「天空の城ラピュタ」などの背景画手がける美術監督 山本二三氏が、出身 長崎県五島列島を語る  特産品も体験できるイベント3月25日渋谷で開催

際コーポレーション株式会社(所在地:東京都目黒区、代表取締役:中島 武)は、「天空の城ラピュタ」などの背景画を手がけてきた山本二三氏を招き、彼の出身でもある長崎県五島列島のお話を聞くトーク&デモンストレーションイベントを、2017年3月25日(土)、東京・渋谷で開催します。

 

長崎県五島列島出身のアニメーション映画 美術監督の山本二三(やまもとにぞう)氏は、「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「もののけ姫」等の名作アニメーションで多くの人の心に残る背景画を数多く描いてきました。
本イベントでは、山本二三氏が現在制作中の絵画群「五島百景」の取材で上五島を訪れた際に、画家の目を通して見た上五島の美しい風景のことを語ります。また、普段どのように絵を描いているのかを本人の解説と共にご覧いただくデモンストレーション(制作実演)や、「五島百景」の中から厳選した絵を展示いたします。
そして、当日は新上五島町より生産者の方をお呼びして、お話を聞きながら上五島の特産品をご賞味いただけます。

 

【イベント概要】
日時 : 2017年3月25日(土)14:00~17:30
会場 : 日本列島酒場 上五島
     東京都渋谷区宇田川町37-35 渋谷宇田川ビル2F
内容 : (1) 長崎県新上五島町 挨拶
     (2) 山本二三 トーク「五島百景、上五島取材について」
     (3) 制作実演
     (4) 新上五島町の生産者によるトーク
参加費: 無料・事前予約制
定員 : 先着50名様
info  : https://www.facebook.com/events/250511608692116/

 

<ご予約(一般の方)>
際コーポレーション 山本二三イベント係
TEL  : 03-5453-7795(平日9時~18時)
e-mail : press_kiwa@kiwa-group.co.jp

以下内容をお電話又はメールでお知らせください。
〇お名前
〇ご住所
〇お電話番号
〇メールアドレス(あれば)
〇参加人数
〇山本二三氏へメッセージや質問など(あれば)

※イベントの中にメッセージやご質問をご紹介させていただくことがございます。
※参加者の方のみ改めてご連絡差し上げます。

※当プロジェクトは、長崎県新上五島町と際コーポレーション株式会社で平成27年に締結した「パートナーシップ協定」に基づいて実施しています。

※当社ではこの取り組みを、上五島から発信するアート活動として、作品を通して新上五島町の歴史的・文化的遺産、観光の魅力を伝える社会貢献事業の一環として位置付けています。

 

【山本二三(やまもとにぞう)プロフィール】
1953年6月27日生まれ。長崎県五島市出身。
子どもの頃から絵が得意だった山本は、岐阜県立大垣工業高校で建築を学び、美術系専門学校在学中にアニメーションの美術スタジオに勤務しました。その後、テレビアニメーション「未来少年コナン」(1978)で自身初の美術監督を務め、以降、「天空の城ラピュタ」(1986)、「火垂るの墓」(1988)、「もののけ姫」(1997)など、美術監督として数々の名作に携わりました。

2006年、アニメーション映画「時をかける少女」で第12回AMD Award’06 大賞/総務大臣賞を美術監督として受賞しました。

2011年夏、「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が神戸市立博物館で開催され、来場者約8万5千人という盛況を博しました。その後、全国で巡回され累計入場者数60万人を突破。2017年現在も巡回中です。

画集等の著書多数。近著は「DVD付き絵本 希望の木」(原作・文 新井満、絵 山本二三、東京法令出版)です。現在も美術スタジオ 絵映舎(かいえいしゃ)代表として、アニメーション映画「希望の木」の準備を続け、自身のライフワークでもある、出身地の五島列島を描く「五島百景」にも挑戦中です。迫力ある独特の雲の描き方はファンの間で「二三雲」と呼ばれています。

五島市ふるさと大使/京都造形芸術大学 アニメディレクションコース客員教授
東京アニメーションカレッジ専門学校 講師

 

絵映舎ホームページ: http://www.yamamoto-nizo.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。