開いたしますので、続報をお待ちください。

 

■劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』×「アニメイトカフェ」概要 

アニメイトカフェショップ新宿

【開催期間】 2017年6月30日~2017年8月15日

【入場方法】 全日程先着入場制

 

アニメイトカフェ池袋2号店

【開催期間】 2017年7月6日~2017年8月22日

【入場方法】 全日程抽選予約制(WEB受付)

 

※入場方法の詳細はアニメイトカフェホームページをご確認ください。

※開催日時・入場方法は変更する場合がございます。

 

【関連ページ】

アニメイトカフェ : https://cafe.animate.co.jp/

 

【権利表記】

(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムPH製作委員会

 

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』 —

劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』は2016年1月に公開された『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の続編作品。男子プリズムスタァの頂点「プリズムキング」を目指し、Over The Rainbow 一条シンを中心に濃密な人間ドラマを描きます。前作『KING OF PRISM by PrettyRhythm』では、鑑賞者が映像に合わせて声援をおくる「プリズムスタァ応援上映」が大きな話題となる。

『宇宙戦隊キュウレンジャー』夏期エンディング「キュータマ音頭!」発売決定!/シシレッド役・岐洲匠が教える「キュータマダンシング!」レクチャー映像も収録!

2017年8月5日(土)より、全国公開が決定した劇場公開映画『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』、そしてテレビ放送における夏期エンディング主題歌「キュータマ音頭!」のシングルCD発売が決定しました。

現在テレビ朝日系にて放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』のエンディングで放送され、全国の小さいお子さんから大人のファンまでがダンスを真似して話題となっている「キュータマダンシング!」が、夏ならではの“音頭”となって夏期エンディング主題歌となります。

また、大勢のエキストラの方のご参加により実現した、キュウレンジャーと999人が踊っている映像を収録したDVDを同梱した<CD+DVD>商品として発売になっています。ホームページをチェックしてみましょう。

 

■CD発売情報

【商品タイトル】キュータマ音頭!

​【品番】COZC-1363~4

【価格】1,800円+税

【発売日】2017年8月2日

 

【収録予定楽曲】

<CD>

 キュータマ音頭!

 キュータマ音頭!(オリジナル・カラオケ)

 キュータマダンシング! 他

<DVD>

「キュータマ音頭!」ダンス映像(フルVer.)

「キュータマダンシング!」エンディング映像(TVサイズ)

「ラッキーミラクルパラダイス」PV

劇中テレビCM『贅沢HEAVEN!宇宙竜宮城』

岐洲匠が教える「キュータマダンシング!」レクチャー映像他

 

■ホームページ

http://columbia.jp/animex/

 

■著作権

劇場版「エグゼイド・キュウレンジャー」製作委員会 ©2017テレビ朝日・東映AG・東映

 

セーラームーン史上初のクラシックコンサート、10戦士勢ぞろい!圧巻の描き下ろしキービジュアル大公開!待望の追加公演が決定!

「美少女戦士セーラームーン」25周年企画の一環として、8月2・3日に東京芸術劇場にて開催される「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」の描き下ろしキービジュアルが公開されました。同時に特設サイト(http://sailormoon-classic.com)がオープンしました。

セーラームーン25年の歴史の中でクラシックコンサート開催は初です。アニメや映画、ミュージカルで使用された「ムーンライト伝説」「乙女のポリシー」といった名曲の数々を、オーケストラやセーラームーンに縁のあるゲストアーティストが演奏します。

これまで、セーラームーンファンクラブ会員のみ先行でチケットの販売が行われていたが、多数の要望に応える形で追加公演の開催が決定となりました。8月3日(木)19:00~の回が追加となり全3公演での開催となります。

昨日の正午よりファンクラブ会員を対象に追加公演分の先行販売を開始しました。(https://prettyguardians.com/

更に6月3日(土)からスタートする一般販売に先駆けて、各社プレイガイド先行抽選が昨日18時よりスタートしました。

その他、プレイガイド情報やオリジナルグッズの情報は特設サイトにて続々公開となります。

 

【イベント情報】

「美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert」

■公演日時

8月2日(水) 開場18:15/開演19:00

8月3日(木) 開場13:15/開演14:00

        開場18:15/開演19:00

 

■場所:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)

 

■出演者(敬称略)

指 揮:吉田誠

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

声の出演:三石琴乃(セーラームーン/月野うさぎ役)

ゲストアーティスト:小坂明子、石田燿子

チケット料金:S席8900円(税込) A席7900円(税込)

 

【URL】

セーラームーンクラシック    http://sailormoon-classic.com

セーラームーンファンクラブhttps://prettyguardians.com/

 

【チケットプレイガイド情報】

5/24(水)18:00~5/29(月)18:00

e+(イープラス) http://eplus.jp/sailormoon-concert/

チケットぴあ    http://w.pia.jp/t/sailormoon-classic/

0570-02-9999 (Pコード:326-858)

ローソンチケット http://l-tike.com/sailormooncon/

0570-084-003 (Lコード:39393)

0570-000-407 (オペレーター対応)

 

©Naoko Takeuchi

TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」 最終回をみんなで観よう応援上映ライブ 開催のお知らせ

TVアニメ『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』  “最終回をみんなで観よう応援上映ライブ”の開催が決定しました。  是非劇場までご来場ください。

 

<<TVアニメ『終末なにしてますか?…』 最終回をみんなで観よう応援ライブ 概要>> 

【 日時 】

  7月8日(土) 開場19:30/開演20:00 

【 会場 】  角川シネマ新宿 シネマ1

  http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

 

【 イベント概要 】 

11話、12話振り返り上映・登壇者トーク&アーティストライブ 

 

【 登壇者(予定) 】

新井良平(ヴィレム役)、田所あずさ(クトリ役)、上原あかり(ネフレン役)、Machico(アイセア役)、荒浪和沙(ラーントルク役)、水瀬いのり(ノフト役)、井上喜久子(ナイグラート役)、和田純一(監督)、枯野瑛(原作者)、山田タマル(挿入歌アーティスト)

 

※登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。 

 

【 料金 】

 全席指定 4,500円(税込) 

※入場者の方にはもれなく特典として「特製クリアーファイル」をプレゼント!

 

【 チケット販売方法 】 

[1]劇場オンラインチケット

【オンライン販売期間】 

6月24日(土) AM0:00 ~ 7月8日(日) 開演時間30分前まで  オンラインチケットの購入はコチラ 

 

※販売当日は、アクセスが集中しつながりにくい場合がございます。予めご了承下さい。 

※オンラインチケットは、ご購入後から劇場4Fロビーの自動発券機で、窓口チケット販売時間中に発券できます。開演間際は大変混雑致しますので、お早めにご発券いただきますようお願い致します。 

オンラインチケットの購入間違い・二重購入にご注意下さい

※完了画面が表示されない、若しくは確認メールが届かない場合でも購入手続きが完了している場合がございますので、ご不明な場合は購入の有無を劇場までお問い合わせ下さい。 

※オンラインチケットの詳細はコチラ ・http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/news/28.html

 

[2]劇場窓口 

【窓口販売期間】 

6月24日(土) 朝オープン時 ~ 7月8日(土) 開演時間まで 角川シネマ新宿4Fチケットカウンターにて受付。 

※オンライン販売後、残席があった場合のみ窓口販売致します。 

※混雑状況により、販売時間は前後する可能性がございます。 

※営業時間・チケット販売時間はコチラ 

※発売日より前もって徹夜で敷地内にお並びいただく行為は、防犯上、お客様の安全上、及び近隣のご迷惑となりますので固くお断り致します。 

 

注意事項  チケットはお一人様2枚までの販売となります。 

※空席からのご案内となります。 

※全席指定制(定員入替制)となります。 

※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。 

※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。 

※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。 

※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。 

※映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中からのご入場はご遠慮ください。 

※危険物(爆発物・スプレー・刃物・人に危害を与える凶器となりえるものなど)の持ち込みは禁止いたします。 

※保安上、手荷物検査をおこなう場合がございます。 

※登壇者は予告なく変更する場合がございます。また、天候その他の理由でイベント内容が変更になった場合でも、 

 チケット代金の払戻しはいたしかねますので予めご了承下さい。 

※登壇者へのプレゼントは劇場スタッフにてお預り致します。直接のお渡しはできません。

★「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」公式サイト

 http://sukasuka-anime.com/news/index00270000.html

 

© 2017枯野瑛・ue/KADOKAWA/68番島・妖精倉庫

 

重松清の傑作小説を豪華アンサンブルキャストで映画化! 『幼な子われらに生まれ』 第18回全州(ジョンジュ)国際映画祭へ出品! ワールドプレミアで満席ソールドアウト、絶賛の嵐!浅野忠信の新境地に、韓国での公開も熱望!

直木賞作家・重松清氏の傑作原作を映画化し、8/26(土)より公開となる『幼な子われらに生まれ』が、この度5月4、5日の韓国・全州国際映画祭にて、ワールドプレミアが行われ、三島有紀子監督が舞台挨拶に登壇し、ティーチインを行いました。

全州国際映画祭は毎年4月下旬から5月上旬にかけて、韓国の全州で開催される国際映画祭です。2000年に開始されてから今回で18回目を迎え、アジアを代表するインディペンデント映画祭として注目を集めています。10日間の開催期間中には約50ヶ国200作品が上映され、優秀作品には賞の授与が行われます。映画の上映以外にも業界向けのフォーラムやセミナー、一般客向けのエキシビジョンやパフォーマンスなどのイベントが行われており、様々な角度から映画が楽しめる祭典となっています。  同映画祭はインディペンデント監督の発掘に定評があり、これまでに諏訪敦彦監督の「M/OTHER」や三池崇史監督の「オーディション」、前田哲監督の「ブタがいた教室」、小澤雅人監督の「風切羽~かざきりば~」などの作品が上映され賞を受賞しています。

「幼な子われらに生まれ」は、ワールドシネマスケープ部門で出品されました。

 

■作品概要

本作は、44歳の信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって不器用な大人たちが成長していくヒューマンドラマです。

重松清氏の傑作小説を、夫婦別姓、同性婚など、家族のあり方を問うと同時に、つぎはぎだらけのパッチワークのような家族の中で、成長していく大人たちをリアリティあふれるタッチで、かつ優しく見守るように描いた作品です。

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。

仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、で前の父親に長女を会わせることに。

さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

血の繋がりのない他人と家族になるために、葛藤し成長していく彼らの姿を通して「幸せ」のカタチが浮かび上がってくる。父にならなければ、母にならなければ・・・そんな誰もが背負う「役割」をちょっとだけ軽くする、希望あふれるラストが余韻に残る。

 

舞台挨拶レポート

日時:54日(木)、5月5日(金)

登壇者:三島有紀子監督

4日、5日ともに満席でチケットがソールドアウト、計600名の観客に迎え入れられました。上映を終え大きな拍手が巻き起こる中、まず三島監督より「『繕い裁つ人』で2年前にここジョンジュ映画祭に呼んで頂きました。今日2年ぶりにこの舞台に立つ事が出来てとても幸せです。本作『幼な子われらに生まれ』はまだ日本では試写会も始まっていないので、今日の皆さんは世界でいちばん最初にこの映画を観てくれた方々です。とても嬉しいですしドキドキしています。私は今迄長編映画を5作品つくってきましたが、この作品は初めて自分を丸裸にしてさらけ出した映画なので、楽しんで頂けたら本当に嬉しいです。」と、2年ぶりの全州国際映画祭と本作の初めての上映に胸を躍らせ、満席の会場に挨拶をしました。

観客とのQ&Aでは、「浅野忠信さんが日本を代表する俳優だと証明した素晴らしい演技だった。浅野さんのキャスティングの理由は?」という質問に対し、「浅野忠信さんの今迄のキャリアであまり普通のサラリーマンを演じたイメージが私にはなかったので、常々普通の人の役をやってもらいたいと思っていました。でも実際の浅野さんは背が高くてとても格好良いので、普通のサラリーマンに見えるように地味目のスーツを選定したり髪形を何回も模索したり、大変苦労しました。」と主人公のキャスティング秘話と役作りについて答えました。「子役の演技が3人とも素晴らしくて驚いた」という観客の声に、「あえてお芝居の経験の少ない子達を200人以上オーディションして選びました。撮影では日々役の状況・気持ちを子役達と丁寧に細かく話し合って感情をつくり、しっかりつくりあげてから大人の役者に入ってもらって撮影しました。よって現場ではワンテイクで撮ったシーンが多いです。」と、本作ならではの演出方法を披露しました。

「(本作は)浅野さん演じる父親・信の成長物語の様に見える」との観客の声に対し、「まさしくその通りです。信は今迄父親らしきものは演じてきたけれど“父親そのもの”にはなれていなかった。異物である自分が父性とは何かという事に向き合う物語です。」と本作の魅力について語りました。

最後に、「ジョンジュ国際映画祭はとっても映画愛に溢れた素晴らしい映画祭です。またこの映画祭に戻ってこれるように頑張ります!!」という力強いメッセージを送り舞台挨拶を終えました。

観客からのQ&Aも時間内ずっと飛び交い、舞台挨拶後は監督へのサイン攻めも多く、作品が非常に好意的に受け入れられました。

 

▼クレジット

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ 

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)

監督:三島有紀子(「幸せのパン」「繕い裁つ人」)

脚本:荒井晴彦

配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch) 

ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

Osanago-movie.com

 

8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー