【音が星になって降り注ぐ】日本アニメーションの美しい 自然表現にインスパイアされた新発想のプラネタリウム開設 2月12日(月・祝)に東京都中野区「Gallery2549」で1日限定開設

音でさまざまな空間を作り出す鳥クルッテル.incは、日本アニメーションの美しい自然表現にインスパイアされた新しい発想のプラネタリウム「~columba~」を東京都中野区「Gallery2549」にて2018年2月12日(月・祝)に1日限定で開設いたします。当日はクラウドファンディングにて当プロジェクトを支援してくださった方優先でのご案内となります。

 

【プラネタリウムの特徴】

・最近主流であるプロジェクションマッピングに代表される映像演出ではなく、実際の植物と光の織りなす幻想的な空間でご鑑賞いただけます。

・サラウンドに代表される複数のスピーカーを用いた立体的な音表現の中でプラネタリウムを楽しむことができます。従来の「プラネタリウムといえば半球形」という概念にとらわれないことで新しい音表現が可能になりました。

・特別な時間をおひとりで、または親友、特別な方とプラネタリウムで過ごしていただきたいので、一度に上演体験できるのは1組(2名様まで)といたしました。

・プラネタリウム内での写真撮影もできます。プレミアム入場権ではシャンパンもご用意いたしますので特別な瞬間を記念に残す、あるいはInstagramなどのSNSへご投稿いただくことが可能です。

 

【開催趣旨】

サラウンドに代表される音による空間演出は、その場にご来場いただき実際に聞いてみないとその良さがわからないという欠点があります。今回はプラネタリウムという手法を用いビジュアルの楽しさも兼ね備えることで社会に対してわかりやすくその魅力を伝えて参ります。また、音による空間演出を取り入れることで空間の完成度が高まるということも体験していただき、音の新しい可能性を社会に提案いたします。

 

【クラウドファンディング】

今回プラネタリウム開催にあたり新しい挑戦に対して関心が強い方に興味を持っていただくために、クラウドファンディングを利用することにいたしました。

前売り入場権は現在クラウドファンディングのリターン限定でのお取り扱いとなっております。

なおクラウドファンディングの目標金額が未達でもプラネタリウムは開設いたします。

クラウドファンディングページ

https://camp-fire.jp/projects/view/58842

 

【過去の開催について】

今回のプラネタリウムは2017年8月に開始したインスタレーションアートシリーズ「Kachofugetsu」の第2弾として開催されます。植物の複雑な造形からインスパイアされた空間芸術作品のシリーズです。プロジェクションマッピングなどの映像表現を使わずに植物の質感を大事にした作品となっております。

Kachofugetsu特設サイト

https://www.soundinstallation.rocks/

 

【開催概要】

プラネタリウム~columba~

会場 :Gallery2549

所在地:〒164-0002 東京都中野区上高田2-54-9

西武新宿線『新井薬師前』駅徒歩4分 JR中野駅北口徒歩15分

http://gallery2549.p2.weblife.me/index.html

日時: 2018年2月12日(月・祝)12時から20時30分

    ※19時以降はプレミアム入場権の方のみ

上演時間:入退場含め15分程度(上映時間10分程度を予定)

入場方法:一般入場権(1組2名様まで)およびプレミアム入場権(1組2名様まで)

     ともにクラウドファンディングのリターン限定となります。

     基本的に受付先着順でのご案内となりますがお申し込み状況などを

     勘案してクラウドファンディング募集終了後にご支援いただいた

     方にお伝えいたします。

 

クラウドファンディングページ

https://camp-fire.jp/projects/view/58842

 

プラネタリウム~columba~
 https://www.youtube.com/watch?v=r_9-D-QVU78

 インスタレーションシリーズ Kachofugetsu(昼)前回動画
 https://www.youtube.com/watch?v=PxEsojCp87s
 インスタレーションシリーズ Kachofugetsu(夜)前回動画
 https://www.youtube.com/watch?v=IvbdTOpbwy8

鉄腕アトム、初音ミク、リラックマなどが日本画と融合! 「ぼくらが日本を継いでいく」展が新宿高島屋にて開催 琳派や若冲など日本画と現代アニメ・マンガを組み合わせた35点を一堂に展示

京友禅と日本画の工房である豊和堂(京都)の日本画絵師のマネジメントを手がける有限会社ポッションエッズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:樋口 宣哉)は、豊和堂と日本美術コレクションを中心とした細見美術館(京都)が、RINne Associe(リンネ・アソシエ)というチームを発足し、新宿高島屋11階催事会場にて、「ぼくらが日本を継いでいく」展を開催することをお知らせいたします。同展は既に2017年9月に京都高島屋にて開催し、3万人を動員しております。

 

2015年の琳派ブームに続き、2016年は伊藤若冲がブームとなった事からも、日本文化を見つめなおす動きが社会の流れとして感じられます。本展のタイトル「ぼくらが日本を継いでいく」という言葉には、「日本の文化」に関心のある若者達によって継承してほしい、という作家の想いが込められています。

これを具現化するため、日本画と新しい文化である「マンガ・アニメ」をコラボレーション。細見美術館・館長の細見 良行氏監修のもと、所蔵している琳派や若冲の作品などと人気キャラクターを組み合わせ、豊和堂の絵師が日本画の手法で描きました。

物販コーナーでは、オリジナルのポストカード、クリアファイルをはじめ、会場限定の商品も販売いたします。

 

■開催概要

<会場>

新宿高島屋11階特設会場

<会期>

2018年1月10日(水)~16日(火)

ご入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)

※1月12日(金)・13日(土)は午後8時まで(午後8時30分閉場)、最終日16日(火)は午後5時30分まで(午後6時閉場)

声優・高野 麻里佳さんからの応援コメントも到着! 「第2回アニものづくりアワード」1月9日(火)応募受付開始

アニものづくりアワード実行委員会(運営:アニメビジエンス/ガリガリ編集部)は、アニメ・マンガ作品、キャラクターなどを活用した企業のコラボ事例を表彰する『第2回アニものづくりアワード』の応募受付を2018年1月9日(火)より開始いたしました。

 

 第2回となる2018年は「テクノロジー・イノベーション部門」と「インターナショナル部門」を新設し、全7部門となります。応募期間は2018年1月9日(火)から3月9日(金)まで。エントリーは『アニものづくりアワード』の公式サイトからご応募いただけます。各部門の入賞作は5月上旬に徳島で開催される「マチ★アソビ」にて発表され、同イベントで授賞式を行う予定です。

応募詳細は『アニものづくりアワード』公式サイトへ→ https://animono.jp

 

【選考委員長・夏野 剛氏からのコメント】

◆「アニメ」と「ものづくり」で未来を変えよう!

「アニメ」と「ものづくり」という日本にとっての2つの大きな武器を掛け合わせ、互いの価値をさらに膨らませる新しいビジネスイノベーション「アニものづくり」。その中から優れた作品を表彰する『アニものづくりアワード』は、おかげ様で第2回をむかえることができました。前回は本当に多数の優秀な作品をご応募いただき、審査員一同、大変感動いたしました。そして、サントリー天然水のコラボレーション企画が統合グランプリだったわけですが、第2回もそれに負けないくらいの素晴らしい作品を期待しています。

今回は新部門を2つ創設しました。AIやVRといったITを活用した「テクノロジー・イノベーション部門」と海外での取り組みを対象にした「インターナショナル部門」です。この2つの部門は、今後の「アニものづくり」にとって非常に重要な分野であり、今までの4部門とあわせて、日本そして世界を、明るく楽しい未来につなげていく作品として表彰したいと思います。

今年はより一層イベントを盛り上げていきたく思っておりますので、皆様の力作のご応募、よろしくお願いいたします。

夏野 剛(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)

 

【声優・高野 麻里佳さんからのコメント】

『アニものづくりアワード』第2回開催決定おめでとうございます!

第1回では司会を務めさせていただきながらも、企業とアニメーションのコラボ作品への認知を高め、私自身とても勉強させていただいたのを覚えています。

普段観たり携わらせていただくアニメーションとはまた違う表現の世界ですが、最近そのようなCM等を頻繁に目にするようになり、魅力をより身近に感じるようになりました。アニメ業界の可能性や期待がどんどん膨らんでいる証拠ではないでしょうか。第2回ではどんな作品と出会えるのか、とっても楽しみです! あと私も企業コラボ大歓迎ですので、担当者のみなさん、お仕事お待ちしています!(笑)

高野 麻里佳

 

【アニものづくりアワードとは?】

 近年、アニメ作品の大ヒットや、アニメファンの増加により、これまでアニメとは直接関係のなかった企業や法人がアニメとコラボレーションする事例が増え、注目を集めています。自動車、食品飲料メーカー、流通、ARやVRなど最新テクノロジーを持つベンチャー、伝統工芸など幅広い業種でアニメとのコラボレーションが行われたり、聖地巡礼といわれるアニメを媒介としたコンテンツツーリズムを積極的に企画する自治体が増えているなど、様々な事例が生まれています。『アニものづくりアワード』は、こうした事例の中から優秀作品を表彰することで、よりクオリティの高いコラボコンテンツが世の中に広まっていくことを目的に開催します。

 

【『アニものづくり』とは?】

 アニメを中心としたコンテンツを活用して「ものづくり」や「コトづくり」を行う、新しいムーブメントが盛り上がりを見せています。『アニものづくり』は、日本の強みである「アニメ」と「ものづくり」や「コトづくり」の組み合わせによって生まれる、新たなビジネス価値、技術、文化のことを指します。

 

【アワード開催概要】

<応募対象>

 2016年1月から2017年12月31日の間に、発売・公開・実施された企業や法人、官公庁による商品・サービス・広告・プロモーションのうち、アニメやマンガ、キャラクター等を活用したものが対象です。

<応募期間・方法>

応募期間:2018年1月9日(火)より2018年3月9日(金)まで ※予定

※応募方法は『アニものづくりアワード』公式サイトの応募フォームにて。

<応募部門>

(1) アニメーションCM部門

 ~TVやWEBなどで公開された、アニメーション技法で制作された動画広告作品を対象とします。

(2) コンテンツコラボ部門

 ~既存のアニメやマンガキャラクター作品などの特性や世界観を生かし、商品、サービスおよび広告プロモーションにおいてコラボレーションを行ったものを対象とします。

(3) オリジナルコンテンツ部門

 ~企業が独自に制作したオリジナルキャラクターやオリジナルコンテンツを活用し、商品・サービス開発および広告プロモーションを行ったものを対象とします。

(4) クラフトデザイン部門

 ~アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した企業の商品、伝統工芸とのコラボレーション商品、ノベルティグッズ等において優れたクラフトデザインだったものを対象とします。

(5) テクノロジー・イノベーション部門 ※新設

 ~アニメ、マンガ、キャラクターなどとIT技術を組み合わせたエンターテインメント性及び技術革新性が高いプロダクト、サービスなどを対象とします。

(6) インターナショナル部門 ※新設

 ~日本以外の地域において、日本のアニメ、マンガ、ゲーム、キャラクター作品などを活用したTVCM、コンテンツコラボ、クラフトデザインなどの企業コミュニケーション全般を対象とします。

(7) 総合グランプリ

 ~上記カテゴリーの中から特に優れたものに対して贈る総合グランプリ

※原則、自薦による応募といたします。各部門への重複応募は可能です。

※第1回の応募作品は審査対象外となります。ただし、アニメCMやコラボ商品等のシリーズ新作の発売・公開等が第2回の応募期間内に含まれる場合は応募可能です。

※「アニメ×異業種」がテーマですので、例えばアニメ会社や新作アニメCM、出版社の新刊プロモーション、単なるキャラクター玩具等は対象外になります。不明点は公式ホームページ、または事務局までお問い合わせください。

※部門や内容について予告なく変更する場合があります。

<各部門賞の発表>

発表・授賞イベント:2018年5月上旬

於:「マチ★アソビ」イベント会場

 

<選考委員>

■選考委員長

夏野 剛 氏(慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)

■選考委員

遠藤 諭 氏(アスキーCOO、角川アスキー総合研究所取締役兼主席研究員)

小川 剛 氏(クールジャパン機構 投資戦略グループ シニア ディレクター)

数土 直志 氏(ジャーナリスト)

トマ・シルデ 氏(Japan Expo主催JTS Group CEO)

まつもと あつし 氏(ジャーナリスト・コンテンツプロデューサー・研究者)

丸山 正雄 氏(スタジオM2代表取締役社長)

陸川 和男 氏(キャラクター・データバンク代表取締役社長)

※五十音順

■特別選考委員

真木 太郎 氏(アニメビジエンス編集長)

林 龍太郎 氏(ガリガリ編集長)

<主催・運営・後援> ※2017年12月1日時点

主催:アニものづくりアワード実行委員会

運営:『アニメビジエンス』編集部/『ガリガリ』編集部

後援:アニメイトタイムズ、映像産業振興機構(VIPO)、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、キャラクター・データバンク、Japan Expo、Tokyo Otaku Mode

※五十音順

 

【運営組織について】

◆アニメビジエンス http://anime-busience.jp/

 2013年に創刊したアニメーション業界の可能性を探る、業界向けの季刊ビジネス誌。

◆ガリガリ https://gari-gari.jp/

 アニメ、マンガ、声優等を活用した広告プロモーション・コラボ商品などのビジネスニュースを配信するwebメディア。

 

応募詳細は『第2回アニものづくりアワード』公式サイトへ→ https://animono.jp

「フルメタル・パニック!」第3部「イントゥ・ザ・ブルー」編 ビジュアル&来場者特典公開

2018年1月20日(土)から角川シネマ新宿、立川シネマシティ、梅田ブルクにて上映スタートです。

『イントゥ・ザ・ブルー』舞台挨拶は角川シネマ新宿にて1月20日(土)20:20の回上映開始前に開催です。。

詳細はこちら http://fullmeta-iv.com/movie/#events

 

 四季童子先生描き下ろし特製ミニ色紙(テッサ&マデューカス)プレゼント !

特典はなくなり次第終了します

 

特報映像

【特報】KADOKAWAanimeチャンネルにて公開中!https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=bNgxz08UyO0

場面写真

「ワン・ナイト・スタンド」編先行場面写真公開!

 

舞台挨拶情報

第2部:「ワン・ナイト・スタンド」舞台挨拶

▼日時:1月13日(土)20:20の回上映開始前

▼場所:角川シネマ新宿http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

▼司会:木村郁絵(常盤恭子役)

▼出演予定: 賀東招二(原作者)、ゆきのさつき(千鳥かなめ役)、ゆかな(テレサ・テスタロッサ役)、根谷美智子(メリッサ・マオ役)

※登壇者は全て予定です。急遽、変更になる場合もございます。

▼料金:2,000円均一(税込)

チケット販売方法:

[1]劇場オンラインチケット

【オンライン販売期間】

1月6日(土) AM0:00【=1月5日(金)24:00~】~ 1月13日(土) 開演時間30分前まで

オンラインチケットの購入はコチラ

https://ticket.kadokawa-cinema.jp/ticket/p0010.do?th=0016

 

第3部:「イントゥ・ザ・ブルー」舞台挨拶

▼日時:1月20日(土)20:20の回上映開始前

▼場所:角川シネマ新宿http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

▼司会:木村郁絵(常盤恭子役)

▼出演予定: 賀東招二(原作者)、関智一(相良宗介役)、田中正彦(ガウルン役)

※登壇者は全て予定です。急遽、変更になる場合もございます。

▼料金:2,000円均一(税込)

チケット販売方法:

[1]劇場オンラインチケット

【オンライン販売期間】

1月13日(土) AM0:00【=1月12日(金)24:00~】~ 1月20 日(土) 開演時間30分前まで

オンラインチケットの購入はコチラ

https://ticket.kadokawa-cinema.jp/ticket/p0010.do?th=0016

※そのほか詳細はこちらhttp://fullmeta-iv.com/movie/

 

Blu-ray&DVD情報

第1部:「ボーイ・ミーツ・ガール」編

発売日:2018年2月28日(水)

▼Blu-ray 品番:KAXA-7611 JAN:4988111908056

価格:5,800円(税抜)

▼DVD 品番:KABA-10611 JAN:4988111908087

価格:4,800円(税抜)

▼特典(Blu-ray&DVD共通)

①四季童子描き下ろしジャケット

②特製スリーブ仕様

③12ページ解説書(「ASファン特別号1」)

④舞台挨拶映像(予定)

⑤特報、TVCM

第2部:「ワン・ナイト・スタンド」編

発売日:2018年3月28日(水)

第3部:「イントゥ・ザ・ブルー」編

発売日:2018年4月25日(水)

※ほか詳細はこちらをご確認ください。

http://fullmeta-iv.com/movie/

 

連動購入特典情報

フルメタル・パニック! ディレクターズカット版Blu-ray&DVD 連動購入特典

四季童子描き下ろしイラスト仕様全巻収納BOXプレゼントキャンペーン

「フルメタル・パニック! ディレクターズカット版」のBlu-rayまたはDVD第1部~第3 部をキャンペーン対象店舗にて全巻連動でご予約、ご購入頂いたお客様先着で、「四季童子描き下ろしイラスト仕様全巻収納BOX」をプレゼント致します。

 

【対象店舗】

・Amazon.co.jp

※【早期購入特典あり】(早期購入特典:四季童子描き下ろしイラスト仕様全巻収納BOX 付)と記載がある商品のみが対象となります。

・アニメイト全店

・ゲーマーズ全店(※オンラインショップを含む)

・ソフマップ(※アニメBlu-ray&DVD取扱店のみ・ドットコム含む)

・とらのあな全店舗(※一部店舗を除く)+通信販売

・HMV(ONLINE/店舗)

・げっちゅ屋(Getchu.com)

・あみあみ

・Neowing

・キャラアニ.com、KORDER及びBOOK☆WALKER

・セブンネットショッピング

・文教堂アニメガ(※一部店舗を除く)

・カドカワストア

※特典は、ご予約していただいた店舗様にて商品引渡し時にお渡し致します。

※全巻連動のご予約、ご購入は同一店舗様のみ対象となります。

※特典は数量限定に付きなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

※商品仕様、特典内容、デザインは予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※特典情報、詳細に関しましては対象店舗までお問い合わせください。

 

2018年1月13日(土)より

角川シネマ新宿、立川シネマシティ、梅田ブルク7にて上映スタート!!

公式サイト: http://fullmeta-iv.com/

http://fullmeta-iv.com/movie/  Twitter:@fullmeta_iv

 

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル

(C)賀東招二・四季童子/KADOKAWA/ミスリル2017

 

来場者特典情報

2018年1月13日(土)より

角川シネマ新宿、立川シネマシティ、

梅田ブルク7にて上映スタート!!

四季童子先生描き下ろし特製ミニ色紙(マオ&クルツ) プレゼント!(特典はなくなり次第終了します)

 

実施概要

第1部:「ボーイ・ミーツ・ガール」編11/25(土)より

第2部:「ワン・ナイト・スタンド」編1/13(土)より

第3部:「イントゥ・ザ・ブルー」編1/20(土)より

※入場者特典として四季童子先生描き下ろし特製ミニ色紙プレゼント !

(特典はなくなり次第終了します)

 

舞台挨拶概要

フルメタル・パニック! ディレクターズカット版

第1部:「ボーイ・ミーツ・ガール」編

舞台挨拶開催決定!!

▼日時:11月26日(日)20:20の回上映開始前

▼場所:角川シネマ新宿http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

▼司会:伊藤敦、木村郁絵(常盤恭子役)

▼出演予定: 賀東招二(原作者)、四季童子(原作イラスト)、ゆきのさつき(千鳥かなめ役)、ゆかな(テレサ・テスタロッサ役)

※登壇者は全て予定です。急遽、変更になる場合もございます。

▼料金:2,000円均一(税込)

※入場者の方には

『四季童子先生描き下ろし特製ミニ色紙(宗介&かなめ)』プレゼント !

 

今から約16年ほど前の2002年1月、初めてTVシリーズとしてwowowにて放送がスタートした「フルメタル・パニック!」2018年春、新TVシリーズ「フルメタル・パニック!IV」の放送に向けて、第一期シリーズのディレクターズカット版を制作することになった!

当企画の監督には、第一期シリーズを担当した千明孝一監督自らがオフライン編集から音響作業までの一連の作業を担い、全24話を三部作に分けて制作。リテイク及び新作カットを追加予定。

当時4:3だった画面を16:9化編集を行い、上下カット、一部トリミングすることで劇場用スクリーンに対応させる。更に、新技術「FORS」を使って再度アップコン化予定。またDA88のアナログ音声素材も完全データ化した上で2chステレオを疑似5.1ch化。そして三部作それぞれには、当作品のためだけに、新規にテーマ曲を制作。

 

STAFF/CAST

相良宗介:関智一/千鳥かなめ:ゆきのさつき/テレサ・テスタロッサ:ゆかな/

クルツ・ウェーバー:三木眞一郎/メリッサ・マオ:根谷美智子/

アンドレイ・カリーニン:大塚明夫/ガウルン:田中正彦/ レナード・テスタロッサ:浪川大輔他

原作:賀東招二・四季童子(富士見ファンタジア文庫刊)

監督・オフライン編集・新作パートコンテ・演出・録音:千明孝一

キャラクターデザイン・総作画監督:堀内修/

第1部テーマ「Every Magic」

作詞・作曲:山田タマル/編曲:山下洋介/歌:山田タマル

制作:GONZO/製作:ミスリル2017

 

 

 

男の子に人気の「新幹線変形ロボ シンカリオン」が 『キャラレター』に仲間入り!1月13日受付スタート! ~電車・乗り物が好きなお子さまへの誕生日プレゼントにぴったり!~

今、おもちゃ売場をにぎわせ、男の子たちを中心に人気のキャラクターです。

2018年1月6日(土)にアニメ放送もスタートした話題の「新幹線変形ロボ シンカリオン」が早くも『キャラレター』( http://charaletter.com/ )に登場です。

「シンカリオンの運転士」たちから【誕生日をお祝いしてもらえる手紙】の受付を、1月13日(土)の放送終了後(あさ7:30)より開始します。

▼新幹線変形ロボ シンカリオンからの手紙

http://charaletter.com/shinkalion/

▼「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」番組公式サイト

http://www.shinkalion.com/

 

■新幹線変形ロボ シンカリオンからの手紙

「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」でシンカリオンの運転士として登場する少年たち「ハヤト・アキタ・ツラヌキ」からの【誕生日おめでとう!】メッセージが『手紙』として届きます。

春には【入園・入学・進級おめでとう!】他、各種お祝い・応援等に活用できる【スペシャル】を順次展開予定です。

<ラインアップ【誕生日おめでとう!】>※キャラクターはテレビ登場に合わせて追加

・ハヤト[シンカリオン E5(ファイブ)はやぶさ]

・アキタ[シンカリオン E6(シックス)こまち]

・ツラヌキ[シンカリオン E7(セブン)かがやき]

 

■商品概要

商品名   》 新幹線変形ロボ シンカリオンからの手紙

税抜価格  》 1,400円(送料・発送手数料別)

販売開始日時》 2018年1月13日(土) あさ7:30~

開発・販売 》 株式会社イクスネット

詳細    》 http://charaletter.com/shinkalion/

<セット内容>

・封筒

・メッセージ入り便せん

・フォトカード

・マルチフォルダー

 (オリジナルデザイン!切符やカードを入れて持ち歩くのに便利!!)

 

■「新幹線変形ロボ シンカリオン」について

株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社小学館集英社プロダクション、株式会社タカラトミーの3社原案キャラクターコンテンツ。TBS系全国28局ネットにて2018年1月6日あさ7:00よりテレビアニメが放送スタート。

あの東北新幹線「E5系はやぶさ」、秋田新幹線「E6系こまち」、北陸新幹線「E7系かがやき」がロボットに変形します。

子供だけでなく、鉄道好きの大人たちにも注目されています。

<ストーリー>

『チェンジ!シンカリオン!』

新幹線超進化研究所は「漆黒の新幹線」が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。

シンカリオンとの高い適合率を持つ子供たちが運転士となり、研究所員たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう!

 

▼「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」番組公式サイト

http://www.shinkalion.com/

▼JR東日本「列車・新幹線」情報

http://www.jreast.co.jp/railway/train/

▼タカラトミー「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」おもちゃ

http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/shinkalion/item.htm

 

■累計発送36万通!『キャラレター』について

大好きなヒーローやヒロインから自分の名前で手紙が届いてビックリ!

手紙(文面)の中で名前を呼んでもらえてうれしい!!

お祝いや応援をしてもらえて感激!!!

2009年6月1日にサービスを開始した『キャラレター』は、夢いっぱいのサプライズプレゼントです。お子さまの誕生日や季節のお祝いに合わせて、キャラクターからのメッセージを『手紙』としてお届けしています。

ご依頼主様からの「追伸メッセージ」を添えることで、より心に残る世界で一通だけの手紙を、お子さまに贈ることができます。

甥っ子・姪っ子・友人のお子さまへのプレゼントの他、自分へのご褒美にも好評です。

『キャラレター』 http://charaletter.com/

 

■会社概要

名称    》 株式会社イクスネット

所在地   》 栃木県那須塩原市上厚崎556-6

設立/資本金》 1990年4月/1,500万円

代表者   》 代表取締役 木口 明久

URL      》 http://corporate.nasu-exnet.jp/

上野動物園モノレール開業60周年イベント開催! 『パンダコパンダ』のパパンダが 上野動物園モノレールで「一日駅長」に

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:鈴木義治 以下 トムス)は、2017年に45周年を迎えた名作アニメ『パンダコパンダ』と、上野動物園内を走る「上野動物園モノレール」の開業60周年を記念して、2018年1月13日(土)にパンダコパンダの人気キャラクター“パパンダ”が一日駅長を務め、来場者をお迎えするイベントを開催いたします。

 

■イベント概要

「パンダコパンダ45周年」×「上野動物園モノレール開業60周年」記念イベント

日時:2018年1月13日(土) 9:30~16:00

場所:東京都恩賜上野動物園 公園内、上野動物園モノレール 西園駅

内容:上野動物園モノレールに乗ると、先着3,000名様に「上野動物園モノレール60周年記念ポストカード」と「パンダコパンダ45周年記念ポケットカレンダー」をプレゼントいたします。

※配布は西園駅、東園駅両方で行います。

[パンダコパンダ45周年記念ポケットカレンダー]

https://www.atpress.ne.jp/releases/146324/img_146324_2.jpg

 

・上野動物園モノレールの運賃

大人150円(中学生以上)、小児80円(2歳以上)

※その他、関連グッズの販売もあります。

※入園料(一般600円、65歳以上300円、中学生200円)は別途必要になります。小学生までのお子様、都内在住、在学の中学生は入園料無料。

※ポストカード、ポケットカレンダーはなくなり次第終了とさせていただきます。

 

<スペシャルイベント パパンダ握手会&撮影会>

「パンダコパンダ」の人気キャラクター“パパンダ”が、上野動物園モノレールに「一日駅長」としてやってきます!

時間:11:00~/13:00~/15:00~

※各回30分程度 ※雨天決行、荒天中止

 

■グッズ販売

「パンダコパンダ45周年」×「上野動物園モノレール開業60周年」記念イベントに合わせて、上野駅前にある「ヤマシロヤ」にてパンダコパンダグッズの店頭販売を行います。

日時:2018年1月13日(土)、1月14日(日) 10:00~17:00

場所:ヤマシロヤ1階店頭

   ※雨天の場合、ヤマシロヤ地下売り場にて販売を行います。

この期間にパンダコパンダグッズを1,000円(税込)以上お買い上げのお客様に限定ポストカードをプレゼントいたします。

※ポストカードはなくなり次第終了とさせていただきます。

 

[パンダコパンダ ヤマシロヤ限定ポストカード]

https://www.atpress.ne.jp/releases/146324/img_146324_4.jpg

また1月14日(日)には1階店頭に“パパンダ”がやってきます。

時間:13:00~/16:00~ 一緒に撮影できます!

※カメラをご用意ください ※各回20分程度 ※雨天中止

 

■パンダコパンダ作品概要

『パンダコパンダ』は、東京都恩賜上野動物園での飼育に始まったパンダ人気に沸く1972年、劇場用アニメーション映画として制作。翌年には続編にあたる『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』を制作(共に原案・脚本・場面設定:宮崎駿、演出:高畑勲)、心温まる物語と愛くるしいキャラクターで、関連商品と共にロングセラーを続けております。

『パンダコパンダ』45周年記念公式サイト

http://www.pandakopanda.jp/

 

■ストーリー■

竹やぶの一軒家にたった一人で住んでいた少女ミミ子。小学生ながらしっかり者のミミ子が買い物から帰ってくると小さな子パンダのパンちゃんが庭にいた。さらにその親のパパンダも現れる。ミミ子に父親がいないことを知ったパパンダは自分が父親代わりになると言い、ミミ子はパンちゃんの母親になると決める。こうして2頭はそのままミミ子と暮らすことになり、奇妙で楽しい新生活が始まった。

◇原案・脚本・画面設定:宮崎駿

◇演出        :高畑勲

◇音楽        :佐藤允彦

◇声の出演      :杉山佳寿子/熊倉一雄/太田淑子 他

◇主題歌       :「ミミちゃんとパンダ・コパンダ」 歌:水森亜土

 

(C)TMS

タツノコプロの創立55周年!ベストソングCD『タツノコGoGo』2タイトル同時発売決定!

1962年に設立され、「宇宙エース」を皮切りに「マッハGoGoGo」「ハクション大魔王」「いなかっぺ大将」「科学忍者隊ガッチャマン」「新造人間キャシャーン」「タイムボカンシリーズ」など、数々の名作を世に送り出してきた“タツノコプロ”の55周年を記念したベストソングアルバムを発売します。

名作を彩った主題歌を、「SF & アクション編」「ギャグ & ファンタジー」の2タイトルに分け、それぞれCD2枚にわたり詰め込んだ充実の内容となります。ぜひ、チェックしましょう。

 

■作品概要

2018年1月31日(水)CD

タツノコプロ55周年記念 ベストソングコレクション

タツノコGoGo

◇SF & アクション編

COCX-40210~1(CD2枚組) ¥2,778+税

【Disc-1】

01.『マッハGoGoGo』マッハ・ゴー・ゴー・ゴー / ボーカル・ショップ

02.『マッハGoGoGo』たまにゃのどかに / ボーカル・ショップ、杉並児童合唱団

03.『紅三四郎』紅三四郎 / 堀江美都子、コロムビアゆりかご会

04.『紅三四郎』夕陽の男 / 嶋崎由理、山尾百合子

05.『科学忍者隊ガッチャマン』ガッチャマンの歌 / 子門真人、コロムビアゆりかご会

06.『科学忍者隊ガッチャマン』倒せ!ギャラクター / コロムビアゆりかご会

07.『新造人間キャシャーン』たたかえ!キャシャーン(シングル・ヴァージョン) / ささきいさお

08.『新造人間キャシャーン』おれは新造人間 / ささきいさお

09.『破裏拳ポリマー』戦え!ポリマー / ささきいさお、コロムビアゆりかご会

10.『破裏拳ポリマー』転身ポリマー / ささきいさお、コロムビアゆりかご会

11.『宇宙の騎士テッカマン』テッカマンの歌 / 水木一郎

12.『宇宙の騎士テッカマン』スペースナイツの歌 / 水木一郎、コロムビアゆりかご会

13.『ゴワッパー5 ゴーダム』行くぞ!ゴーダム / 水木一郎、ヤング・フレッシュ

14.『ゴワッパー5 ゴーダム』ゴワッパー5の歌 / 水木一郎、ヤング・フレッシュ

15.『とびだせ!マシーン飛竜』とびだせ!マシーン飛竜 / こおろぎ’73

16.『とびだせ!マシーン飛竜』やるぞわれらのゼニゼニチーム / こおろぎ’73、フィーリング・フリー

17.『科学忍者隊ガッチャマンII』われらガッチャマン / ささきいさお、コロムビアゆりかご会

18.『科学忍者隊ガッチャマンII』明日(あした)夢みて / ささきいさお、堀江美都子

19.『闘士ゴーディアン』闘士ゴーディアン / 塩見大治郎

20.『闘士ゴーディアン』希望に向かって走れ / 塩見大治郎

21.『科学忍者隊ガッチャマンF』ガッチャマン ファイター / ささきいさお、コロムビアゆりかご会

22.『科学忍者隊ガッチャマンF』ぼくらのガッチャマン / コロムビアゆりかご会

23.『海底大戦争 愛の20,000マイル』アトランチス / 井上純一

24.『海底大戦争 愛の20,000マイル』月灯りの中で / 井上純一

 

【Disc-2】                                 

01.『黄金戦士ゴールドライタン』黄金戦士ゴールド・ライタン / 宮内良

02.『黄金戦士ゴールドライタン』メカニカル・ダンシング・ファイト / TOMO

03.『未来警察ウラシマン』Midnight Submarine / HARRY

04.『未来警察ウラシマン』Dream City Neo Tokio / HARRY

05.『機甲創世記モスピーダ』失われた伝説を求めて / アンディ

06.『機甲創世記モスピーダ』ブルー・レイン / アンディ、松木美音

07.『よろしくメカドック』よろしくチューニング / STR!X

08.『よろしくメカドック』君にWoo…! / STR!X

09.『赤い光弾ジリオン』ピュアストーン / 結城梨沙

10.『赤い光弾ジリオン』Push! / 結城梨沙

11.『天空戦記シュラト』SHINING SOUL / 清水咲斗子

12.『天空戦記シュラト』砂塵の迷図 / 清水咲斗子

13.『宇宙の騎士テッカマンブレード』REASON / 小坂由美子

14.『宇宙の騎士テッカマンブレード』ENERGY OF LOVE / 小坂由美子

15.『マッハGoGoGo(1997年版)』純白の勇気(エナジー) / 速水けんたろう

16.『マッハGoGoGo(1997年版)』FLY TO THE DREAM / 久保田陽子

17.『ジェネレイターガウル』I WANT OUT / 佐賀優喜

18.『ジェネレイターガウル』これを恋と云えましょうか -ガウルバージョン- / ヨシンバ

19.『タツノコファイト』タツノコファイト / ささきいさお

20.『タツノコファイト』きっと明日も… / 堀江美都子

 

◇ギャグ&ファンタジー編

COCX-40212~3(CD2枚組) \2,778+税

【Disc-1】

01.『おらぁグズラだど』グズラ音頭 / 大平透、堀絢子、コロムビアゆりかご会

02.『おらぁグズラだど』おらぁグズラだど(コロムビア・カヴァー・ヴァージョン) / 大平透、コロムビアゆりかご会

03.『ハクション大魔王』ハクション大魔王のうた / しまざき由理、堀江美都子、山尾百合子、大江由美子

04.『ハクション大魔王』アクビ娘 / 堀江美都子、ザ・モンジュ

05.『昆虫物語 みなしごハッチ』みなしごハッチ / しまざき由理

06.『昆虫物語 みなしごハッチ』ママをたずねて / しまざき由理

07.『いなかっぺ大将』大ちゃん数え唄 / 吉田よしみ

08.『いなかっぺ大将』いなかっぺ大将 / 吉田よしみ

09.『樫の木モック』樫の木モック / 小野木久美子、コロムビアゆりかご会

10.『樫の木モック』ボクは悲しい木の人形 / 小野木久美子、ムーン・ドロップス

11.『かいけつタマゴン』かいけつタマゴン / ムーン・ドロップス

12.『かいけつタマゴン』タマゴンだよん / ムーン・ドロップ

13.『けろっこデメタン』けろっこデメタン / 堀江美都子

14.『けろっこデメタン』まけるなデメタン / 堀江美都子

15.『昆虫物語 新みなしごハッチ』新みなしごハッチ / しまざき由理

16.『昆虫物語 新みなしごハッチ』美しの丘 / しまざき由理、シンガーズ・スリー

17.『てんとう虫の歌』ぼくらきょうだい てんとう虫 / 堀江美都子、こおろぎ’73、ヤング・フレッシュ

18.『てんとう虫の歌』ぼくらそろって一週間 / こおろぎ’73、ヤング・フレッシュ

19.『タイムボカン』タイムボカン / 山本正之、サカモト児童合唱団

20.『タイムボカン』それゆけガイコッツ / ロイヤルナイツ

21.『ポールのミラクル大作戦』ポールの冒険/ 大杉久美子、コロムビアゆりかご会

22.『ポールのミラクル大作戦』オカルトハンマーのうた / 大杉久美子、コロムビアゆりかご会

23.『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』ヤッターマンの歌 / 山本正之、少年少女合唱団みずうみ

24.『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』天才ドロンボー / 小原乃梨子、八奈見乗児、立壁和也

 

【Disc-2】

01.『一発貫太くん』やるぞ一発!野球道 / 千葉由美、ヤング・フレッシュ、こおろぎ’73

02.『一発貫太くん』ホーマーズの歌 / こおろぎ’73、ヤング・フレッシュ

03.『風船少女テンプルちゃん』ぼくらは旅の音楽隊/ 大杉久美子、ヤング・フレッシュ、セリフ:マイテ・ルエラン

04.『風船少女テンプルちゃん』風船少女テンプルちゃん / 大杉久美子、ヤング・フレッシュ、セリフ:マイテ・ルエラン

05.『森の陽気な小人たち ベルフィーとリルビット』森へおいでよ / 大杉久美子、こおろぎ’73

06.『森の陽気な小人たち ベルフィーとリルビット』おやすみチュチュナ / 大杉久美子

07.『とんでも戦士ムテキング』ローラーヒーロー・ムテキング / 水木一郎、フィーリング・フリー

08.『とんでも戦士ムテキング』おれたちゃクロダコブラザーズ / こおろぎ’73

09.『ダッシュ勝平』見たいもの見たい / KiKi

10.『ダッシュ勝平』青春ダッシュ! / KiKi

11.『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』逆転イッパツマン / 山本正之、ピンク・ピッギーズ

12.『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』シビビーン・ラプソディー / 山本正之、ピンク・ピッギーズ

13.『OKAWARI-BOY スターザンS』SHOW ME YOUR SPACE~君の宇宙を見せて~ / ポプラ

14.『OKAWARI-BOY スターザンS』恋する気持ちはドーナツの中 / アイ高野

15.『炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ』夢のつばさ~アルペンローゼ~ / コニー

16.『炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ』やんちゃなエンジェル / コニー

17.『ドテラマン』     正義の使者だぜドテラマン / こおろぎ’73

18.『ドテラマン』     もっとブ鬼゛ウ鬼゛ / つかせのりこ、こおろぎ’73

19.『キャッ党忍伝てやんでえ』おっとどっこい日本晴れ/ 谷沢伶奈

20.『キャッ党忍伝てやんでえ』To be Yourself / 谷沢伶奈

21.『ロビンフッドの大冒険』    Wood Walker / 下成佐登子

22.『ロビンフッドの大冒険』    星空のラビリンス / 下成佐登子

 

■HP

http://columbia.jp/tastunoko/

 

■著作権

©TATSUNOKO PRODUCTION

「がんばれ!ニッポン!」はNG!? 東京オリンピック応援禁止令の衝撃!核攻撃サバイバーのあべりょうが新曲公開!

12月24日、あべりょうの新作動画「東京オリンピック規制委員会」がYouTubeにアップされ、その内容が大きな話題を呼んでいます。 

経済、政治、人間のタブーを鋭くえぐり出す楽曲を多数発表している、正体不明のアーティスト・あべりょう。今年5月に公開された「核攻撃サバイバー」は12月26日現在、YouTubeでの再生回数2000万回を突破しているなど、その影響力は止まるところを知らないです。

 今回発表された「東京オリンピック規制委員会」は、規制委員会によって「オリンピックを応援することを禁止される」という衝撃的な世界観を歌っているが、実はこれは言いがかりでも何でもなく、現実世界で実際に起こっている問題なのです。

 

JOC(日本オリンピック委員会)は、大会の公式スポンサーではない企業や個人が、オリンピックなどの巨大なイベントに便乗したマーケティング活動(アンブッシュ・マーケティング)を行うことを禁止するため、許可なくロゴマークや公式キャラクターを使用してはいけないというルールを定めています。

 

一見するともっともらしいルールだが、日本広告機構によると「いかなる文言を使用しようとも、商業広告で2020年のオリンピック東京大会を想起させる表現をすることは、アンブッシュ・マーケティング(いわゆる便乗広告)として不正競争行為に該当するおそれがあり、JOC(日本オリンピック委員会)やIOC(国際オリンピック委員会)から使用の差し止め要請や損害賠償請求を受ける可能性がある。」とのことで、同機構が公式サイトにて公表しているNGリストには以下のような言葉が並びます。

 ・東京オリンピック・パラリンピックを応援しています。

・祝2020年開催

・祝2020年オリンピック・パラリンピック開催決定

・2020年にはばたく子供たちを応援

・東京で未来の夢を実現

・オリンピック開催記念セール

・2020円キャンペーン

・祝・夢の祭典

・祝・東京決定!

・7年後の選手を応援しています

・「東京」「2020年」の使用(セット・単体ともに)

 

このような言葉を使った際に便乗広告に該当するかどうかは総合的に判断されるとのことだが、実際にはどの程度まで許されるのかなど線引きは曖昧だ。純粋に応援の気持ちで書き込んだ言葉のせいで損害賠償請求を受けるかもしれないと考えると、手放しでオリンピックを楽しめなくなると感じるのは自然な感情だろう。

 

YouTubeコメントやTwitterなどでは「この歌の内容マジなん?」という戸惑いの声や、「盛り上げたいのならそこそこオープンにすればいいのに」「オリンピックが日本人皆で祝えないのはつまんない」、「インスタで東京五輪会場なうとかもアウト?」といった意見などさまざまな言葉が飛び交っており、オリンピックを目前にして起きた問題に一石を投じたあべりょうの動画は現在も拡散され続けているようだ。

 

[YouTube リンク]

 東京オリンピック規制委員会 あべりょう

 https://youtu.be/D56tfgcDBaI

少女革命ウテナ TVアニメ放送20周年記念展 ~薔薇と革命の記憶、絶対運命黙示録~ 大阪会場開催のご案内

2017年11月に東武百貨店 池袋店で大好評のうちに会期を終了しました『少女革命ウテナ TVアニメ放送20周年記念展 ~薔薇と革命の記憶、絶対運命黙示録~』の、大阪会場開催が決定しました。

 

イベント概要

■催事名称

少女革命ウテナ TVアニメ放送20周年記念展 ~薔薇と革命の記憶、絶対運命黙示録~

 

■開催概要

 TV放送から20年、誘おう君が望む世界へ

1997年にテレビシリーズとして開始された『少女革命ウテナ』。原作は幾原邦彦監督を中心とした原作者集団ビーパパス。アニメ放送開始にあわせてビーパパスの一員であるさいとうちほが、漫画を『ちゃお』(小学館)に掲載しており、その二本柱で作品が描かれていきました。

シュールな映像演出の中に描かれた友情や兄弟愛、同性愛…越えられぬ壁を持つ者たちが世界を変えてしまいたいと願い戦い抜く姿が、見るものの心を打ち、稀有な存在感をアニメ界に残しました。

20年の時を経て再び、「少女革命ウテナ」の世界に誘われてみませんか?

 

■開催会場

会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館4階第2催会場

住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

最寄駅:地下鉄御堂筋線・谷町線 「天王寺」駅

JR「天王寺」駅/近鉄南大阪線 「大阪阿部野橋」駅 阪堺電車上町線 「天王寺駅前」駅

 

■開催日時

【開催期間】2018年3月21日(水祝)~4月2日(月)

【開催時間】時間:午前10時~午後8時 ※最終日は午後5時にて閉場 ※ご入場は各日閉場の30分前まで

 

■チケット 

【一般入場券】数量限定前売券:2,000円/当日:2,200円 

※数量限定前売券には、入場特典「~デュエリストの証~ 世界を革命する白薔薇のコサージュ」つき

※当日券でご入場のお客様には、入場特典「~デュエリストの証~ 世界を革命する白薔薇のコサージュ」は期間を通じて先着でのお渡しとなり、なくなり次第終了となります。

 

【数量限定グッズつき入場券】数量限定前売券:4,000円/当日:4,200円 

※数量限定前売券には、入場特典「~デュエリストの証~ 世界を革命する白薔薇のコサージュ」つき

※当日券でご入場のお客様には、入場特典「~デュエリストの証~ 世界を革命する白薔薇のコサージュ」は期間を通じて先着でのお渡しとなり、なくなり次第終了となります。

※数量限定イベントグッズつき

・「アニメイトボイスカセット」復刻CD 少女革命ウテナ 鳳学園生徒会編

・アクリルキーホルダー2個セット(ウテナ・アンシー)

<数量限定入場特典> 

※数量限定前売券をご購入のお客様には入場時にお渡しします。

※当日券のお客様は会期を通じて先着順のお渡し/なくなり次第終了となりますので、

数量限定前売券のお早めのご購入をお勧めします

 

~デュエリストの証~ 世界を革命する白薔薇のコサージュ

『かしらかしら、ご存知かしら? 

ウテナの胸に咲いている白薔薇と同じコサージュを用意した  

んですって!』

『この薔薇を身につければ【少女革命ウテナ】20年の歴史を感 

じながら展示会を楽しめるのね!』

『私は素敵な思い出を閉じ込めたまま、飾らせていただくわ。』

『どちらも素敵ね~!かしらかしら、ご存知かしら?』

【サイズ】幅 約8㎝ 高さ 約6㎝            

【材 質】花:ポリエステル  ピンパーツ:鉄   

 

<数量限定イベントグッズ>

※グッズつき入場券1枚につき下記アイテムをセットでご入場時にお渡しします。

・「アニメイトボイスカセット」復刻CD 少女革命ウテナ 鳳学園生徒会編                  

1997年12月に㈱ムービックから発売された、「アニメイトボイスカセット」少女革命ウテナ 鳳学園生徒会編をCDで復刻。

※当時のカセット商品再収録の為、テープ再生時の背景音がございます。予めご了承の程お願い申し上げます。

※画像は左から、ジャケット表、ジャケット裏、CD盤面のイメージ画像です。   

・アクリルキーホルダー2個セット(ウテナ・アンシー)【サイズ】約8cm×8cm

 

【取り扱い】

※各種プレイガイドにて2018年1月13日(土)10:00より発売開始

※詳細はイベント情報サイトにてご確認ください

  • アニメイト店頭(大阪日本橋店、天王寺店、梅田店、京橋店、三宮店)
  • アニメイトオンラインショップ
  • ローソンチケット
  • チケットぴあ
  • イープラス
  • セブンチケット

 

【ご入場に関するご案内】

※混雑状況により入場時間整理券を配布します。 

※期間中お一人様1回限り有効。再入場はできません。

※入場特典、数量限定イベントグッズはご入場時にお渡しします。

※3歳以上の方のご入場には入場券が必要となります。

 

■情報サイト

・イベント情報サイト http://www.utena20th-event.com/

・公式Twitter http://twitter.com/utena20th_event 

【TwitterID】@utena20th_event

 

■展示内容 20年前、魅力的な世界感と類を見ない独特な表現でアニメに革命をもたらした『少女革命ウテナ』の原画展が、多くの呼び声に応え、ここ大阪に開催される。

世界の骨子たる本物の「原画」「セル画」そして幾度も試行錯誤を繰り返し一つの理想の形に集約された

「キャラクター・舞台美術の設定画と、その原案段階からの多くの資料」約450点を一挙に展示する!

さらに本展覧会では『少女革命ウテナ』の印象的な舞台の再現に挑戦!

・『根室記念館の懺悔室』では君の心の深くもっと深い奥底を僕に見せてくれ。

・世界の果てまで至る『紅き車の特等席』を君の為に用意しよう。

・そして世界の果ての意思が3面の巨大スクリーンに浮遊する城と、決闘の記録が投影された『決闘広場』へと導くだろう!

君の魂が辿り着きたいと願い続けた「それ」は20年の時を経て、ついにここに具現する。

白き薔薇のコサージュを身に付けし者よ、さあ今こそ誘おう君が望む世界へ!

 

■コピーライト

(C)1997 ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京

 

描き下ろし絵柄公開!劇場版『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ゲーマーズ限定版【Blu-ray】

この度、ゲーマーズは、2018年2月23日発売 劇場版『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ゲーマーズ限定版【Blu-ray】に付く、アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー(トリプルスエード仕様)の絵柄を公開いたしました。

 今回公開された絵柄は、リク・シュヴィ・コローネの三人のキャラクターの描き下ろしとなっています。ゲーマーズ限定版【Blu-ray】に付く、アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー(トリプルスエード仕様)と、ゲーマーズ限定版【Blu-ray】または 限定版【Blu-ray】をご購入でもらえるゲーマーズ限定特典【アニメ描き下ろしイラスト使用アクリルキーホルダー】に使用されます。

 

■商品情報

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』Blu-ray&DVD

発売日:2018年2月23日

価格:

ゲーマーズ限定版【Blu-ray】14,000円+税 限定版【Blu-ray】10,000円+税 通常版【Blu-ray】6,000円+税

通常版【DVD】5,000円+税

 

ゲーマーズ限定版【Blu-ray】セット内容:

アニメ描き下ろしイラスト使用B2タペストリー(トリプルスエード仕様)

ゲーマーズ購入特典:

アニメ描き下ろしイラスト使用アクリルキーホルダー

※B2タペストリーとアクリルキーホルダーは同じイラストとなります。

※ゲーマーズ購入特典はゲーマーズ限定版購入も対象となります。通常版【Blu-ray】・通常版【DVD】は対象外となります。

関連URL:https://www.gamers.co.jp/limited/81279/

 

■フェア情報

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』早期予約キャンペーン

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ゲーマーズ限定版【Blu-ray】・限定版【Blu-ray】を、ゲーマーズ全店舗・ゲーマーズオンラインショップにてご予約頂くと、先着で原作・榎宮祐先生による描き下ろしイラストを使用したA3サイズの3Dポスターを発売日に差し上げます。

 

期間:2017年11月24日〜特典が無くなり次第終了

対象:映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ゲーマーズ限定版【Blu-ray】・限定版【Blu-ray】

店舗:ゲーマーズ全店舗・ゲーマーズオンラインショップ

関連URL:https://www.gamers.co.jp/fair/81280/

 

権利表記:(C)榎宮祐・株式会社KADOKAWA刊/ノーゲーム・ノーライフ ゼロ製作委員会

 

※特典は無くなり次第終了となります。

※内容は予告無く、変更・中止になる場合がございます。

※画像は仮のものです。実際のものと異なる場合がございます。